たまには暴言を吐こうと思う。

内藤選手と鈴木選手のIC戦が組まれ

その前哨戦と舌戦が始まっていますがー。

 

私、常々思っていたのだけど、

鈴木さんって、見るたびに、顔も醜いし、身体もぶよっとはしてなくても、やっぱりオヤジのからだだし、肌感も悪いし。そして、つくづく新しく綺麗になった白いベルトが似合わないよなぁと。あんなにうるさかった中邑ファンがよく怒らずにいるなーと、もうどーでもよくなったんですかね。オヤジには、ネバーぐらいがお似合いだったのに。棚橋さんから、剥がす必要がなかったよ。

そして、見始めは強そうに見えた試合スタイルも、最近では自分が可愛いだけのプロレスに見えて、嫌になってきたとこだったよ。極め付けは、ドームの後藤戦だな。負け試合なら、どうしてもっと潔くやられて負けないんだと思ったよ。自己アピールだけ強くて。あれじゃ、後藤さんがブックで勝ちましたって言ってるようなものでしょ。そんなに強さを見せつけたいなら、元の世界に戻りなさいな。第三世代が、負け役に徹しているにも関わらず、自分だけは、いつまでも凄いんですなんて、何様なんだか。

あ、王様か。内藤さんの王様呼びが痛快だよ。

 

鈴木さんとの試合のあと、棚橋さんや真壁さんが膝を痛め休場とかあったけど、アングルだろうとは思っているけれど、大事なドル箱商品の内藤さんを傷つけないように気をつけて欲しいよ。今なんて、内藤選手が見たいからプロレス見てるんだから。休場とかなったら、恨むわ。

 

まぁ、よもや、新日本プロレス

内藤さんを鈴木さんに負けさせるような真似はしないとは思うけど。

鈴木さんには、大切な横浜の行事があるから、

次のシリーズは、お休みじゃないの?

もしや、その行事を後押しするために、内藤さんを負けさせるようなことは、しないでしょうね?

 

ベルトの存在なんて、二の次。

ICのベルトを持とうが無かろうが、構わない。

だけど、今の試合構成だと、ベルトの順番で試合順が決まっていく。だから、いつでもオカダさんがメインにくる。メインが一番持ち時間が長いでしょ。マイクを握る機会も多くなる。

でも、一番長く見たいし、一番マイクを聞きたいのは内藤選手なのよ。

いつも、それがもどかしい。

 

でも、今回、ケニーは、さらっとそこを飛び越えて、福岡のメインをスペシャルマッチで飾る。海外人気のなせる技だろう。

ケニーのために拵えたUSベルトなのに、ケニーはさっさと投げ捨てて、飯伏さんとの道を選んだ。ここにもベルトに価値を見出さなくなったレスラーがいる。オカダさんと絡んだレスラーは、皆ベルトの虚しさを知ってしまうのかもしれない。

 

そしてそのオカダさん。海外に行けば服部さんや外道さんなど、おじさまがたとばかり行動し、随分可愛がられているようだけど、いるよねー、どこの企業にもこういう人。出世街道をひた走るタイプ。周りからはたいてい白い眼で見られてるけど、ご本人たちばかり気がついてないやつね。

 

まー、いろいろ書き殴りましたが、要は

「内藤さんを勝たせろ」ということです。

そして、私は全然ガキじゃなくいい年をした

大人ですが、内藤さんを詐欺師呼ばわりする

鈴木さんにこそ、うさんくささを感じています。自分が言ってる言葉わかってます?

「おれは、何でも知っている。」

よっぽどふざけた占い師か偽教祖だろって。

いくら歳とってても、人間が出来てる方は間違っても、こんな台詞はいいませんから、皆様

くれぐれもご注意下さいませね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の両国。

今年は、ワールド観戦です。

ドームでの余りに大きな喪失感に、すっかり足が遠のいてしまった感じです。。。

特に某Nさんの勝ち誇るオカダさんの動員数に加算されるのは、まっぴらですから。見たいものは、それじゃないのに。

 

しっかし、今日の内藤さんは、久々にやってくれましたね!内藤さんがマイクを持つだけで、ワクワクするし、期待以上の面白さ!

