G1 5日目が終わって。。。

ここまでの振り返りー。

 

内藤選手の試合。

初戦は飯伏戦。

大変な闘いでしたが、結果についてはこうでなくちゃ!という感じで、よもや、飯伏選手を勝たせるようでは、新日本許さん状態でしたから、安心致しました。

 

第2戦めは、ヨシハシ選手。大物食をするであろうことから、内藤選手が負けるのではと予想してましたが、試合を見ているとヨシハシ選手に負けるのはちょっとなー、やっぱりメインを務める選手にはなり得ないと感じていたところ、内藤選手が勝って、非常に気持ちのいいハポンコールが聞けたので、満足でした。じゃあ、今年、ヨシハシ選手に負けるのは、棚橋さんかしら?んでインターコンチ?あるかな?

 

 

第3戦めは、ファレ選手。全勝するかもーなんて囁かれていたので、つい調子に乗って期待していたら、ファレ選手に負けちゃいましたね。勝つなら足責めで行くだろうと思っていたのに、首狙いだったので、これで勝てるの?とは思っていましたが、思いっきりやられちゃいましたね。一説には、内藤選手が優勝したら、ファレ選手の権利書戦かなんて言われてますが、

どうにもファレ選手との試合は盛り上がりに欠けて良くないから、やめた方がいいかも。

ファレ選手って、以外と扱いが難しいわね。

 

まぁ、やっぱり流石に全勝なんてことはない訳で、負けがなければ、次への展開も生まれないので昨年通り、3敗ぐらいがラインでしょうか?だとすると、あとはザックと後藤選手に負けると予想しておきます。

 

しっかし、ザック選手の関節技は、物珍しく、痛そうですが、あれで相手選手が本当に負傷してしまうことは、ないのでしょうね?プロレスなんだから、そこは大丈夫なんでしょうよね?

今はまだ、ザック選手は目新しいから興味は湧くけど、自分本位すぎるプロレスなので、そのうち引き潮が起きそうです。

ついでに、飯伏選手もやっぱり自分本位かな。

飯伏選手の身体能力もなんもかんも、本当に素晴らしいけれど、やっぱりこの方は、スポット参戦ぐらいがちょうどいいのかなと。

 

後藤選手が永田選手との試合後に、ようやくいい事を言いましたね。

新日本を語れるのは、生え抜きのみだと。

そうよ。そのくらい、誇りを持たなくちゃ。

もっと早く言わないと。

 

その他の試合では。。。

ロスインゴの同門対決。イービルvsサナダ。

たくさんの方が盛り上がっていましたが、

私には、何故かあまり響かなかったなー。

ケニーvsタマさんは、ちょっとねー。

ケニーは、最近、作り込み過ぎ。ストーリー性を持たせたのだろうけど、とりあえず一話完結な茶番劇。闘いは良かったのに、ベタな小細工が過ぎる。オカダvs矢野もそう。皆さん、喜んでるから、いいのだろうけど。

私は、逆に興醒めもいいところ。

最近、この路線、本当に多くなっちゃったわよね。田口さんだけでいいのにー。

皆さん、便乗しないで、自分のオリジナリティーを模索して下さい。

ついでに、掟破りもしばらくお控え下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G1に向けて

もうすぐ開幕。

その前に今の気持ちを。

いろんな媒体で、各選手がさまざまな発信をしていますが、やっぱり最大の関心を集めているのは、ケニーと飯伏さんのラブストーリーですよね。numberの岡本記者の記述は、誰もが心震えちゃう感動物語だったし、週プロの見出し「決勝で飯伏を待つ」もインパクト特大。でもこちらの記事は流石にメロドラマ仕立てにはせず、幾分シンプルに書かれていました。

私は、これまで本当に何度も書いていると思うのだけど「ケニーオメガ、恐るべし」ですよ。

ケニーは本当に頭がいい、もしかしたら良すぎちゃうかも。

もちろん飯伏さんへの気持ちに嘘偽りはないと思う。前から言ってたことでもあるし。

でも、ケニーは、本当に日本のプロレス、日本人を研究していて、日本のプロレスファンがいかに流れやドラマが大好きかということまで、熟知しているのが見えるんだよね。

それをあざとく感じてしまった時点で、私のケニーへの気持ちは醒めてしまった。。。

ケニーの計算ずくのプロレスにも、興味は薄れてきた。。。ドーム以前、ドーム以後と明らかに変わってしまったケニーの試合、G1でどう展開していくのか、そこはひとつの見ものだとは思っているよ。わざとらしくなく負けることが出来るのか、ね。オカダさんにしても。

