久しぶりに。。。

ちょっとご無沙汰しました。

今回のシリーズは、ワールドの配信も、

見たり見なかったりしていましたが、

あと残り2日ということで。

 

L.I.Jは、ずっとchaosとの対抗戦をほぼ

メインでやってましたが、

今回の主役はSANADAさんであり、EVILであり

また、ジュニアの二人でもあり。そして

途中から、内藤さんにも飯伏さんという

相手が出来ましたが。

こういうときの内藤さんは、自分よりも

周りが目立つように、プロデュースしていて

ヤラレ役も厭わずに。L.I.Jの連携プレーだけは

しっかり魅せることだけは、大事にしてるように見えます。

そして、言うなれば、飯伏さんだって、ICを

とったことと、所属になったことのお披露目

興行だから、そこはしっかり花をもたせてもいるわけで。

昨年、加入した鷹木さんは、まだ寝たことがないのだそうで。あぁ、そんなところも、しっかり、内藤さんは大事にされてたのかと。

思えば、この三年余りの間に、EVILもSANADA

も、メインを任せられるほどに成長し。

知名度も人気もかなり上昇したことでしょうが。もちろん、各々の努力によるところが

大きいところですが、私は、やっぱり内藤さん

の引き立てが不可欠だったのかなと思っています。自分が自分がの人には、決して出来ない

ことでありましょう。

最近のプロレス会場の盛り上がり。特に

入場シーンの手拍子など、これを牽引したのは

間違いなく内藤さんであり、内藤ファンの

熱気が他のファンの方々の熱気を呼び起こしたのだと思います。

新日本プロレスが、大好きな内藤さん。

ご自分のファンをというよりも、プロレスファンをいかに楽しませるかを常に考えて。

時には、自分は二の次、三の次。

でも、内藤ファンは、そういう内藤さんが

好きでたまらないんだと思う。

そう、世の中にはミスチルが好きな人が

たくさんいるくらい、優しいひとがたくさんいて、ブルーハーツが好きな人がたくさんいるくらい、純粋で真っ直ぐな人がいて。

そういうひとたちは、きっと内藤さんが唾を吐こうが、ベルトを投げようが、その本質が

しっかり伝わっていて、内藤さんを応援したい

と思わずにいられないのだと、私は思う。

 

ただ、内藤ファンである私は、いくら新日本プロレスが繁栄しようが、上場しようが、

そんなことは、はっきり言えばどうだって

いいのだ。私の願いは、もう一度、しっかり

内藤さんがIWGPをとって、ドームでハポン

すること。あの日のドームの悔しさを晴らして欲しい。あの日、ドームに駆けつけた多くの

方の夢を踏みにじったバッドエンドに、

しっかりケリをつけて欲しい。

まだ、希望は捨ててないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#g1supercard MSG 思いのままに。

たった今、MSG大会の内藤飯伏IC戦が、

終わったところだ。

いつもは、かなり自制して、このブログを

書いてきたけれど、今日は、思いのままに

書き綴ろう。

今日は、内藤さんが勝つと確信してた。

飯伏戦2連敗も、昨年のジェリコ戦も

全てここで勝つためだと思ってた。

でも、敗戦。

涙が出たよ。

内藤さんという人は。

これが新日本のためだと、そういうんですね。

自由勝手な飯伏が勝つことが、新日本のため

になるんなら、自分は負けてもいいんですね。

新日本は、この内藤哲也の献身にどう答える?

飯伏は、内藤さんにいくら感謝してもしきれない程もらってるんだよ。それに、どう答える?

人でなしだってそれくらいわかるでしょ。

不思議だよ。

負けた瞬間、私のなかから、怒りが噴出したけど、内藤さんを思ったら、なんだか綺麗で切なくて、涙がでてきたよ。

 

内藤ファンは、何を見せられてるんだろうか。

人生を新日本に捧げた男の姿か。

 

願わくば、これが来年のドームへ続く道だと信じたいが、新日本が信じられない私は、どうやって過ごしていこうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木みのるさんのツイートについて。。。

昨日、鈴木みのるさんが発信したツイート。

内容は、わかる方にはわかると思うのですが。

あれ、どういった心理なんでしょうか。。。

真意はなんなんでしょう?

