10.9 両国 ワールド観戦。

ちょっと日が経ってしまいましたが、感想を。
最近は、流していても、つい他のことをしだしてしまい、ながら見がほとんど。
しっかり見たのは、ラスト3試合と3Kの凱旋試合ですかね。

jrのタッグ戦。テンプラくんたちは、見事なくらいキラキラの凱旋でした。小松くんが海外で着ていたパンツは、なんだか見ていて恥ずかしかったから、こっちの方がいいな。
(最近の両国って、ワールドではいまいち会場の臨場感を伝えられてないように感じるのですが、声援やコールは会場内とは数段の違いです)新日参戦の外国人の中で、誰よりも熱いコールが起きるのは、リコシェ。皆が大好きなリコシェ。最後に会場を見渡す姿が印象的でした。
凱旋祝のベルト戴冠。でもロッキーいらなくないですか?また外道さんみたいにつく訳?
自由に2人にやらせなさいよ。本隊で良かったのになーと私は思います。


IWGP jr戦。まず、KUSIDAさんの「かかってきなさい」がとても嫌い。これは、是非ともオスプレイにと思っていたから、とってもいい結末。ベルトをとったオスプレイの姿も感動的。
外国人でこのベルトをまくのが、いかに難しいか、この喜びを見たらわかりますよね。KUSIDAさんは、上手くてスタミナも充分なのがよくわかりますが、魅力がないなぁ。

内藤石井戦。この試合は内藤さんの勝ちだろうと思ってはいても、やっぱりドームのメインがかかっている以上、最後まで気が抜けず、終わってホッとしました。石井さんの頭をペチーンとたたいたあのシーンは面白かったな。BUSHIと矢野さんの解説もウケました。BUSHIの仲間びいきの解説に笑いながらも胸熱。

そして、私のこの日1番の驚きは、EVILの入場シーンです。あれはインパクトありましたー。
このうっすら可笑しいんだけど、決して嘲笑ではないという絶妙なところなんですよね。面白いわ。でも凱旋2年で両国のメインを張って、これだけの演出やパンフレットの表紙も飾って。
素晴らしいと思う。いつもオカダさんの入場シーンだけ、やたら豪華だなと感じていたから、
このEVILぐらいやってちょうどいいわよ。
試合の内容的には、大阪ほどのインパクトはなかったかな。まぁ予想通りだったからね。
最後は、本当にスタミナ切れかな。
私はね、ずるいようだけど、負けたときリング上で倒れていなきゃいけなくても、この時ばかりは、そこはかとなくほんのすこーしわずか、わからないくらいの余裕が醸し出せたらいいなと思う。外道さんのEVILに対するマイクには、ちょっとむかっときました。あれで、せっかく上がってきたEVILをまだまだかと思われてしまうのって、マイナスだろうと思うんだよな。オカダさんの立ち位置も変わってきてるんだから、外道さんのマイクも変らなきゃ。

そして、内藤さんが呼ばれ、マイクを。
ドームのメインは、この2人でいいかを会場に問う。私は、またやってくれたなと思ったよ。
こうやって、また1つ、過去の痛みを乗り越えて昇華していく姿が見られて嬉しかった。
内藤さんはね、心無い方々に情けないとか女々しいとか言われてることも知ってるだろうけど、そういう姿を見せてくれる稀有な存在なんだよ。人には見せなくても、ネガティヴなところも、忘れられない悔しさも、私自身のなかにだってたくさんあって、それを乗り越えていく内藤さんの姿は、なんと凛々しくもあり羨望でもあり。そんな私の思いも乗せて、なんとしてでも、ドームのメインに立って欲しいと応援したくなる、応援せずにいられない方なのです。







そして、2018.1.4。完全に決定。大願成就。

両国に向けて。。。

ようやく明日10.9の両国大会。
と、言っても、私は今回は行かないんです。。。

私の内では、オカダさんがメインの大会という認識で、だったら行かなくていいかなーと思っていたんですが、、、なんだかいろいろ読んでるとL.I.Jの大会のようにも書かれていて、あれそうなの⁉︎だったら行った方が良かったかしら?とも思いましたが、、、他に予定も入れちゃったし、どうせ、締めはオカダさんでしょっていうね。。。
なーんか、某アンチ内藤オカダファンの方が、メインの集客数を使って、オカダさんを誇っていて、今までその数に入れられちゃってたかと思うと、妙に悔しくなっちゃって。。。まぁ、それだけが理由では、ありませんが。。。


