気づきの扉

f:id:teripopo:20180211225113j:image

内藤さんが紹介された気づきの扉。

放送される前は、最近よく言っている

「思ったことは、口に出さないと伝わらない」

がくるのかなって思っていましたが、

とても意外な言葉が出ました。

 

相手の技を受けるのも

        立派な技だ

 

もちろん、プロレスファンなら、どなたも

受け身の大事さをわかっているでしょう。

でも、単純に身体を守るためだけの受け身ではないのが、今やL.I.Jの面々が見せているものだ。内藤さんのハイフロー受けや一回転受けは

有名なところでしょうし、最近では、ヒロムくんのやられっぷりも見事だと思う。

でも、それを、公の場、解説などでは決して触れられず、むしろ攻撃した方の威力が褒め称えられているのが現実。最近では、真壁さんの解説で、やった方も受けた方も凄いだろうなんて言葉も飛び出しましたが。

でも、多くの方々が、実はその素晴らしさを知っていて、また自分では気がつかないうちに、

その姿に魅せられてしまったりしているのだと思います。プロレスをあくまでも強さの象徴だと思いこんでる人は、否定的でもあろうか。

 

そして、私が今回、驚きもし、恐れ入ったのは、内藤さんがこのフレーズを世に送り出したこと。単純に見ているだけなら、攻撃していれば強い、やられていれば弱い、そうなりますが、やられていても、それは技であるとなれば、見方はとたんに変わってくるでしょうし、

今までそれとなく秘密裏にされてきたことが、浮き彫りにもなり、またプロレスラーへのリスペクトにもつながるものにもなりえるだろうか。内藤さんが、なにかを意図してこれを発信したのかは、わからないけれど、これが、臆することなく、大技を受け続けてきた内藤さんの矜持だ。

 

 

 

近頃では、古参のレスラーやなんかが、現代のプロレスを批判的に語ったものを見かけるが、新しき者たちが切り開こうとしていることに口を挟むな、口うるさいマニアも黙っていればいい。時代は、今を生きる若者がつくるものなんだから。したり顔して、レスラーの品評をしてる老いた者たち、ツイッター界隈にも見かけるが、それがいったい誰の役に立つことなのか、誰を喜ばせることができるのか、よく考えてみたらいい。百害あって一理なしということがよくわかるでしょうから。

 

 

 

大阪ー。ワールド観戦。

L.I.Jvs  chaos    5番勝負。

試合の感想を。

 

1   BUSHIvs外道

  これは、ねぇ、BUSHIが勝つしかないよね。

負ける予想なんてはなからしてないし。盛り上げるために、ハサミを持ってくるとか、そういう気持ちが良かったよ。

2  内藤さんvsヨシハシさん

   優しい内藤さんのことだから、もしかしてヨシハシさんが勝っちゃうかもと思ったりもしてたけど、前哨戦見ていて、このヨシハシさんには負けて欲しくないなって思っていたので、圧勝で良かった。ヨシハシさんのことはchaosで何とかして下さい。

3   ヒロムvsオスプレイ

   これは、ヒロムが勝つと予想してたので、意外でした。オスプレイの動きは見事で、チャンピオンに相応しいとは思うのだけど、ここまでヒロムをチャンピオンにしないってのは、どういう意図なのかなって考えてたら、オカダさんが旗揚げ興行で、オスプレイ戦とな。ヒロムがオカダさんとやりたかったのかはわからないけど、今やってもオカダさんが勝つしかないならば、わざわざ負け戦に借り出されることもないかと。そもそも、ヒロムが内藤さんとやりたいって言ってたことを、chaosがやるって横取りかよって言いたくもある。

4   EVILvs後藤さん

   ヒロムが負けたので、じゃーEVILは勝つかしらと思ったら負け。力勝負のどちらが勝ってもいい試合になっていたけれど、面白いのは、いつもL.I.J。数珠を持ちだしたところが見どころ。やっぱり後藤さんは先輩なワケだし、まだ負けるわけにはいかないのねー。