言葉通り、受け取れば、内藤、ムカつくぜ

っことなんでしょうけど。

プロレスラーが、しかも大御所の鈴木さんが

そんなのあるんでしょうかね。

読んだ瞬間、鈴木さんに言い返してやりたい

ことが怒涛のように、私の頭を駆け巡ったけれど、これを間に受けて、怒るのもいかがなもの

なのか、どうなのかと、逡巡し続けております。

アザゼル様、もし読んでくださっていたら

よかったら御見解をお聞かせくださいませ。

 

北海道。きたえーる。2日目。

リアルタイムでワールド観戦。

○ジュニアタッグ

BUSHIさん、久しぶりに良かったんじゃない

の!動きもスピーディだったし、怒りと熱量

もしっかり伝わってきた。

鷹木さんは、いつもパワフルで、頼れる男。

金丸さんは、試合での動きを見れば、

上手いのも、十分解る。でも、地味だわね。

デスペラードさん、昨日は見せ場は

あったかしら?ちょっと思い出せないな。

○ヘビィタッグ

私は、まず鈴木さんのプロレスがはっきり

言えば、嫌い。誰とやってもだいたい同じ。

どうしていつも対戦相手が、合わしてあげる

んだろうと思ってる。最後だけコロっと

負けてくれてもねー。

EVILが力でザックをねじふせるのを

見るのは楽しい。普段のコメントなどを

見ていると、ザックは実に不愉快な奴で、

やっつけてやりたくなるから。

○IC

すみません。内藤さんに対してだけは、

温度差が違うんで。溺愛。

茶番だのなんだの言ってる方々の言いたい

ことは理解できるんだけど、

でも、私は、全然大丈夫。

リアルタイムで見ているときは、

超真剣に凝視していたし、試合が始まる前

の段取りは長すぎたけど、その分もしや

本当にダメなのかとハラハラもしたし。

同時に実に冷静にエンタメとして、

飯塚さんやタイチさんミホさんの動きや

振る舞いをチェックしてる自分もいたり。

私は、何もしないよりもした方が断然いい

と思っているから、ただやるならしっかり

成りきってやりきって欲しいから、その

点に関しては、残念なところは確かに

あったけど、でも全然大丈夫🙆

内藤さんは、実に上手いお方で、

BUSHIに支えられながら入ってきて、

三沢トレーナーをはねよけるところも

ゴングを鳴らせよってアピるところも

様になっていたし。

何と言っても、倒れてる姿がまた絵になる

んだな、仰向け大の字よりも、丸まりながら

の横向けとか崩れた四つん這いとかが

特にいいな。身体の張りとフォルムが

いいんだと思う。他にはいないですね。

タイチさんは、序盤動けない内藤さんに

容赦ないキックをして見せたのも

残酷ではあるけど、見事でもあったし。

そして、机へのパイルドライバー。

あの緊張感がみなぎる瞬間が好きだな。

空気が一瞬だけ、ピンとする感じ。

ケニーとの試合で感じるあの感じ。

まさか、タイチさんが受けるとはね。

危険技なんだけど、両選手が最大限の

注意を払って繰り出すものには、やっぱり

心震えてしまう。

タイチさんの出す技は、なんかわかる人には

わかる川田式なんだそうだけど、わからない

私には、なんだ師匠の技ばかりなの?と

伝承なのかパクリなのかという微妙な感じ

でもあるけれど、迫力はありますね。

特に頭の側頭部を打ちつける

バックドロップが嫌というか、怖いです。

内藤さんの頭にイスを思いっきり叩きつけ

たのは、このシリーズ二度目なのかな?