今回の内藤石井戦も、そこまで盛り上がらず。
それは、ひとえに石井さんの煽り甲斐のなさに依るものと思われ、余計なこと言ってないで、
嘘でもいいから、「俺がドームのメインに立ってやるよ」とか言えないもんですかね。
言えないか。。。生え抜きじゃないしね。
でも師匠だという天龍さんや長州さんだって
マイクを握ってたわけだし、そこまで寡黙にこだわらなくても。だって無口な人って、見てる方にとったら何にも面白くないんだものー。
ジュースみたいに、やたらコメントが長いのも困るけどー。
今日の記者会見も、石井さんはほとんど喋らずでしたねー。それって相手頼み、相手任せってことでしょ、どんな職業だってそれじゃ通りません。あれだけの観衆を集めて、誰も盛り上げようともせず、喋らずだったらどーするの⁉︎
もう、この時点で負けてもらうしかないってことなのよ。
明日の内藤石井戦。きっと内藤さんは、めためたにやられるんだろうなー。石井さんが勝つのではと思わせるくらいにね。内藤さんのやられっぷりも見事だし、横向きに倒れている姿も、妙に色気があったりして、好きなのだけど。
内藤さんはなー、場外で鉄柵にふられても、勢いを止めるどころか加速して突っ込んでいくんだもんなー。蝶野さんのいうところの「自分は二の次」。また、そういうところに、心打たれちゃうんだけど、心配でもあるのだ、、、あんまりやり過ぎないでね、石井さん。



そして、EVILvsオカダ戦。
いやー、EVILの躍進ぶりは目を見張るばかり。
IWGPへの挑戦でも、ゴリ推しだなんて声はどこにも見当たらない。皆さんに、その実力がしっかり認められていてすごいよね。
前に、棚様と対戦した時は、まだスタミナ不足が感じられたけれど、それももう大丈夫のようだし。何より振り切ってるところが頼もしいし、流石ロスインゴというくらい、やられっぷりも魅せてくれる。凱旋2年で、両国のメインに立つなんて、なんて素敵なプロレス人生。
明日は、思いっきり、やりきってね!









でもやっぱり、両国大会は、予想通りの結果になるんじゃないかと思ってますが、それを願ってもいます。通過点ですかね。EVILに勝って欲しい気持ちもあるけれど、まだ時期尚早な気もするし、内藤さんがIWGPをとって、その内藤さんにEVILが挑戦して欲しいな、だっていつかは、EVILが内藤さんを越えていくんだろうし。いろんなドラマの下地をしっかり作って欲しい。内藤さんと棚橋さんがたくさん闘ってドラマを紡いできたように。なかなかあてないのも作戦ではあるけれど、何回も闘いながらドラマを作っていくのも必要なのかなと思います。

雑記

新しいシリーズも始まり、両国に向けての
前哨戦が繰り広げられておりますが、
そのなかでの、内藤選手と石井選手の舌戦に
ついて、感じたことをー。


まずはじめに、私は、もうどっぷり内藤選手の
ファンなので、身内贔屓、猫可愛がり、親バカ…のように溺愛しており、理性的かつ公平な感覚は既に失われているものと思われます。
なので、これより、非常に独断、偏見に満ち満ちることをお断りしておきます。



そう、一番に言いたいのは、石井選手は
余計なことを言うなってことです。

「客に人気があっても、おれらレスラーには
響かない」
そして、東スポですよ。タイトルが
「レスラー仲間に人気がない」

響かないに関しては、プロレス感の違いということで、片付けられないこともないですが、
響かない時点で、プロレスラーとしてどうなのという資質が問はれていると思いましたね。
今のヤングライオンたちのコメントの方が、よほど熱くプロレスラーらしいわ。なんなら、ヤングライオンが立候補しちゃったら?