勝ちっぱなしのプロレスなんてありえないでしょ。丸め込まれるのか、引き分けか、ケガしたふりでもするのか。。。

ケニーとオカダさんのこれまでの試合は、素晴らしいんだろうけど、何かを壊してしまったような、全レスラーの首を締めてしまったような、そういう気がしています。

 

そして。

もちろん、私の願いは、内藤選手の優勝。

ここは、ベタと言われようがゴリ推しと言われようが、昨今の溜まりに溜まった鬱憤をはらさせてもらわないと‼︎という気持ちでいっぱい。

これだけのファンの後押しを会社は、無下に出きるの⁉︎

開幕戦の飯伏さん。人気も実力も申し分ないことは、わかってはいるけれど。そして、飯伏さんの勝ちフラグが立っているらしいけれど、

ここで内藤選手を負けさせたら、私、激怒なのか、泣いちゃうか、だなー。会社への不信感が爆発してしまいそうだよ。

 

 

 

 

ここ数日、橋本真也さんの命日にちなんで、闘魂三銃士や金沢さんの本を読み返していたのだけど。橋本ー小川戦がドームのメインで組まれるなか、巡業でメインを張っていたのはnwo軍だったとか、当時の所属レスラーの気持ちに触れていると、なおさら、スポット参戦の方がいい思いばかりするのは、嫌だなとも思えるし。

生え抜きと外様の使われ方であったり。

内藤選手が言っていることは、わかるよね。

裕二郎が出た方がいいとか、US大会も外人選手ばかりでなく、普段の新日本を見せるべきだとか。そういう純粋な思いや新日本プロレスのプライドと、興行収益を上げるための戦略とは、一致しないワケで。ビジネスが優先されすぎると、群がるファンもいれば、離れるファンも出てくるわで。

 

まぁ、とにかく私が言いたいのは、飯伏選手より内藤選手を大事にしろよな、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#Numberプロレス総選挙

表紙が内藤選手だとわかったとき、

大喜びしました。

会場人気やグッズ売上げが好調なのはわかっていたけれど、こういう公の場所でしっかり

認知されるっていうのは、とっても嬉しいことです。

2016年のプロレス大賞MVPでは、Numberの写真家の原悦生さんに期待賞だなんて、ケチをつけられ憤ったりしましたが、ファンとご自分の感性がかけ離れてしまったことに気づいたら、

潔く身を引いて下さいまし。私はずっとこれを言いたかった。あーすっきりしたー‼︎

 

実は、私、仕事を辞めまして、現在は一応専業主婦なのです。そうすると、予定のない日は、

ついだらだらして、あー買い物めんどくさー

とか言ったりしてるのですが。

今朝は早かった。朝から、家事もテキパキこなし、お化粧もばっちりして、本屋の開店時間に行きましたから。内藤哲也の記事を見たいがために、こんだけエネルギーが湧いてくるということに我ながら驚きますが。。。

そして、ほぼ全ページを読破致しました。

 

うーん、感想はいろいろありますね。

各選手の文と写真の担当はさまざまで、内藤選手はインタビュー。

これはね、書き手の上手さで差が出ちゃいますねー。

 

ケニーの岡本記者は、表現もお上手だけど盛り過ぎじゃないかしらん。思いっきりセンチメンタル。これじゃ、誰もが感動し、最高のお膳立てじゃないですかー。美味しいところ持っていかれちゃいそうで恐怖だわー。

 

棚橋さんは、ご自分で。そこは流石‼︎

だけどねー、最後の本音だけは頂けなかった。

棚橋ファンがへこんでいくのを救うために反論したとな。これはー、ないよなー。内藤選手は内藤ファンのために行動してたの?逆でしょう。棚様復活劇を盛り上げるために、すんごいリスク背負ってやってたんでしょうにー。

内藤ファンだって凹んでたさー。

これでまた棚様ファンは、キュンキュンしちゃって、本当転がすのがお上手。

カンガエルもいいけど、一貫性がなさすぎてなー。

 