あれも怖い。敢えて見せる大技よりも

そういう流れのなかで、ふいに出す技の

方が実は危ないんじゃないかなとも

感じるんですけど。

最近の内藤さんは、少しづつ、技の数を

増やしつつ、新しいところも見せてくれて

新技も鮮やかだったし、

マイクを持って笑ったシーンも

最後のディスティーノのキレも良かった。

タイチさんと内藤さん、お互いにしっかり

技も受け合い、印象に残る場面が

多くあった、いい試合だったと思う。

最後のマイク、試合について、ちょっとぐらい

何か言えばいいのにとは思ったけど、

ICを持ったままIWGPを取りにいくという

宣言が聞けたのが嬉しかったから

いいや。その姿が見れたら、幸せの絶頂

だし、そしてヒロムくんと闘う姿が見たい。

そして、そのベルトを手放す時が来たら

その相手はEVILであって欲しいな。。。

 

 

 

そして、今回も試合後、いろんなツイートを

見たけれど、鈴木軍ファンの方の悔しさや

憤りは、いつかのLIJファンの気持ちと

一緒だし、内藤ファンだって、いつも

モヤモヤしっぱなし。

どのファンも皆同じなんだなーって。

そりゃあ、もちろん外様はつらいよ。

だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道。IC戦に向けて。。。

明日のIC戦。

勝つのは内藤さんだと思ってるけれど、

あぁ、めちゃめちゃ

やられまくっちゃうんだろうなー

と思うと、それはそれで、ちと憂鬱。

内藤さんが勝つと思われているところから、

前哨戦で、もしかしたらタイチさんが

勝つかもと思わせるところまで持っていき、

当日の試合でも、タイチさんが

勝つんじゃないかと誰もが思うほどの

展開のあと、最後は内藤さんが勝つ。

えーもしかして、内藤さん負けちゃうの⁉︎

というところまでやられないと試合は

面白くならないわけだろうしね。

単なるプロレス好きの方ならば、その試合

展開こそが楽しいのだろうけれど、

内藤ファンである私は、それをじっと

息を詰めながら凝視している。

実は、結構疲れるんです。

 

今年は、ようやく、内藤さんが

白を持ったまま黒を取りにいくと、

IWGP戦線への宣言を口にした。

こんなところで、たとえ白のベルトで

あっても落とすわけにはいかないし、

白と黒の同時戴冠を

是が非でも、私は見たい。

あんな短いIWGP戴冠で、内藤さんを

終わらせるわけにはいかない、

そんなの許せない。

内藤さんがもう一度、しっかりIWGP

獲った暁には、EVILやサナダさんが挑戦

したらいいし、いつかは二人に負けることに

なっても、構わない。

世界へのセールスのために、2016のG1で

追い風の内藤さんよりもケニーを優勝させ、

2018のドームでは、オカダさんの記録のために

人気絶頂の内藤さんを寝かせた。2018のG1では、GLも盛り上げるため、ケニー、飯伏さんにも寝かせた。

どれだけ、内藤ファンに失望を味あわせて

来たか、メイ社長は、ファンを喜ばせたいと

言っていたけれど、そろそろ内藤ファンにも

下さいな。最上級の喜びを。

人気がお金を産んでるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#njdash 1.5

ワールドにて観ておりましたが。。。

最初のカード発表でがっかりしてしまいま

した。。。

L.I.Jがまーた、鈴木軍と対戦なんて、

本当、勘弁して下さいよ💢💢💢

昨年、散々やったじゃないですか💢💢💢

内藤さんの相手がタイチさんに替わるだけ

でしょう。それだって昨年2回も、シングル

したじゃないですか〜〜

鈴木軍との試合って、不毛なだけで、

なんの楽しさも感じないんですから。

鈴木軍のファン以外の方に聞いてみて

下さいよ。

鈴木軍のメンバーがそれぞれ素晴らしい

レスラーだってのも承知してるし、

そこが問題なのではなくて。

 