5   SANADAvsオカダさん

   これはねー、私はオカダさんが勝つのだろうと思っていたけれど、意外にSANADAさんへの期待値も高くなり、盛り上がってきてたので、もしかしてとも思ったり。SANADAさんは、これまでのなかで一番いい試合だったように思う。スタミナもあったし、技も多彩だ。でも、だからと言って、ケニーも内藤さんにも取らせなかったベルトをまだSANADAさんが取れるとは思えない。オカダさんが素晴らしいのは、理解しているけれど、もうちゃっちゃと12回位防衛しちゃってよって言うのが正直な感想。プロレスは、勝ったり負けたりするから面白いのであり、また次があるさと思えるから悔しさをも楽しめるんじゃないのかな。オカダさんばかりが勝っていたら、面白くない人がいて当然だよ。

  終わってみれば、タイトル戦は、L.I.Jの全敗。これは、どこで返してもらえるんでしょうかねー。どうしてこうもchaosが主流なのか、

そこについて納得のいく答えが欲しいな。

 

   今日もオカダさんへの野次がL.I.Jファンだなんだと揉めていたけれど、これでは因縁が深まるばかりで、ちょっとな。

   先日のタカタイチ興行の内藤さんvsタイチさんや、内藤さんvs棚橋さんなど、気持ちが通じてる選手同士の対戦は、敵味方に分かれていてもどこか微笑ましく、暖かい空気になるような気がするけれど、内藤さんとオカダさんは、何だか気持ちが離れすぎてしまったようにも感じたり。それはファン同士にもいえるのかなと。

  どんぐりの背比べと言われようが、勝ったり負けたりするぐらいが楽しめてちょうどいいのかなとも。

   今、またフィンレーやジュースが、先を行ったジェイホワイトと闘っているけれど、やっぱり切ないね。差が開けば開くほど、それが双方にとって、感情的につらくもなりえるからね。誰かさんたちみたいに。

   昔の本を読んだけど、長州力は敢えて闘魂三銃士のなかで一人のスターを作らなかったという話があって、私は何気に感心したんだ。でも、棚橋さんは一強説を説いているんだっけか。中邑さんに「エースは一人でいいんだ」なんてよく言ったよね。

   プロレスラーは、決して優しい世界の住人ではない。身体も、時に心だって傷め合う。例えそれがフェイクでも、現実と背中合わせだ。そんな職業が他にあるかなぁ。

だからこそ、感情移入してしまい、応援せずにいられなくなるものなんだろうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

きたえーる。ワールド観戦。

いやー、二日めの今日。

最後に全部持ってかれてしまいましたね。

いずれ、こうなることはわかっていただけに

思ったよりも早く結ばれてよかったような。

私が思い描いていたものとは、ずいぶん違う。

こんな安っぽい(失礼)メロドラマでなく、男と男の対決を見せて欲しかったな。やっぱり時代はBLを求めてるんですかね。

でも、ケニーは3年をかけて、本来の自分に戻ることが出来るってことなのかな。

私は、昨日のヤングバックスといるケニーを見ていて、もう今のケニーには、こんなに仲間がいるんだよなーなんて思っていたところで。

うーん、やっぱり、私はケニーがバレットクラブの全てから離れて飯伏さんだけとやっていくとは、思えないな。だって、すっごく頭のいいケニーだから。私は、ケニーはYBやcodyたちと海外で自主興行をしていくんだろうなと思っていたけれど、そうね、表向き、飯伏さんと組んで敢えて対角線に立ってもそれは可能で、むしろ対戦相手となって試合が作れるわよね。

ケニーが求めるものは、仲間と自由とお金でしょう。これで飯伏さんも揃った。

WWEには行かなくても、新日参戦は減らす契約か。ケニーは、決してずる賢いタイプではないから、新日への義理も誠意も尽くした上で、進めていくのでしょう。ゆくゆくは、プロレス団体のオーナーか。新日ともうまく提携しながら、やっていきそう。

