大阪 内藤vs飯伏 IC戦。 

内藤さんが敗戦。からのベルト統一発表。

ドームで飯伏に負けたのに、またもやの負け。

飯伏の前に二度も寝かされるとはね。

なんなんだろうね。

ベルト統一は、既定路線だったわけで。

まぁ、おおかた来たるケニー戦へ向けての

準備なんでしょう。それが終わるまでは

飯伏はチャンピオンのままということだね。

オカダさんの言った、強い者がチャンピオンと

いうのは、まやかしという他ない。

まだ、そんなふうに観客を騙すんかい。

いや、プロレスというドラマの台詞と思えば

いいのか。

話はとぶが、先日、オーマイボスというドラマ

を見ていたところ、玉森と萌音ちゃんが恋人で

間宮くんが振られる役だったのだけど、

その間宮くんを評して、振られる役の方が

似合っててカッコいいとうちのが言ったんだ。

ん、そういうことってあるんかな。うむうむ。

ってことは、内藤さんは、負ける役でもカッコ

よければ、それでもいいのか。

プロレスというドラマのなかでも、それは

成り立つのか。負けても存在感は、めちゃくちゃ

あって、全然カッコ悪くなくて。

私たちは、そんなドラマを見られただけで、

もしかして幸せなのか⁈

悔しい〜なんてもがいていないで、勝っても

負けても、その姿を堪能すればよいのか。

それも、なんか違うような気もするが。。。

でも、内藤推しを楽しむためには、そういう

視点が必要なのではないか、と真剣に考えて

いる。勝つことだけを願って見てると、

負けたとたん、我が身が萎れてしまい、何日か

気持ちが沈みっぱなしで、辛いのだ。

もうそろそろ負けることにも、慣れてしまいたい

のだ。

ついでに言えば、旗揚げも、何故かセミ

内藤vsオーカーン。日本武道館だから、

まーた、客寄せに使われてるんだな。

思えば、今までも、内藤さんの勝ち姿を見たい

一心で駆けつけた両国やら武道館でも、

負け試合を見ることになったっけ。

すごすご帰り道は、もう二度といくもんかと

思ってたっけか。今度こそと思ったドームも

kentaの乱入で、なんだかなーの帰り道だった

しな。旗揚げも、もしかしたら、内藤さんは

オーカーンに負けさせられるのでは、とも思っ

ている。膝の調子が良くないからね。

まぁ、ご自身で言っちゃうとおり、なかなか

上手くいかないレスラー人生かもだけど、

私らだって現実社会でそうだから。

上手くいかないことの方が多いくらいだよ。

上手くいかない時は、目先のひとつひとつを

地道にこなしていくだけ。そのうち、風向きも

変わってくるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島 2.11 IC挑戦表明

内藤さんが、飯伏さんにICの挑戦表明。

やっぱり、内藤さんは流石よな。

ドームでは、内藤さんが負けたけど、

次に内藤さんが勝ったからって何の不思議も

ない訳で。ICは、内藤さんが持って欲しいな。

ドームで負けて、ベルト戦線から離れて、

何故か、本間さんとの対戦が続いていたけれど

やっぱり見ているこちらは、それではどこか

物足りなくて。やっぱりタイトル戦に向かって

の前哨戦っていいよね。それには、タイトルが

多くあった方がいいかなと思うように

なってきました。内藤さんが、IWGPを戴冠し

た今なら、内藤さんがICのベルト戦線にいても

、いや、今が飯伏さんのチャンピオンのターン

なら、内藤さんが二枚看板でICで盛り上げて

くれてた方が断然嬉しい。

ICのベルトを投げたり壊したりした時代も

あったけれど、別に人の考えは変わっていく

ものだから、内藤さんがICのベルトに対して

の気持ちに変化があったならそう言えばいいし

最高と最強なんて言葉で誤魔化すのは、好き

じゃない。今は、IWGPに挑戦出来る立場じゃ

ないから、ICを持って、タイトルマッチで

シングル戦でメインを張りたい。かつての主人

がそうしたように、自由に対戦相手を選びたい。

とか思うところを正直に言って欲しいかな。

 

話しは、変わりますが、内藤さんと本間さんの

対戦。本間さんにとって良かったなって思うの

は、怪我されてから、見てる方は、やっぱり

どこか心配しながらおっかなびっくり見ていた

のが、内藤さんのキツい首攻めにも耐えられる

程に回復されているんだな。大丈夫なんだなって

思えるようになったこと。そこまで、攻めたのも

きっと内藤さんの愛情ですね。やっぱり内藤さん

は可愛いし、優しいよ。

 

