ケニーvsOG

全然注目してる訳でも、楽しんでる訳でも

ないんです。

バレットクラブの内紛。

でも、見てるとOGの面々が哀れに思えて

嫌なんですー。

タマトンガの言ってることは、至極最もなれど、同じバレットクラブとは言え、これだけの月日を持ってしても、人気者にはなり得なかったファレやタマトンガに勝算などある訳もなく、そちら側につこうなどと、思うレスラーが

いる訳もなく、これはどういう結末を描いているのか。。。アンダーソンが戻ってくるとかない限り、弾きだされて終わるか、和解なのか、うやむやなまま元サヤか。仕掛けた割には、いまいちぬるく、もっと弾けりゃいいものを。

全くケニーも、人が悪いよ。飯伏さんが欲しかったのなら、バレットクラブは出た方が良かった、いや出るべきだったと思う。

でも、今やバレットクラブという名のさまざまな利権は膨大で、手放したくないんでしょうね。そうケニーも嫌々加入したバレットクラブなれど、そのポジションの影響力は大きかったのでしょう。そして、今回のシナリオライターもケニーオメガでしょう。自分は、被害者のように振舞ってはいるが、自分ばかりでなく、タマやファレに得を与えることが出来るのか。

プロレスは、リング上の闘いだけでなく、その

人間性までも浮き彫りとなり、見えてしまうもの。

頭のいいケニーさん。WWEに行かないをいいことに、皆を踏み台にして自分と飯伏さんばかりいい目に合ってると、どこかでしっぺ返しを喰らいますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

vsケニーオメガ

昨日までのケニーを好きかと聞かれたら、うーんと考え込んでなんとも言えない、それくらいだった。以前は好き好きって言えたんだけどな。

内藤さんvsケニーオメガ。

またまた、ハードでスペクタルな技も飛び出した。コーナー、セカンドロープの上で、ケニーが内藤さんを肩車しての体勢からの、内藤さんがするりと体勢をいれかえてのパワーボム

これをあうんの呼吸で、やってのけてしまう両者。信頼なくして、こんなことが出来るだろうか?って私は感動してたんだ!内藤さんは、怯むことなくケニーの技を受け続けたし、負けの瞬間は、がっかりしたし、ブッカーに頭にはきたけど、まだ大丈夫だった。その後のケニーの

マイクを聞くまでは、ね。

内藤さんが進化していないとか、ケニー自身が感じたことを話すのは、いいと思う。

でも、控え室では、嫌われているだの、皆飽きてるだのは、腹立つわー。

これじゃ、子供の言い分と一緒。

いじめの発端になる〇〇ちゃんってやだよねーという意識の共有。皆やってるもん、皆もってるもんという子供特有の言い分。皆って誰よ、名前を挙げてごらんというとたったの数人。

こんな姑息な手段を使って、人を貶めるのは、己の卑しさ故だと。そんなこともわからない人間なら、ケニーには、本当にがっかりだ。

新日本を上げていくための煽りなら、いくらでもすればいい。でもただ内藤さんの足を引っ張って、自分と飯伏さんが上がりたいのなら、

さっさとよそへお行きなされ。

 

バイバイ   ケニー!

もう君を好きになることはないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G1に向けて。。。

開幕も明日。

内藤ファンの私としては、

もちろん内藤さんの二連覇だったらいいなと

わずかな願いは、ありますが。

新日本に、そんな期待をかけられる程

純粋ではありませんから。

結局、オカダかよ。となるオチなのか、

はたまた飯伏推しなのか?

いや、ケニーと飯伏さんは、タッグリーグ優勝ありきだから、それはないか。

まぁ、新日本の考えていることは、

よくわかりません。

ただ、勝敗予想ではっきりしていることは、

内藤さんは、飯伏さんには負けて、ザックには勝つ。これだけは、確かだと思う。

ケニーとは、1勝1敗だけど、先日の大会でタッグだけど負けたから、もしかしたら勝つか?

日本武道館、決勝戦は誰が来るか。

3日のうちに、内藤さんが一度もメインに立たないなんてことがあるんだろうか?