オカダさんの記事については、文章も賞賛も完璧だと思いますが、外道さんに触れたのは私にとってはマイナスだったかも。レスラーは自己プロデュースと言ってはいるけれど、ことオカダさんなどは、外道さんが付きっ切りでスターに育てたようなものっていうイメージが、またぶり返しちゃいましたね。一人だけ過保護でしょう。その外道さんがマッチメイクをしてるとなれば言わずもがな。

 

柴田さんの記事を語った天龍さんは、週プロなんかでもたまに読みますが、古い人間のようで

今時の人間の機敏や時流をそれなりに掴んでいる柔軟さがありますね。だから、芸能界でやっていけるのかも。

 

中邑さんの記事も興味深く、柳澤さんの飾らない描写は読みやすい。

 

そして、私の知らない新日本プロレス以外の団体の方々の頑張りも伝わってきた。

 

でも何気に良かったのは、レスラーテーマ曲の清野さんって方が冒頭に書かれた文章。

ーそもそも、プロレスとは強い人間ではなく、自己プロデュースに成功した人間が上に行ける世界なのである。ー

これよ、これどんぴしゃよ。

強さを競いたいなら、他の世界へ行けばいい。

強さを崇めたいなら、他の世界を見ればいい。

勘違いしてるレスラーやファンがわんさといるけれど、これこそが真髄だと腑に落ちました。

 

あれ、内藤さんの記事について何も書いてないけれど、あんまり目新しいことはないような。。「もっと走り続けたいし、走り続けるつもりです。」ってのが良かったかな。

こういう自分の気持ちや情熱を大事にしてる方って、それがなくなったら終わっちゃいそうで、でもまだ走れるんだなって安心しました。

インタビューもいいんだけど、他の方々のように、他の方が内藤選手を語る賞賛記事も欲しかったかな。我が子が誉められるのは無上の喜びですから。味わいたかったよー。

松井さんとの対談は、私的にはいらないけれど、宣伝のためには有効だからね。

 

ただねー、なんてまぁスポーツ雑誌って、もっとカッコいい写真を載せないんだろうか。

表紙は、インパクトもありいいのだけれど。

内藤さんのは、アミタマリさんというなかなか有名な方のようだけど、私にはこの写真の良さはわからない。他のレスラーだって、もっといいお顔たくさんあるだろうに。

せっかくの頁数なのに、そこはちょっと残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

USA大会を見て。。。

正直な感想を。

一番興味深かったのは、ビリーガン選手、codyさんにブーイングがされていたこと。

集客のために呼んだんだとばかり思っていましたが、WWEアンチ層がいるんだとか。

これは、会社の読み通りの展開なんですかね。

codyさんのブーイングに対するリアクションもいちいち面白くて、苛立っているようにも見えたし、ビリーガンさんは戸惑っているようにも見えましたが、実際のところはどうなんでしょう⁈

トーナメントの結果は、概ね予想通り。

ケニーは、石井選手をいたく気に入っていたから、決勝戦はそのお二方だろうなと。

本当に、ケニーは凄い。誰よりも凄いと思う。

私的には、最後の攻防が長過ぎて、見てて疲れちゃうから気合は入れずに眺めてることにしてるんだけど。ケニーが勝つだろうと思ってはいても、まさか石井さんがーと思わせるシーンもしっかり作って。そして誰よりもハードバンプ。その上、ドラマ性にも長け、マイクやコメントのエンタメ力も備えてる。

見るたびに、ケニーが一番だと確信してる。

あまり、言いたくはないけど。。。

実は、今日の壮絶な石井戦見てて、内藤さんが上がらなくて良かった(負け試合なのに)なんてことを思ってしまいました。ケニーの相手をするのは本当に大変そう。もちろんケニーは美味しいとこどりだけをするような試合はしないから、石井さんの株は更に上がったとは思うし、対戦相手の安全もしっかりしてくれてるんだろうとは思うけど。。。ここまでやらなきゃいけない試合は、なかなかないでしょう。ハードル上げ過ぎちゃって、長い目で見たら、プロレス界にとっては、マイナスにならなきゃいいけどなーなんて思っちゃいました。

ケニーがUSベルトをとったことで、ふと思いましたが、ベルトの価値云々というよりも、どんなベルトでも、持っていることがスターの証なんだと。ケニーのためにUSベルトが作られたなら、IWGPのベルトをとることよりも、それはそれで名誉なことなんじゃないかなとも思いましたね。既存のICのベルトを充てがわれた内藤さんとは、違う意味でね。お国も違うわけだし、活かせる道はありそうですよね。