タイトルマッチが決まって、大阪が俄然楽しみに

なりました。

 

 

 

 

大田区 1.23

ワールド観戦。

このシリーズは、内藤さんはテーマがない。

LIJの他のメンバーは、それぞれタイトル戦が

決まっているなかで、本隊との前哨戦が組まれて

いるのだが、内藤さんの相手が何故か、本間選手

で。本間選手といえば、怪我からの復帰はしたも

のの、見ているこちらもひやひやもので、どうし

たって、内藤さんの相手になる選手ではないのが

明らかなのに。なのにだよ。

内藤さんは、優しすぎるなぁ。

かつての師匠と呼んだ本間選手に、花をもたす

わけですよ。自分だけが強さをひけらかすプロ

レスはしない内藤さんだけに、本間選手の技も

しっかり受けて、今日なんてラリアットを受け

トップロープを回ってリング下に落ちるなん

てことまでしちゃうんだから。まぁ、それで

喜んでる方々もいるようだから、いいっちゃ

いいのでしょうが、本間選手にまで、いくら

TROだからって負けちゃっていいのーって

感じはあるな。私は。

「勝った負けた、そんな小さなことで、俺ら

このプロレスしてないですよ」とは内藤さん

の名言ではあるけれど、でもねー。

 

 

ドーム2021 内藤vs飯伏 

ドームのチケットは買っていたけれど、

ドームにはコロナが怖くて、いやコロナに罹ってしまったあとの、影響が怖くて行かなかった。

ワールドで 1.4  1.5  両日観戦後です。

1.4  ただただじっと勝敗の行方を凝視していた。

飯伏さんが勝った瞬間、ああぁーっ。

内藤さんが海野さんからベルトを奪い、飯伏さん

に手渡した。内藤さんらしい幕引きだと思った。

内藤さんは、孤高なプロレスラーだと思う。

私は、本当は誰かに、こんな風に内藤さんにも

ベルトを渡して欲しかったんだ。ここ何年も

新日本を引っ張り続けたのは、内藤さんじゃない

か。ロスインゴを立ち上げ、メンバーを守り育て

次世代へと繋いでいるのは、内藤さんじゃないか。

そして、1.5 飯伏さん、ジェイを倒して防衛。

皆に祝福され、花道を下がる飯伏さんを見ていたら

なんだか悲しくなったよ。

何故、この栄光が内藤さんに与えられなかったのか。昨年度のドームがまた甦って悔しくなったよ。

内藤哲也新日本プロレスへの献身に、しっかり

報いてくれよ、新日本。

 

 

5日の飯伏さんとジェイのプロレスは嫌いだ。

飯伏さんの残酷さ、ジェイの残酷さが嫌いだ。

あれがチャンピオンの試合なのか。やっぱり

飯伏さんは赤のスターにはなれないと思う。

本音を言うと、私はSANADAも苦手だ。

先日のEVILとの試合も、そうだ。自分だけ

カッコよく見せていて、EVILを踏み台にしてるよ。

身体能力も才能も素晴らしいのは、わかってる

けど、やっぱり人間性が透けて見えるんだ。

内藤さんは、KENTAのこともEVILのことも

大事にしてた。勧善懲悪のヒーローになる道も

あったのに、それを選ばなかった。

私は、そういう内藤さんがとても好きだ。

どうか、内藤さんがレスラー人生を終えるまでに

メインのドームの花道を下がり、振り返る姿を

見れますように。どうか、レスラーとしてやりた

かったことをやり遂げて終われますように、

願っています。

 

 

 

 

 

 

2020年度プロレス大賞MVP

内藤選手がMVPとベストバウトを受賞しました。

朝から、すっごく幸せな気持ちになれました。

内藤さんには、感謝です。

 

近頃の私は、いろんなことについて、人の評価など、どうでもいいような気にもなっていて、今回

内藤さんがMVPを獲れなかったとしても、以前の

ような激しい憤りみたいなことは感じないのでは

ないかとも思っていましたが、何故か今日に限っ

て早くに目を覚ましてすぐ確認したりして、

獲ったのを知ったら、すっごく嬉しかった

というね。

今年は、1.5のドームで二冠王になって、

コロナで試合が、なくなって、

NHKのプロフェッショナルの応援メッセ

ージで私たちを励まし、

夏の神宮球場大会では、勝利と共に

明るい未来が必ず来ると思うので、一緒に

乗り越えていきましょうと力強く言ってくれた。

そして花火を背に内藤さんならではの寝転び

ポーズ。こんな絵をつくれるレスラー、他にいる?