そして、東スポのタイトルね。これは、本当に石井さんの口から出た言葉なのか、定かではないですが、東スポも、何を思って、こんなこと書いたのか、疑問ですね。見方によっては、両選手を貶めてることになって、一体、誰得なのか?考えちゃいますけど。穿った見方をすれば、内藤人気が下がって、特をしそうなのは、オカダさんかしら?そうなると、これを書くように仕向けたのは、さしづめ邪道あたりかしらねん⁉︎なーんて、勘ぐってしまいそう。。。

というのも、私もかねてから、うすうす感じていたから。。。ここからは、全く根拠のない私の妄想だと思って下さいねん。
企業にお勤めしたことがあるのなら、いやどこの世界にも共通した利害を伴う人間関係を鑑みれば、それはおのずと新日本にも通じているわけで。前々から、新日本のブックメイカーは、外道さんだと言われていますが、先日のニュージーランドのトライアウトには、外道さんと共に邪道さんも行かれたと。実質、新日本のリング上の実権を握っているのが、このお二人なのは、ほぼ確定と見てよろしいのでしょうかね。
私は、直近のことで言えば、邪道さんと矢野さんがノアから引き揚げてきたあたりから、微妙に、新日本のマッチメイクに変化を感じだし、
それが、私のなかで決めとなったのは、G1 直後の邪道さんの呟き、「オカダがMVP」ね。
まぁ、内藤アンチがこぞって賛同してましたけど。もう少し、日を置いてだったり、何かのインタビューでとかなら、まだ解りますが、おわってすぐでしたからね。驚きましたよ。新日本、大丈夫?って。ビジネス的に考えれば、ここは内藤さんを持ち上げておくのが、会社としての役目であろうに、よりにも寄って中枢にいるであろう人間が、その価値を下げにかかるとはね。
結局、chaosは、オカダさんがいるからこそのみの価値であり、そのオカダさんという特権を享受、利用して、社内での覇権を握っている。だから、常にオカダさんが一番でないと困るという算段で動いているようにしか見えない。
上半期のオカダさんの扱いは、スゴかったですよね。何がなんでも、今年のプロレス大賞はオカダさんに取らせるぞの勢いを感じましたよ。
海外のレスラーランクの発表で、一位がオカダさんでしたね。その海外の声のなかに、誰よりも強いブックを持っているからという声がありましたが、妙に納得しちゃいましたね。私自身としては、今はオカダさんに対して、何も文句のつけようもないくらいに思っていますが、
周りの人間の思惑が見え隠れしているのが、実に不快ですよ。そして、それが内藤さんに影響を及ぼしているようで、不満ですね。流石にこの内藤人気には、抗えなかったようではあるけれど、それに、少しでも翳りが見えたら、即座に、引き摺り落とそうとするように思えてならない。
この石井さんの発言から、想像するに、まぁ大方chaosの内輪で、内藤批判、内藤否定論あたりが日夜の飲みの席で繰り広げられてるんでしょうね。そんな方々には、何故、内藤さんがここまで人気が出たかは理解できないでしょう。
私は、今なら内藤哲也のここが好きなんだとはっきり言えるけど、わざわざ、親切に言葉にして教えてあげたりはしませんよ。そうね、敢えて言うなら、そういうレスラーに人気がないところが、内藤人気に繋がっているとも言えるかも。。。今や、ただの飲み会集団と化したように見えるchaosに何の主張があるのか。さっさと改変に取り組んだ方がよろしいのでは?

G1 両国 優勝決定戦

2017  G1  内藤哲也選手  

優勝おめでとうございます㊗️

 

一日経ちましたが、なんかね、まだ言葉に

ならないんですよね。

 

 

2階席前方からの観戦。

 