今日の王様連呼、最高だったよ。

今まで、鈴木さんが自分のことを王様と呼ぶことを内心、嘲笑していたんだけど、それを内藤さんが弄ってくれて、楽しいのなんの!

それに、怒り倍増の鈴木さんのリアクションも最高だったし。やっと役者が揃ったね。

まだ、闘いのなかではのらりくらりしている内藤さんだけど、いつか行われるかもしれない一騎打ちでは、絶対に勝って欲しいし、そうでなきゃおかしい。

 

先日の記者会見のヒロムくんのポエムもそうだけど、ありきたりではないところが、このお二方の素晴らしいところ。ほんと、楽しませてくれるから好きだ。

 

記憶に残った、今日の両国の試合の感想を。

 

私は、エルガンはいい選手だなーと思っていたけれど、問題を起こしたことで、いい扱いを受けられなくなってしまったようで残念。

 

3Kは、あんなこと言っておきながら、特別変わったところが何もなかった。田中くんが入場でヘラヘラしなくなったくらいかな。

ヒロムくんは、そのうちシングルの王者に返り咲くだろうから、タッグのベルトはとらないだろうと思っているけど、次はクシダさんでは、また順番待ちだわね。

 

ジュニアベルトの試合の相手がいつの間にスカルになっていたのか。ザックをオカダさんに負けさせるために取引でもしたのかしら?

凄い試合を展開していて、驚いたー。まるで五つ星を取るために頑張っているように見えたよ。日本の観客が、ここまで求めるかよって感じがしたな。

 

次の試合もそう。最近の外人選手たちの闘いは、海外に配信されているせいか、本当にハードな試合を見せる。これを、巡業で回っている日本人選手が相手をするのは、酷だなと思うから、飯伏さんが入ってはいるものの、タフな外人同士でやっててくれて良かった、なんて思ってしまうよ。

 

メインは、予定通り。オカダさんの勝ちで。

長い時間、ザックの相手をしたオカダさんも大変だったね。次の相手も予定通り。棚様。

でもこれでいい。棚様のファンもそれを望んでいるのだから。たまには、ファンの期待に応えてくれなきゃ。なんなら、棚様が勝ってもいい。オカダさんのファンばかり、いい思いをしてきたんだから。

 

私は、やがて来る日のために、ゆっくり待ってるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ大会。

今、見終わったところです。

ただいまの正直な感想を。。。

 

 

ケニーは、ひとりだけ歳をとってしまったように見えたよ。飯伏さんもヤングバックスの二人は、若い時のままなのに、ケニーだけかなり年上に見える。ケニーがやりたかったものが、今ようやく形になりつつあるのだろうと思うのだけど、何故かその場所にケニーが似合ってない。欲しがってたものは、本当に今も欲しかったのかな。いつの間にか、ケニーはもっと違う場所へ行ってしまってたんじゃないかな。

ケニーが飯伏さんを求めていた気持ちは、本当なんだろうけど、いつまでケニー劇場を続けるつもりさ。演出を考え始めた時点で、愛は利用すべきものに変わったんだ。やたらベタベタしてさ、天然の飯伏さんがいつまでそれに付き合えるのか見ものだね。まぁ、そういう飯伏さんも少しは計算高くもなったようだけど。

今日のメイン。変なお芝居を持ち込まないでやってくれたら、最高にエキサイティングな試合になっただろうに。GLを勝たせるために、腰を痛めたアングルをつくったことも残念。

これが世界最高峰のタッグ戦だというものを見せるのかと思っていたから。これなら、前に見たヤングバックスとブリスコブラザーズの試合の方が、試合を存分に楽しめたよ。

ケニーもバレットクラブのリーダーになった頃が良かったな。変に試合を作り出してからは、作為的な要素ばかり感じるようになっちゃって、だんだん楽しめなくなってきたよ。

私は、これまで何度となく

「ケニーオメガ、恐るべし」というフレーズを書いてきたけれど、無邪気な観客が、ケニーと飯伏さんの純愛物語に涙してる間に、ケニーはさらなる手腕を発揮して、大儲けしているに違いない。

 