秋のG1では、長時間の激しい試合で、多くの

メインを務め、Bグループを牽引したし、

何故だかまたもや大阪でのEVILとの二冠戦では

やられたことをキチンとお返ししての勝利を

果たして、次のドームへの道筋さえも、内藤さん

がうち立てる役割りを担った。充分でしょう。

EVILとの試合は、反則、金的、乱入が続き、

確かに乗れない部分もあったけれど、それでも

それは、試合のなかの一部分であり、ちゃんと

そこには、激しい闘いが、あったんだ。

 

さて、ベストバウトの話にー。

何が嬉しいって、内藤さんのコメントだよね。

ドームで試合が終わったあとの内藤コールが

ドームじゅうから聞こえたって。

嬉しいなぁ、私たちの声援がちゃんと届いて

内藤さんを喜ばせることが出来たなんて!

なんて幸せなんだろ!ますます応援したくなっ

ちゃうよ!今は内藤さんのサービス精神を

私たち、ファン  がしっかり受け取って、また

内藤さんにもファン  の気持ちがちゃんと届いて

いるようで、嬉しい限りです。

 

Twitterで、いろんな人たちの感想を見たり

していろいろ思うところもあるけれど、

今日は、喜びの言葉だけで終わります!

 

ドームについて。

今年は、コロナのせいか、ドームへの道筋も

急ごしらえの様子。

外人勢は、なんと言っても来日できるのかさえ

不安要素が満載のなか、新日としては、来年の

ドームは、内藤vs飯伏でいくと決めていたのか。

来年のドームも二日間行なうと

決定したのが遅かったのか、もう1日のドームの

カードを考え、ジェイの登場となったのだろう

か。そしてそのお膳立てを内藤さんがすること

になったのだろうと推測している。

ジェイは、前回の続きという理由で1.4は試合は

しないと、いささか弱い理由により、1.5に。

結局、内藤さんがそうしたいからという理由で

1.4を内藤vs飯伏戦に。飯伏さんは決まった

あとで、ジェイと先に決着をつけたかったと言う

始末。ちっとは、盛り上げに協力しなされよ、

と私は思う。ここで、飯伏さんが、内藤と対戦

出来ることになって嬉しいと。内藤とやりたいと

言えば、ちょっとは違うのに。やっぱり飯伏さん

は、言葉を操ることが出来ないなぁと思う。

破格の待遇、G1二連覇をもらったんだからさー

頑張ってくれないとー。

逆を言えば、昨年度のG1優勝だけでは、効果が

足りなかったってことだからね。

批判を受けながらも、EVILの方が頑張ってたん

じゃないかな。

ドームで、新日がどういう展開に持っていくつ

もりかわからないけど、内藤ファンの私として

は、内藤さんが勝って花道を引き揚げる姿が

見たい。一緒に大合唱はできないけど、ちゃんと

ハポンまで叫んで金テープを浴びる内藤さんが

見たいんだ。まだ、前回のガッガリも癒えてない

んでね。

 

 

 

大阪。内藤vsEVIL

ここは、内藤さんが勝つと思ってました。

ドームのメインは、内藤さんじゃないと

人集まらないでしょ。

今年4度目という、お二方の試合。

なかなか難しいなーと思っていましたが、

EVILの攻めも迫力があり、トップロープからの

雪崩式ブレーンバスターあたりの怒涛の攻めが

すごかったな。また、それを受けきる内藤さんの

凄さよ。内藤さんの攻めもキレキレでしたね。

途中、東郷さんや裕次郎さん、 SANADAさん

ジェイに飯伏さんまで出てきたのには、笑っちゃ

ったけど、楽しかった。 SANADAさんは、次世代

スターコースにより、絶賛セールス期間中なの

でしょうね。

これで、EVILとの抗争は終わるのだろうけど

EVILは、この先どんな展開なのかな。

大丈夫かな。しかも、EVILは、けっこう太って

るよね。今時は、ヒールでもやっぱりある程度

かっこよくないと、今以上は、難しいんじゃな

いかな。それだったらLIJにいた方がよかっ

たんじゃないかな。

そういえば、この試合のアナウンサーが、しき

りに、スターダスト内藤とか赤く輝いてとか

言ってたな。内藤さんを正統派に持ってきたい

んだろか。私は、そんなのはどうだってよくて

内藤さんがしたいように、なりたいように

やってくれたらそれでいい。すぐ寝転んじゃっ

たり、反則だってやり返すし、そういう今の

内藤さんが好きだ。次はドームだねー。