 

なーんて、書きながら妄想しちゃいました。

でもケニーだったらやりそうだけどな。

 

新日本プロレスという会社は、いわゆるボクシングジムなんかとは違って、興行会社だから、

人やお金を呼べるなら、誰でもありなんでしょう。なんだか、所属レスラーの明暗が窺われて

なんだかなーだなー。

 

ようやく平常心。

ドームの敗戦の怒りや気落ちが、ようやく薄まり、ほぼほぼ平常心でプロレスが見れるようになりました。

1.4から、いろんな方の呟きやブログを拝見しましたが、結局、内藤ファンは、夢の持ち越し。

まぁ、また一年、気長に応援していきますか、

といった感に落ち着いた気が致します。

内藤アンチの方々には、絶対わからないでしょうが、私が思う内藤さんの最大の魅力は、その人間性にあり、そうそうひっくり返るものではないんですよ。

 

さて、楽しかったファンマニも終わり、

昨日から北海道開幕でしたね。

ワールド観戦しましたが、

やっぱりメインの棚橋鈴木戦には

驚きましたね。

鈴木さんっていうのは、どういった存在なんでしょうね。ヒールホールドっていうのは、危険らしいけれど、プロレスでやるヒールホールドは、どの程度なんですかね。破壊はしないけど痛みがもの凄いレベルなんでしょうか。。。

絞め技の加減について、プロレスをみるうえで、是非とも知りたいです。誰か、教えて下さーい。

 

勝敗でいえば、双方のファンにあれだけの想いをさせて、内藤さんからとったICのベルトだけに、もうずっと棚橋さんが持っていたらいいんじゃないかと思っていましたが、やっぱりそこは、勝ったり負けたりするのがプロレスですもんね。それが当たり前でしたね。でも、本当に鈴木さんって役得なのかなんなのか、不思議なポジションですね。私は特に好き嫌いもありませんが、鈴木さんのプロレスは、相手になる選手が可哀想だなぁと思ってますね。

鈴木さんの強さなのか技量なのかしたたかさなのか。負け試合であっても、自分の強さのアピールだけは一際なんだよね。だからこそ、フリーでやってこれたんだろうけど、相手に特はないよなって思う。

今のプロレスって、強さだけが讃えられるものじゃないよね。むしろ、本当に強いかどうかは関係ない。勝敗は決まっているのだから。

オールドファンはそこへの拘りが強そうだけど、私はむしろ受けの美学に魅せられているからな。

ドームでの後藤戦。途中から、これはもう後藤さんが勝たなきゃダメだと思いました。あまりにも、やられすぎていたから。こんなにされて、これで負け試合だったら、後藤さんはおしまいだと思ったから、勝ってホッとしました。

 

そして、私のメイン。

内藤ヒロム組vsオスプヨシハシ

決着は、ああいう形にするしかないよねって

感じ。この4人じゃ。もう前に内藤さんがオスプからとったし、ヨシハシがヒロムからとるのもなんか違うし、卑怯もなにもこれしか道はなし。

内藤さんがベルトに絡まないと、メインになることが少なくなるけれど、メインじゃなくても今日みたいに見せてくれたら、満足度は上がりますよね。この二人が並ぶとほっこりします。

 

風邪気味だから、今日も家でゆっくりワールド観戦を楽しみます。

 

 

 

散った。。。

1.4  東京ドームのメインの感想だけを

ここに残しておこうと思います。

 

内藤さんが負けた瞬間に、新日本プロレスへのものすごい怒りが、身体中を充満した。

身体の外へ、その怒りが飛び出さないように黙りこむしかなかった。

 

なんでよ。どうしてここで内藤さんを勝たしてくれないのよ。

どうして、いつも内藤さんにこんな想いばかりさせるのよ。

そんなに、オカダだけが大事なの。

内藤ファンには、いい思いは、させないつもりなの。

もう二度とプロレスなんて、見にこない。

 