プロレス総選挙1位をなめんなよ。

まぁ、これで集客が伸びなかったとしても、それはブッカーの、責任だからね〜。

まぁ、万が一、内藤さんが二連覇したら、丁重に謝りますけど。。。

 

今日の記者会見は、盛り上がりに、欠けましたね。皆さん、プロレスラーであることを忘れちゃったかのような、真面目回答や、単発ばかりで、英語はわからないし。頑張ったのは、EVIL。コメントの出来うんぬんではなく、そういう姿勢を見せたから。そして、内藤さん。

DVDの宣伝やらなんちゃらと、どーでもいいような批判だけど口にして、対決姿勢を見せた。

プロレスラーってそういうもんでしょ。

 

 

 

本間選手 復帰戦

本間選手、復帰戦、おめでとうございます🎉

プロレスラーというのは、つくづくプロレスに魅せられた、プロレスが大好きな方々なんだなぁとしみじみ。。。そのためにどれだけの苦労も厭わず、打ち込んでこられたか察するに余りありますが、心からお喜び申し上げます。

 

ワールドでアップされたので、早速見ましたが、本間さんのお姿に感動したのはもちろんですが、相対したロスインゴの面々にも、グッと来ました。先日のマシンさんの引退試合もそうですが、しっかりと自分たちの色を出しながらも、主役を引き立てていて、伝わって来るものがあるんですよね。解説も金沢さんもだーれも触れないけれど、小島さんだけが、呟いてくれましたね。そういうのが、とても嬉しかった。

内藤ファン、ロスインゴファンは、もちろんわかってることではあるだろうけど、公に褒め称えられることは、ほとんどないものね。

 

 

 

正直に言うと、内藤ファンの私は、東京ドームでの敗戦の痛手がまだ燻り続けていて、今の新日本を心から楽しめてはいない。

会場に行く足も遠のいている現状。

G1のチケットも取っていない。

あれだけのファンの応援も届かない新日本に

どんな期待をかければいいのか、その答えが

見つからない。

 

 

 

 

 

ケニーオメガ、恐るべし。。。

今までにも、何度この言葉を使ってきたかな?

ケニーが、台頭してきてから、こんな日が来るんじゃないかと、なかば恐れてもいたんだ。

ケニーが新日本に上がるようになって、はじめは、大好きなレスラーだった。でも、いろんなインタビューを目にするたび、ケニーの野望が凄過ぎて、新日本がケニーに乗っ取られてしまいそうで、恐くなっていったよ。

私は、何気に子供のころから、新日本をテレビで見てたから、日本のプロレスってこういう感じっていうのに馴染みもあって、嫌いじゃないんだ。棚橋さんの著者も読んで、長く愛してもらうプロレスをっていう考え方に、感心したりもしてた。それを、ケニーは根底から覆し、

ハイスペクタルで超ハードワークなプロレスで

観客を魅了してきた。凄いよ。確かに本当に凄いんだ。ケニーのサービス精神と、自己犠牲の精神も、充分すぎるほど見たよ。

だから、最近は随分様変わりしたケニーに対しても、IWGPを戴冠して、素直に良かったね、と言えたんだ。

でも、その新日本のリングは、やっぱり生え抜きたちが必死な思いで守ってきた場所なんだ。

第三世代以降の暗黒時代を共に生きた真壁さんや矢野さん、棚橋さん世代、当時ヤングライオンだった内藤さん世代、disられているヨシハシだって、そんな時代を支えてきた一人でしょう。確かに外国人故の辛さや苦悩もあったでしょう。でもそれとこれは全然違うんだ。

いくら、ケニーが新日本をホームだと言ったところで、へえーとしか言えないよ。

何の職種でも、居場所を変えてのし上がっていくスタイルの人には、金銭的成功はついてくるけれど、安住の地はなかなか出来ないものなんじゃないかと思う。それを得るには、もっともっと長い時間がかかるものなんでは。

 

まぁ、いずれにしても、この次の巡業のカードを見れば、日本国内の新日本のあり方は変わってない。プロレスファンには、いろんなタイプのファンがいて、ジェリコ参戦に熱狂する方々も多数いるわけだし、そういう方々は、ビッグマッチを観戦すればいいし、国内巡業では、日本人選手を応援してる方々が観戦すればいいことだから、それなら、海外人気が廃れても、国内の基盤がしっかり出来てれば、根幹は大丈夫かな。いずれにしても、生え抜きあっての新日本プロレスなんだから、そこは、しっかりおさえてほしいかな。