そして、セミ。今の時点で、どれほどの人気があるのか知らないが、恐らくこれからが勝負のお二人、ハングマンとジェイ。だからと言って

危険なことや大技をやればいいってものではないだろうというね。死力を尽くした試合だけれど、感動はないという、実りの薄いものに思えたな。最後に出てきたフィンレーが意外だったから、一番印象に残ってしまうというね。

 

そうそう、codyに対する観客のブーイングは、よくわからないな。いまいち、codyの立ち位置は、理解不能。タマトンガの態度もいまいちハッキリしない。バレットクラブの創設メンバーとして思うことはわかるけど、顔じゃないってこういうことなんだろうな。可哀想だけど。

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして新日本プロレス

アメリカ大会のあとの内藤さんの発言、日本でやっている興行をそのまま見せるべきでしょうっていうやつね。それは、理想論としては、もっともだし、それでこそだとも思う。

最後の締めは、やっぱり棚橋さんや内藤さん、オカダさんがしてこその新日本だもの、と私は思う。

でもさ、悲しいかな、そうじゃないんだよ。

大方のプロレスファンてのはさ、新日本プロレスだけのファンじゃないんだよ。ドームのジェリコ参戦でわかったよ。プロレスファンの望みはさ、各団体の垣根を超えた、新鮮なカードこそが望みなんだよ。

そして、新日本プロレスという会社はさ、興行会社で、生え抜きだろうが外様だろうが、今、客を呼べればそれでいいのさ。ケニーやヤングバックスがいるからこその人気でしょう。

はやく自前の外人スターを作らないとね。

ジェイやジュース、フィンレーは、その域に行けるのかしらね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NJCUP 優勝は。。。

NJCUP、優勝はザックでしたー。

意外な結末ではあったけど、

これでまたなんだかなーという気持ちに。

このあと、両国で

内藤さん、飯伏さん、SANADAさん、棚橋さんに勝ったザックにオカダさんが勝つというね。

それなら、棚橋さんが優勝した方が幸せな気分を味わえた方々がたくさんいたはず。

しかし、まぁ何だってザックをそんなに格上げしたのかなぁ。確かに他の誰にも出来ないことをやっている素晴らしいレスラーだけれど、ここまで、新日本の主力を喰らわせる必要があったのか、疑問でならない。それに勝てるのはオカダのみ、という間接的なオカダヨイショなのか。新鮮といえば、新鮮だけれど、興味はあっても、ワクワクはしない。これでオカダさんが勝っても幸せな雨は降らない。とにかく、オカダさんの防衛ロードがはやく終わるのを待つのみ。11なのか12なのか、はやくして欲しい。

オカダさんは、確かに素晴らしいレスラーだけれど、アントニオ猪木にはなれない。もう、わかってるでしょ。また1から防衛記録を作られても困るから、とにかく12回勝って、13回めに負けてくれ。生贄は、あと二人。

 

3Kは、えらいことになっちゃってる様子。

今日の会場の静まりは、、、。

本隊で可愛い二人組として戻ってくれば良かったのに。エライ目にあっちゃってるじゃないの。外道、ロッキーのせいで。突然、ラッパーになんかなれるかっての。

 

ロスインゴは、鈴木軍にやられ過ぎー。

内藤さんが、鈴木さんをからかうのは面白いけど、そのあと、やられ過ぎてて、頂けない。

もうちっと、強さも示さないとー。

 

 

 

 

 

やっぱりね。。。。

やっぱり内藤さん、ザックに負けたねー。

これは、予想してたことだから、そんなに落ち込んでもいないけど。

ちょっとドームの敗戦のことを思い出した。

そう、プロレスって見たいものを見せてくれないものなのよ。例え、世界で人気のザックでも

来場された方は内藤さんが勝つところが見たかった方が多いのではないかと思うのだけど。。。

最近の新日本は、海外市場が絡んだためか、特にそう。また、オカダさんを優遇するのは、古参のプロレスマニアにおもねっているからじゃないかと私は感じている。でも、こんなことばかりしていて、ファンの期待を裏切ってばかりいたら、どうなるか。。。

猪木の時代は、猪木が勝つから面白かったんでしょうが。

内藤さんに夢を乗せたファンの思いを、昇華しないまま飼い殺しにするなら、熱さもじょじょに冷めていくのでしょうね。でも、それは決してご本人たちのせいではなく、熱いうちに打たなかったブッカーのせいだと言わざるを得ない。