終わった直後の、私のなかを駆け巡った正直な気持ちです。帰宅しても、その怒りは収まらず、翌日から仕事なのに、眠ることも出来ず。

気持ちもつらいわ、身体もつらいという金曜日、土曜日(仕事)を過ごし。

あれから、今日で4日かー。友達と食事にも行ったし、昨日はBZのLIVEも行ってきた。

そして、あれから始めてのゆっくりしてるこの時間。ワールドであの試合を見ようかなと思ったけど、やっぱりまだやめておこう。

まだまだ、冷静にみれる自信もない。

怒りは、パワーを生み出すこともあるが、とっても精神を疲れさせるものでもある。

思いは、思考することによって変化していくものだから、あれから、日々を過ごしながらも、

いろんなことを考えています。

内藤さんに勝たせない新日本の真意はどこにあるのか。そんなの、いくら考えても、わかるわけないや。

 

プロレスは、あんまり一人のレスラーに入れ込みすぎるのは、危険な行為なんだなーと思ったよ。他のスポーツみたいに、頑張って負けたんだからしょうがない、次に頑張ればいい、なんて、心から思えないもん。

内藤さんのことは、まだ応援し続けるけれど、

観戦には、いかないかな。しばらくは、なのか、もう、なのかはわからないけど。

今回、ドームでハポン出来るものと、決め込んでて、負ける心の準備をなんにもしてなかったから、衝撃が凄すぎて、本当に痛かった。

プロレスは、見たいものを見せてくれるものでもなく、スポーツのように負けてもさっぱり出来るものでもない。確かにこんなジャンルは

なかなかないね。それをしっかり踏まえておかないと、楽しめないものなのですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、1.4ドームに向けて

ここまで長かったような気もしていたけれど、

いざ明日となると、うわーっ、来たかとなんだか気持ちがあたふたしてしまう。

そう、大げさに感じるだろうけど

内藤ファンの私にとっては

運命の日だ。

 

前哨戦が、お互いのファンをカッカさせヒートさせるためにあるのなら、その準備はすでに万端だ。選手のみならず、アンチまでもが存分にその役割を果たしてくれたからね。

 それも、今となってはどうでもいいや。

 

願うは明日の勝利のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストバウト2017

そういえば、今年のプロレス大賞のベストバウトについて、何も触れてなかったので、ね。

 

丁度、リターンズで、見たところです。

私は、レスラーの中で、誰が一番凄いかと言ったら、そりゃあ、もう文句なしにケニーオメガ選手だと思っています。もうあらゆるものを全て兼ね備えています。

そのケニーの試合、ドームで見ていました。

長すぎる最後の攻防に、若干疲れを感じながらも、ケニーを勝たせて欲しかったよ。

 

そしてこれが今年のベストバウト。

好みはそれぞれなれど、

なんの異論もございません。

そして4年連続のベストバウトですか?

オカダさんは。

素晴らしいですね。

それなら、今度の東京ドームも

オカダさんに任せておけば、大丈夫ですね。

たとえ、相手が内藤さんでも、オカダさんなら

ベストバウト取れるんじゃないですか?

駄目なのは全て相手のせいって訳には、

出来ませんよね。

なんといったって、4年連続ですから。

ベストバウトマシーンのオカダさんに任せて

内藤さんは、伸び伸びとやれますね。

楽しみだな。

 

ところで、オカダさん。

ドームのメインがWメインになったことも

内藤さんのせいにしてたけど、

なんでもかんでも、人のせいに出来て

本当にうらやましーわ。

まぁでも4年連続ですから、どんな相手だろうとベストバウト級の試合に持っていって

くれるのでしょう。

オカダさんに期待しております。

ゆめゆめ、相手が内藤だからーなんて

言い訳は言って下さいますな。