内藤さんのスターダストが流れると、

下からも横からも、グワーッと内藤コールが

上がってきて、凄い空間でした。

姿は見えなかったけど、一階にいる赤い方も、

たぶん内藤コールで、でも全然それだけじゃなく、あちらこちらで、力強い内藤コールが巻き起こって、あーこんなにたくさんの方々が

内藤さんを応援してるんだと、心強く感じました。

ワールドも見ましたが、あの何倍もの迫力のある内藤コールでしたね。

一方、ケニーファンも多くいらっしゃいました。バレットクラブのタオルを掲げた方も、

あちこちにたくさんいたし。

何といっても、G1の決勝であり、

内藤さんとケニーは、何の因縁もないから、対立するファン同士も、割と気持ちが綺麗なんですね。

ケニーの入場にも手拍子が鳴り響くしね。

まぁ、いつでも、例外の方はいるんだけどね。

ただ、今回だけは、内藤ファンの想いが

より切実であり、強かったんだと思う。

昨年は、ケニーが優勝したんだしね。

 

試合が始まっても、なんだか緊張しちゃってね、息を詰めながら見ていて。

なんといっても、あのケニーとの対戦なんだから、壮絶になることは、わかってる訳で。

言葉にするのは怖いから、誰にも言わないし、考えないようにするけれど、悲しいことが起きないようにとか、頭をよぎっちゃうし。

あのトップローブにケニーと内藤さんが上がったときは、誰もが息をのんだし、私は凍っちゃったよ。

そして、まさかのスターダスト。

ええーっ、うそーっ。

で、自爆で、またうそーって。

序盤、中盤は、ケニーの方が身体を張ってる印象でしたが、終盤に近づくにつれ、ケニーの

猛攻で膝が何発も入って。あのVトリガーっていうのは、どれほどなんでしょうかね。。。

まさか、ケニーの優勝なの?って2回ぐらいは

不安になったけれど、ディスティーノが決まって3カウント入った時に、私のなかで何かが

スカーンと弾けました。

会場の歓声も、もの凄かったです。

ケニーにも惜しみない拍手が。

 

そして表彰式。蝶野さんがちゃんとグータッチをしてくれたのも良かったよ。

そして、インタビュー形式かと思ったら、

内藤さんがいつものようにマイクを始めたから

ちょっと驚き、でも内藤さんが立派に挨拶している姿に見とれ、まさかの「主役は俺だ」

に撃ち抜かれ、デ、ハボン!!

メンバーとのグータッチも良かったけど、

私が何よりも嬉しかったのは、

内藤さんがコーナーに立って、ポーズを決めてくれたこと。ロスインゴになってからは、

そういう姿は、しなくなってしまったからね。

それは、捨ててしまったものなのかと、思っていたけれど、そうじゃなかったんだね。

内藤さんは、ご自身の過去も置き去りにしないで、その身の内にしっかり抱えて持ってたんだね。そういうのって、凄いよ。

あぁ、だから、こんなにも人を魅了させることができたんだなって、しみじみ感じたよ。

2年前の覚悟が如何程のものなのか、改めて

感じるし、もともと精神的に強い男だったのか、強くなったのか、いずれにしても、

どえりゃー男になりなさった。

ここまで、内藤哲也というレスラーの物語を

完成させるとは、思わなかった。

 

かつて、内藤さんに浴びせられた悪意も、

これだけの歓声に包まれて、浄化されたかな。

私は、内藤さんのファンになってから、

もう二度と、この人を悲しませたくないなって 

ずっと思ってたし、そういう奴らが憎かった。

アンチは、なかなかしぶといけれど。。。

でも、大会後、アンチだった方が、内藤の姿に涙が出た。。。なんていう素敵なツイートもありましたよ。

 

だから、もう辛かった日々は、心の奥の方に

押し込んで、思うがままに、進んで下さい。

 

 

 

 

 

 

待ち侘びたけど、これで、これまでの内藤ファンのもやもやや、鬱憤も、吹き飛んだな。

また、ドームに向けて応援しようっと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G1 両国 Aブロック

さぁ、今日のうちに書いちゃおう。

両国、現地観戦です。

枡席2列目。

試合開始前に、坂口征二さんがリングへ上がり倍賞さんへの黙祷が捧げられました。

本隊の選手が参加していたけれど、こういうのは、ユニット関係なく新日所属選手の皆で参加されたらいいのにな。そして坂口征二さんは、だいぶ、おじいちゃまになられました。

 