対戦相手に何も与えないのが、鈴木軍の

スタイルなら、今度こそ、L.I.Jは受けに

回らず、徹底的にやり合って、それは勝ち

負けじゃなく、場外で寝るのは、鈴木軍に

なるぐらいやってよ!それは、鈴木軍の

見せ場を潰すことになるから、今まで

ずっとやられる姿を見せ続けられてきたけ

れと、もうそれはうんざりなのです。

飽きられないように、あの手この手、

使ってよ!もう本当、お願いします。

 

あぁ、今年こそ、また一躍スターダムに

登るかと思いきや、鈴木軍で始まるなんて

一夜にして、暗黒だよ。

でも、次はファンタスティカマニアだから

2月シリーズだけだよね。

短いのが救いだわよ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドームが終わって。。。2019.1.4

昨日の東京ドーム大会は、L.I.Jファンに

とって、お年玉のようなご褒美のような

一日になりました。

勝者がいればそこに敗者も必ずいる訳で

悔しい、悲しい想いをされたファンの方々

の想いも、重々承知しております。

経験者は語る、ですから。

 

やっぱりドーム大会は、お祭りであって

いいのではないかと思った今年。

華やかで、各自趣向を凝らした入場や

コスチュームで。昨年度、注目をあつめ

人気を集めたレスラーが登場する、そういう

場所であっていいのかなと。まぁ、今年は

内藤さんがジェリコとの試合ということで

勝つ可能性が100%と、余裕の気持ちで

見られたことが、そういう気持ちで楽しめた

理由なのだけれど。やっぱり、メインの

ファンの方はそうも言ってられなかった

でしょうね。

 

さて、私にとっていつもメインである

内藤さんとジェリコの試合。前哨戦である

動画や記者会見でも、存分に楽しませ

てもらい、ノーDQになったことで、心配に

もなり、ハラハラドキドキ感も味わい、

試合も固唾をのんで見守りましたが、

凄惨な試合になることもなく、無事勝利して

一安心。何と言っても、内藤さんの顔つきが

鋭く、精悍さもあり、実にいい表情で、

ニヤッと笑うところがまた更に良しで、

本当に魅せる男ですよ。

終了後、落ち着いた状態で再度見たら、

なんとも面白く、内藤さんの受け身の

見せ方はうわーだし、ジェリコは、百選練磨

なのはもう周知の事実だけれど、内藤さんが

竹刀でのスイングや椅子の上にジェリコ

叩きつけたのもよかったし、それをしても

残虐性を感じさせないところが、また

内藤さんのいいところ。中盤、ジェリコペース

の時間も、またやられてるよ〜と思いながらも

これこそが内藤さんのプロレスなんだよな

と、しみじみしながら、その受けの真正直さに

心打たれもし。「俺はしぶといぜ」と言った

それこそが内藤哲也の強さだと改めて感じた

いい試合でした。

ジェリコさんが素晴らしいレスラーなのは

充分わかったけれど、メインやベルトは

関係ないところで、また参戦して欲しいかな。

さぁ、内藤さん、今年こそ、また大きな波に

乗れそうな機運の高まりを感じつつあるけれど、来年のドームでハポンに向けて、

今年も応援して行きますよ!

内藤さんがローソンの記事で、「2018の

ドームでは多くの方をがっかりさせて

しまったので」と言ってくれたことで

私のあの時のもやもやが嘘のように消えて

スッキリ出来たんだ。もっと早く耳に

してたら、今年もドーム行ったのにね。

来年は、行きますよ〜。

ただ2日間開催で、一方は日曜日でお正月休みの最終日となると、土曜日の方がいいけど

カード発表を早くしてくれないと、いい席が

取れないし、悩んじゃいますね。

G1もだけど、カードがわからないのに

チケットを買わなきゃいけないのが、

本当つらいわ〜〜。