 

このケニーの発言に対して、内藤さんと棚橋さんは、反論を口にしましたが。。。

chaos勢も、何か言って見たらどうなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪ー。。。

大阪。内藤vsジェリコ戦。

昨晩は、内藤さんが負けたことで、

いろんな感情が吹き荒れまして、

いったんUPしたものの、取り下げました。

改めて、試合を見返して見ました。

そうしたら、リアルタイムで見ていた時には、

見えなかったものが、よく見えまして。

内藤さんの今までには、見られなかった表情も力強さも、しっかり伝わってきまして。

勝敗は、負けだったけれど、体力、技術面では

負ける要素は全くなかったから、気持ちも楽になりまして。

言いたいことは、たくさんあったけど、

とにかく内藤さんがすこぶるカッコよかったので、オサマリマシタ。

 

 

さぁ、新日本プロレスジェリコさん。

ここで、内藤さんに負け試合を組ました代償は

しっかり払って頂けるんでしょうね。

そこだけは、しっかり頼みますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博多 二

内藤さん以外のお話を。

 

最近は、LIJ以外の方々の試合には、急速に興味を失いつつあり、テレビをつけてはいても、すぐ家事に勤しんでしまったりして、

おまえは、プロレスファンなんかじゃないと

言われても、反論は致しません。

 

バレットクラブの内輪揉めについては、そもそもはじめっから、全く乗れず。ケニーのリーダー問題に端を発して、不満分子であろうタマトンガやファレが、外国勢に対して抗争をしかけるとか、何らかのアクションがあるかと思いきや、あんなんでおしまいじゃ、全くお話にならない。だから、ダメなのよ。 

そして、何故か、ボンソルが石森選手?

意外だったし驚いたけど、ボンソルである必然性が全くわからない。誰かがよっぽどボンソルのコンセプトかマスクとか気に入ってんの?

変なことするよね。どっかズレてる?

 

そしてメインのIWGP戦。

すっごい棚橋コールで、これだけの方々が棚橋さんを応援してることを思うと、

棚橋さんが勝っても良かったのになと。

新日は、まーたファンの気持ちを裏切って、

内藤ファンがドームで味わった想いを棚橋さんファンにも味わわせるんかいと、悲しくなりました。新日が何処を見てるのか、まぁ未だ根強い強さへの幻想主義者と世界なんでしょうね。

こんなことなら、オカダさんの身長があと10センチ低ければ良かったのに。中邑さん曰く、身長はお金だとのことだけど。

その会場にわざわざ高いお金を出して、足を運んだ目の前のファンを幸せに出来なくて、それでいいのだろうか、本当にそれが会社の利益のためになるのか、私にはわからない。

これまで対戦してきた相手選手のファンの夢と期待を踏みにじって、オカダさんはv12達成ですか。一部マニアには、大人気のオカダさんなれど、ご本人はこの状況をどう思ってるんでしょうね。

そして、次の大阪はケニーとな。一部では、内藤さんかなんていう声もあったから、ちょっとだけ、期待してたから、そりゃあガッカリしたさー。ちょっとだけ、ケニーに嫉妬もしてるよ。でも昨年のことを思い返せば、ケニーはとっくに戴冠してておかしくなかったんだから、それは良しとしてるよ。もうオカダさん時代には懲り懲りだから、次こそ、ケニーに渡して欲しい。でも、残念なことに、ケニーに対する気持ちはすっかり醒めてしまった。ケニーの派手なプロレスや最近のいかにもな試合の組み立ても、今は疲れちゃった。だから、大阪、時間無制限三本勝負なんて、まーたハードル上げてくれちゃって。もう凄いのは認めるから、勘弁して下さーいの世界だよ。ケニーにとっては、アスリートの感覚だろうけど、なんか地方巡業してるレスラーが浮かばれないな。

 

 

 

 

まぁそんなこんなを思ったどんたくシリーズでございました。