両国での試合は、観客の方が、盛り上がる準備が出来ているので、第1試合から、大盛況。

⓵北村さん、入場してくると、リングの上で跳ねるのだけど、トランポリンに乗ってるみたいなんですが、いいんでしょうか。。。

ヤングライオンと鈴木軍っていうのも、なかなかすごい。かわいそうになっちゃうけどね。

②BUSHI、SANADA🆚GOD

試合は、ほとんど印象に残ってないけれど、

赤の方が、BUSHIコール、SANADAコールをしていたのが珍しかったですね。対バレットになるとロスインゴをコールするのね。

③ヒロム、イービル🆚小島、ジュース

珍しくヒロムくんがジュースのパルプフリクションでとられちゃいましたね。

④10人タッグ戦。田口さんだけ日本人。

田口ジャパンのムーブもありつつ、アメプロ仕上げで、皆さん楽しそうでした。とにかく外人の皆さんがワイワイやってて、田口さんの存在感は、ほぼ、なかったですね。

⑤オカダ組🆚ケニー組

オカダさんのテーピングは、本当なのかな?

なんか怪しく見てしまう。近くで見るケニーは、カッコヨス。

⑥永田選手🆚ファレ選手

永田さん向けの紙が配られたので、まるで長年の永田ファンのように、応援してお役目を果たしました。

⑦真壁選手🆚ヨシハシ選手

正直言って、まるで冴えない試合でした。

なんか長くない?とか言ってたら、10分経過のアナウンス。えーまだ10分なのーと驚く。

⑧石井選手🆚ザック選手

盛り上がってたみたいだけど、印象に残ってないなー。

⑨後藤選手🆚飯伏選手

赤い方が、新日の生え抜きでなく、飯伏選手をコールするんですよ。後藤選手にブーイングまで飛ぶし、飯伏選手の攻撃は、なんかエグイし、後藤選手を応援したよ。勝って良かった。

⑩内藤選手🆚棚橋選手

この試合を見るために行ったと言って過言ではありません。とにかく、今年こそ、内藤哲也に優勝して欲しい、その一念だけ。両国には、そういうロスインゴファンの想いが溢れていたよ。でも棚橋ファンも凄かった!ただ棚橋ファンには、赤い方がついていて、いらんところでGO ACEコールするのよ。このGO ACEコールは、実に厄介で、このリズムだと、ナイトーコールをかぶせられない、ただACEコールを聞いているしかないという状態に陥ります。

そして、両国にまで、いらぬブーイングをする輩が出現。大阪から来ちゃったのかしら?

試合の内容的には、オーソドックスな今までにも見た攻防だったと思うのだけど、腕攻め、足攻めは、どちらも切なく、見るに忍びなくもありましたが、あっという間の時間でしたね。

内藤さんが勝ったときの大歓声は、凄かった!

初めてのハポン!気持ち良かった!

 

13日には、これ以上の興奮が待っているのかと思うと、ドキドキしますが、テープが舞うなかで、高く腕を掲げる内藤さんの姿を思い描いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

G1 両国に向けて

さぁ、いよいよ明後日は、両国Aブロック

最終決戦。内藤さんvs棚橋さん。

1.4東京ドームも、6月の大阪城

まだ記憶に新しい。

そして、またここで、お二人が向かい合うとはね。いろんな諸事情があるのでしょうが、

またなの感は否めませんが、Bブロックも含め

ファンが見たい人気選手を出して並べたということでしょうか。そういえば、昨年とメンバーは一緒だね。決勝は後藤さんだったけど。

 

飯伏さんへのみなさんの期待感は、とても大きかったようだけど、私はやっぱり美味しいとこどりに抵抗を感じてしまい、対生え抜きとの試合は、ヨシハシさんとでさえ、ヨシハシさんを応援してる自分がいました。対後藤戦は、どうかな?新日は、後藤さんをちゃんと守ってくれるかな?捧げちゃうのかな?ケニーとの対戦は、もちろん見てみたいけれど、US王者戦で、スポットでやって下さいという感じかな。

 