でも、この海外戦略。ケニーとヤングバックス人気にあやかっての勝算しかないような。

そういう意味でも、ケニーは台風のめですね。

相互利用ならまだいいけれど、こと海外においては、いずれケニー依存症に陥りそうな展開になる気がします。。。それによって国内事情も変わってくるだろうし、今の生え抜きレスラーたちの運命すらケニーが変えてしまってるのかもしれないなと。。。

 

 

 

そして、内藤ファンの私的感想はというと。。

うーん。一度も勝たせないってどういう訳よ!

と誰かさんをどやしつけたい気持ちもありつつ。。。けっこう内藤さんへの歓声も上がっていたので、まずまずかなぁとも思いつつ。。

実は、けっこうどろどろしてたりもしますが。

語るまい。語るまい。と自制しております。

 

 

 

まぁ、以前にもこのタイトルをつけた記事がありますが、この大会の締めくくりとしては

「やっぱりケニーオメガ、恐るべし」

に尽きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIZUNA ROAD 2017 が終わって。

今日の後楽園のメインは、

クシダ選手vsBUSHIくん。

6.11の大阪が終わったばかりなのに、随分早いタイトルマッチ。

なんと言っても、いちいち言う事やる事が私のカンに触るクシダ選手に対し、BUSHIくんの大阪でのマイクもその後のコメントも良かった。

乱入ありでも何でもいいから、勝って欲しいなーと思っていたんだけど、負けちゃいましたね。BUSHIくんの試合内容には、新鮮味は多少は感じられたかな。一方、クシダ選手は、強いのはわかるんだけど、常日頃から思っているのは、やられる演技が下手すぎるってこと。スタミナもすごいのかもしれないけど、なんか胡散臭いのよ、やられ姿が。そのくせ勝ち誇る顔だけは上手いから、また嫌なのよねー。

だけど、今日はすぐにデスペラードさんが出てきたので、クシダ選手のマイクがなかったせいか、意外と後味はスッキリしています。

 

プロレスを見るにあたって、難しいのは、

強い選手と好きな選手は違うってこと。

(強いっていうのは、便宜上ね)

強いから、

チャンピオンだから、

評価が高いからって、

好きになる訳じゃないじゃないですか。

好きの理由は、殆ど後付けで、

気がついたときには惹かれていたというものじゃないかしらね。恋と一緒だね。でもこれは同性に対してももちろんありますよね。

んで、好きになった選手が必ずしも強い選手ではないから、勝敗を望むと、ツラさもある訳で。

じゃあ、アイドルみたいにその姿を見られれば幸せとか感じてればいいかっていうと、またそれも違う。応援してるけど、あまり勝敗には囚われないという境地に至れれば、幸いなのかも。

 

 

まぁ、このシリーズも終わって、

アメリカのあとはG1。

私が、とにかく求めているのは、新鮮さなんです。もう、本隊vsロスインゴは、飽き飽き。

だって昨年のG1後、エルガンとのIC戦に向けての前哨戦から、ずーっと本隊とでしょう。

流石に、勘弁して下さーい。

まぁG1は、目新しいカードもあるので、楽しみですが。

私は、内藤選手は、昨年Bだったから、今年はAと予想して、両国は8.11のチケット取ってたんですが、また棚橋選手と対戦とな。

それは、正直ちょっと残念。

このところ、棚様アレルギー発症中。

そして、決勝戦のチケットも取ったけれど、

内藤選手の進出がなければ、お譲り予定でおります。

 

 

 

 

 

 

 

哀のあとには怒

一日たって哀しみはおさまってきたので

ワールドで内藤棚橋戦を見ました。

  

はじめに英語の解説で見て(全く英語わかりません)じっくり見れたので、怖いもの見たさにかられて、日本語解説を見ました。

 