ロスインゴファンは、にわかだのなんだのよく言われるが、ならばここまでにわかファンを増幅させたロスインゴを飼い殺しにして、なにがゴールデンだ。ゴールデンになるには、一般人というにわかを引きつけてなんぼなんじゃー。

マニアにおもねっていて、ゴールデンなんか出来るかー。

 

 

 

 

NJCUP

NJCUPも始まっておりますが、

ハードな仕事の日々を送っており、また花粉の襲撃に体力を奪われ、疲弊しております。

 

そして、だーって内藤さんは優勝しないんでしょーっていう、一回戦でザックに負けるんでしょーっていうね。

だって、後楽園で内藤対飯伏なんてやらないでしょう。これじゃ、誰だって読めますよ。

それとも、後楽園で内藤さん、飯伏さんに負けとくかな、そしてG1では勝つか。

もしくは、そんなにヨシハシさんを推しあげたいのなら、飯伏さんに勝たせてもらえばいいのでは?いずれにしても飯伏さんは、タッグ戦線に絡んでいくのだろうから、負けてもらってもいいんじゃない。昨年から、飯伏さんをDDTにでも取られないためなのか、やたら推しているけれど、そして飯伏さんもすっかりその気になっているけれど、ここで生え抜きのヨシハシさんを飯伏さんに勝たせたら、逆に評価するけどね。ないだろうけど。海外視聴者を引きつけておくには、ザックを勝たせるのか。でも国内の集客を考えれば、やはり決勝は棚橋さん対飯伏さんで、棚橋さんか。いずれにしても、優勝予想は、棚橋さんかな。オカダさんとの対決ならば。

 

今日は、内藤さん対ザックかー。

たとえ、負け試合でも、どこかキラッと光る試合をして欲しいなぁ。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

気づきの扉

f:id:teripopo:20180211225113j:image

内藤さんが紹介された気づきの扉。

放送される前は、最近よく言っている

「思ったことは、口に出さないと伝わらない」

がくるのかなって思っていましたが、

とても意外な言葉が出ました。

 

相手の技を受けるのも

        立派な技だ

 

もちろん、プロレスファンなら、どなたも

受け身の大事さをわかっているでしょう。

でも、単純に身体を守るためだけの受け身ではないのが、今やL.I.Jの面々が見せているものだ。内藤さんのハイフロー受けや一回転受けは

有名なところでしょうし、最近では、ヒロムくんのやられっぷりも見事だと思う。

でも、それを、公の場、解説などでは決して触れられず、むしろ攻撃した方の威力が褒め称えられているのが現実。最近では、真壁さんの解説で、やった方も受けた方も凄いだろうなんて言葉も飛び出しましたが。

でも、多くの方々が、実はその素晴らしさを知っていて、また自分では気がつかないうちに、

その姿に魅せられてしまったりしているのだと思います。プロレスをあくまでも強さの象徴だと思いこんでる人は、否定的でもあろうか。

 

そして、私が今回、驚きもし、恐れ入ったのは、内藤さんがこのフレーズを世に送り出したこと。単純に見ているだけなら、攻撃していれば強い、やられていれば弱い、そうなりますが、やられていても、それは技であるとなれば、見方はとたんに変わってくるでしょうし、

今までそれとなく秘密裏にされてきたことが、浮き彫りにもなり、またプロレスラーへのリスペクトにもつながるものにもなりえるだろうか。内藤さんが、なにかを意図してこれを発信したのかは、わからないけれど、これが、臆することなく、大技を受け続けてきた内藤さんの矜持だ。

 

 

 

近頃では、古参のレスラーやなんかが、現代のプロレスを批判的に語ったものを見かけるが、新しき者たちが切り開こうとしていることに口を挟むな、口うるさいマニアも黙っていればいい。時代は、今を生きる若者がつくるものなんだから。したり顔して、レスラーの品評をしてる老いた者たち、ツイッター界隈にも見かけるが、それがいったい誰の役に立つことなのか、誰を喜ばせることができるのか、よく考えてみたらいい。百害あって一理なしということがよくわかるでしょうから。