そして、内藤さんと棚橋さんのどちらが決勝進出するのか。大方の予想は、内藤さん。

ロスインゴファンの方は、予想というより願望であり、一般の方は、ベルトを持ってないから内藤さんだろうと予想されていて。

お願いだから、ここで予想を裏切ろうなんて考えを起こさないでくださーい!と叫びたい。

じゃあ優勝者の予想外の順序といえば

一番は、ケニーの二連覇

二番は、2015優勝した棚橋さん

三番は、IWGP保持のオカダさん

うーん。ここは、ベタでもアンチが何を言おうが、内藤さんvsケニーで内藤さん優勝という

結末を、ください。

エンタメの世界では、映画だって舞台だって、コミックや小説でストーリーがわかってるものを映像化してるものが、たくさんある訳だから、たとえ結末がわかっていたって、見たいものは必ずあるし、感動も必ずあるんだ!

たまには、見たいものを見せてくださーい。

これで、すかされたら、新日に対して失望と不信感しか湧かないから、もはや好きでいれるかすらわからない。。。

 

8/11は、両国参戦となります。

そうだ、昨年はBブロックの最終戦

内藤さんがケニーに負けさせられて

すっごくガッカリして帰途についたんだった。

また、内藤ファンをそんな目にあわせないでー。私、怖がりなんです。それなのに、

抑えても高まってしまう期待感を胸に

行ってきまーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G1 大阪

EVIL、おめでとうございます㊗️

大役を果たしましたね。

闘いぶりも、締めのマイクも大成功でした。

凱旋から、まだ2年もたたぬ間に、大阪のメインに立ち、マイクで締めて、大歓声を浴びるなんて、なんて素晴らしいんでしょうか!

最高に幸せなプロレス人生のひとときですね。

そんな姿が見れて、嬉しいよ。

私は、EVILが内藤さんの最初のパレハになってくれたことに、勝手にとっても感謝していて、

あの一人ぼっちのロスインゴに入るのには、EVILだって、相当の覚悟をしたんだろうし。

でも、今となっては、それがこんな形で、その覚悟に報いれるようになったことが、本当に良かったなと思う。

もちろん、EVILの頑張りが一番だけれども、私は内藤さんのファンだから、どうしても内藤さんを褒めてあげたくなっちゃう。

よく内藤さんの下についてとか言う方々がいるけれど、ご本人もよく言っているように、ロスインゴは、そんなユニットじゃないと。

ハポンになってからは、ずっと見てきたけれど、内藤さんは、タッグ戦では、いつも自分よりも他のメンバーを押し出し、自分はやられ役になっていたし、先輩風ふかせることもなく、自由にできる環境もあったでしょう。EVILがより積極的になったなと感じたのは、ヒロムくんが帰ってきてから。ヒロムくんの奔放な姿を見て、より羽を広げられたんでしょうね。

そして、ロスインゴの人気がぐぐっと、後押ししたんだろうと思う。

そして、あの内藤さんの姿を前にしていたら、

自分がどうすべきなのか、道は示されてるし、それを立派に成し遂げて、本当にすごいと思う。

 

蝶野さんの本に、天山さんが凱旋してきた時に

天山さんが潰されないように、自分に預からせて欲しいと会社に申し出たとありました。凱旋して、初めは上げても、結局元通りの位置へ戻してしまうことが多かったとのことで。

そういうことを踏まえると、

EVILもヒロムくんも、新日本の生え抜きで、もともと大事な選手であったでしょうけど、

ロスインゴに入って良かったと思っていてくれてるであろうと、勝手に思ってます。。。

 

このG1の煽りのなかで、内藤さんは、ヨシハシさんや後藤さんに対して、厳しめなコメントを出したけれど、あれは、頑張ってのエールだろうと思う。内藤さんと同年代の選手は、今突き抜けなかったら、もうあとがないじゃないの。

こうやって、後輩たちが活躍して来たら、旬がないまま終わってしまいそうだもんね。

そして、棚橋さんや真壁さんに対する煽りも、なかなかキツいけど、そうやって前の世代を押し上げなきゃいけない時が既に前から来てるのに、その前面に立っているのは、内藤さんだけというね。呑気すぎやしませんかね。。。

 

さぁ、もうG1も最後の一週間。

両国に行く日も近づいてきたなー。

大願成就。祈ってます。。。