やっぱり解説の存在っていうのは大きいですね。すーぐ怒りが湧いてきましたから。

ライガーさんは、はなから論外ですが、

ゲストにいらした赤星さん?ですか。

この方も勧善のススメを説く、ヒールのためにならないライガー組増強版でした。

「大阪のファンは、まだ内藤哲也を認めていない」ですって。

確かにブーイングもあったし歓声も他よりは少なかったよ。大阪。

大阪人の感性だけは理解しがたいよ。

会社の席の隣人が大阪人で、尋ねてみると

阪神タイガースに対しては80過ぎのおかんまで文句いうからなって言ってたわ。

そして関東人は、関西人のこと嫌いなんでしょう?って聞かれたけど、内藤選手に対するブーイングを知ってから、大嫌いになりましたよ。

それまで、思ったこともなかったけどね。

そしてその方の高校生の娘さんが東京に来られた時に「東京の男はきどっててなんやの」と言っていたらしく、、、それ聞いて、あー内藤選手は足立区だしなと思いましたよ。

田舎者でないという点において、なにか鼻につくモノがあるのかも知れないですね。東京からすると、やっぱり地方の方はすぐわかりますからね。

まぁ、そんな理由もあるんだかないのだか。

でも、もう今の内藤選手にとったらブーイングなんてどうでもいいのでしょう。好きにやってたらよし。なんなら、大阪出なくていいんじゃないの。休養も必要なんだから、内藤選手は

大阪はお休みで。。。それぐらい関東人にとってブーイングって身近でないものなんですよ。

 

なーんて、八つ当たりしちゃったかな。

嫌な思いの方、すみません。

 

棚橋さんに対しては、特にないかな。

だって新日本プロレスを救ったエースの人気が

一番なのはちゃんと知ってるから。

新日本ファンの方々がベルトをそんなに大事だと思っていたのには驚いた。

理由なきベルト至上主義ね。

内藤ファンだと言ってた方々が、これでまた手のひら返しされてましたからね。

物より想い出。物より気持ちが大切だと思いますけどね。さようならー。

 

はぁー、内藤選手自ら進んで種を撒き散らしたとは言え、悪者扱いされるのは当分勘弁して頂きたいところ。

そしてロスインゴファンよりたちの悪い内藤アンチたちをしばらく喜ばせてあげなくても

いいんじゃないかしら。

内藤選手って村上春樹タイプだわね。

わざわざ本を買ってまで読んで文句をつける

ルキアンチと内藤アンチは似てるわね。

 

USベルトのトーナメントにエントリーされちゃうなんて、なかなか笑えるけれど、

別に新日本プロレスの一員として会社の行事に参加すればいいんじゃないかしら。

どの道、優勝はないでしょうから。

たまには、さらっと流していいんじゃないかしらね。アンチを喜ばしてあげることないって。

 

 

 

 

ちなみに大阪大会で一番気持ちが躍ったのは、

BUSHIくんの毒霧ね。カメラさん、しっかり抜いてよ〜。ヨシハシ祭りもウケマシタ。

ミーハーだけど、サプライズはそれだけでしたからねー。

 

大阪大会については、完結。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪が終わって。。。

はぁー、やっぱり気分は沈んでおります。

中島みゆきの「悪女」を歌いたい気分だな。

予想通りの勝敗で覚悟もしていたつもりだったけど、やっぱりどこか期待していたんだなー。

内容的には、どうだったんでしょう。

緊張して見てたせいか、はっきりわかんないや。まだ、見返す気にはなれないし。

最後は、テキサスクローバーホールドっていうんですか?ギブアップでしたね。

それも予想外。長丁場にならないためには、

賢明な決め技だったんですかね。。。

 

内藤選手を見ていると、本当に切なくて胸がぎゅーっとなることが多いよ。

前哨戦は、棚橋選手が欠場で、

この試合を盛り上げるために、

ベルトを破壊して反感を煽って。

そして、試合で負けて、棚橋ファン中邑ファン、ライガーさんやら、皆がハッピーエンド。

内藤選手と内藤ファンは一体なんやねんの世界だよ。プロレスファンに夢を見せてあげたいと

言った内藤選手の夢とは、こういうことなのか。自分のファンにというよりは、全プロレスファンに棚橋選手の勧善懲悪の世界を見せることで、ファンの夢を叶えたのか。中邑ファンに

棚橋選手がICを守ってくれるよと伝えたかったのか。。。

貴方は、やっぱり「捧げる人」だね。

でもしようがない。

そんな内藤選手にきゅーんってしちゃうんだもん。これは、棚橋選手のいう同情とは、全然違うんだ。自分には出来ない「自己犠牲」への

敬慕なのかもしれないな。