大阪、ワールド観戦。

今日もながら見で、

今後の展開を楽しみにしていたのですが、

思ったより、驚きは少なかったような。。。

 

IWGPjrで、マーティさんが勝ったのは、びっくりしたな。オスプレイがやっと獲ったベルトを

こんなにあっさりマーティさんが手にしちゃうなんてね。それもドームで4wayにするためだった訳なのね〜。でも、またクシダさんまで絡んでくるとは、いいわね、大切にされてて。

ヒロムくんは、最高でした。

 

ケニーのUSベルトに、大物が挑戦ですか!

私は知らない方ですが、良かったね、やっと

いい対戦相手をあててもらえて。楽しみ。

 

そして、棚様の勝利で、一安心しつつ、おーい

ナイフの人はどうした?と思っていたら、

最後の最後にご登場。なかなかかっこいいじゃないかと思いつつ、なんだか残念なパフォーマンス。なんだよー大阪、せっかく凱旋したのに

帰れコールなんてするなよー。全くー。

凱旋で、ドームでIC戦なんて最高だろうけど、

今日のシチュエーションは、さびしいな。

蒼い瞳のヒーローじゃ駄目だったのかしら?

 

 

そして、私のメイン。LIJ対chaos。

まーだ、大阪にはブーインガーがいて

鬱陶しい限り。

どういうつもりか、全くもって

わからないけれど、

絶対ドームに来るなよなと言いたい。

私には、大人になってもイジメを楽しんでる

下劣な奴らにしか思えないから。

 

内藤さんが、G1優勝したときに、やっと会場のファンに、グラシアス  アミーゴス   って言ってくれたのが、嬉しかった。観客によって傷つけられた人が、あれだけの歓声を浴びて、ようやく大衆に向かって、アミーゴと言ってくれたんだ。レスラーだって、喜怒哀楽のある人間なんだ。わだかまって当たり前。ようやく溶けてくれたように思えて、すっごく嬉しかったんだ。

G1での姿を見ても、変わらないなら、大阪は

アミーゴと呼ばれる日は来ないかもしれないね。

 

一部のプロレスファンっていったい何様なんだろうね。。。

 

今日の、今になっての棚様の言葉。

棚様も傷みを抱えながら笑ってきたんだね。

だから、あなたは本隊のエースなんだ。

 

 

 

 

大阪に向けて。

今回のシリーズ、ワールドで配信があった大会では、ラスト3試合のみの観戦で、大阪で行われるタイトルマッチの前哨戦は、ほとんど見ていません。

 

なんだかねー、正直に言っちゃうと

飯伏選手にまつわるもろもろが、なんか嫌なんだろうな。夏のG1で参戦して以来、いや、その前からだな、タイガーマスクWで登場してからの新日本プロレスの飯伏選手に対する入れ込み具合が、なんだかなぁという感じ。飯伏選手ご本人が嫌いだとか見たくないとかでなく、飯伏選手が試合に出てるときの解説の持ち上げようだとか、今回のIC戦に関する棚様のコメントだとか。まるで飯伏選手を本隊の次期エースにでもするつもり?と思ってしまうよ。なんとか、飯伏選手を取り込みたくて仕方がないみたいだね。もちろん、わからなくもないよ。

 

でも、G1の時だって思ったんだ。

どの選手を飯伏さんに献げるのかとね。

 

偶然にも、小松選手が生え抜き論を語っているけども、それは、生え抜きなら、誰もが持っているプライドだろうし、生え抜きというブランドでもあるよね。

BUSHIのいうこともわかるけど、そこは、理屈じゃなく、気持ちの問題だからね。

じゃあ、外様はずーっと外様で、どうすりゃ

いいのっていうのもあるけど。

でも、生え抜きを蔑ろにして、外様を優遇するところを見せられるのも、なんだか引いちゃうんだよね。。。

 

だから、明日の大阪は、珍しく棚様を応援するよ。これだけ、ながく内藤さんの前に立ち塞がり、ドームでやっと降りてくれたのに、ここであっけなく、飯伏さんにまで、その座を明け渡すのは、早すぎるでしょう。まだまだ棚様人気は健在なのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ早いけれど、東京ドームに向けて。

 

内藤さんがG1で優勝して、先日の両国でオカダさんとの2018東京ドームのメインが決まりましたね。

内藤さんがG1で優勝したときに、ツイッター

こんなつぶやきを目にしました。

 

「新日本の悲願、ようやく、4年たってようやく達成できる。
オカダも内藤も遠回りしちまったなぁ。」

 

 

これを見た瞬間から、私のなかでセンチメンタルジャーニーが始まりました。。。

 

4年前に、一度は決まったはずのメインが外されて、2018にそのカードが組まれるということの重さ。

これは、ね、もちろんメインを降ろされた内藤さん、オカダさん、両選手のそれぞれの想い。当時のファンの方々の想い。その両選手を推した会社の方々の想い。そして、メインに立った棚橋さんや中邑さんの想い。決定を覆した会社の黒幕の想い。当時ファン投票に参加した方々の想い。また、私のように後からそれを知った者が抱く想いもある。そんなたくさんの、様々な立場からの想いが交錯する舞台だ。

そんな前のことをいつまで言ってるんだ、なんて言う人もいる。

IWGPよりICの価値を上げたと勝ち誇った人もいた。

最近のケニーのインタビューでは、このことを「もし俺が同じ立場になっても、こんなことは絶対にやらない」と言っている。

表に出ている言葉も、決して語られない本心もあるでしょう。

今になってあの時の是非を問うことは無意味でもあり、全ては会社の利益のためだったというのが真実だと思う。

 

ただ、感情論から見れば

内藤さんにとっては、もちろん夢の舞台だったはずだし、オカダさんにとっても、若きヤングライオン時代、共に語った大事な仲間との晴れ舞台だったはず。

降ろされたのは内藤のせいだと言う心無い方もいたようだけれど、普通に考えれば、オカダさんがそんなこと思うはずもない。若き頃とそこに辿り着く道は大きく違ってしまい、もうそんな日は来ないんじゃないかと思ったこともあったかも知れないけれど、それが、やっと4年もかかって実現するんだ。

二人が嬉しくないはずがないよ。

これは、あの頃の夢の再現なんだよね。

そして、きっと会社のなかにも、二人のそんな姿を描いていた、喜んでる方々もいるはずだよね。

 

プロレスという同じ船に乗りながら、対戦する姿を見せる特異なジャンル故に、決して語られない想いがありすぎるけれど、だからこそ、

見る方がすきに想い描いていいんだよね。

棚橋内藤のドラマがあったように、

内藤オカダのドラマもあるんだよね。

それは、決して、内藤さんがオカダさんに先を行かれて、足掻いてたストーリーだけではなく、先を行ったオカダさんの気持ちが語られるといいのだけれど。

これからの前哨戦、何を題材に展開していくのか、まだ見えないけれど、下手な罵り合いなどではなく、今回は、ちょっと綺麗な若かりし頃の二人の夢が叶うストーリーを見せて欲しいなと思ってます。。。

 

 

そして、私は2018.1.4  東京ドームで、

内藤哲也IWGPのベルトを、

今度は投げずに

その胸にしっかり抱く姿を見届ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後楽園ホール 10.23

ラスト3試合のみ、ワールドにて見ました。

6人タッグ戦。気に入ってしまい、何度か繰り返して見てしまいました。ヘビーばかりの闘いは見ていて安定感があるようにも感じ、また、これは試合のつくりかたが上手いなと思う。

ロスインゴは、どのユニットと対戦しても、必ず相手チームの見せ場をしっかりとつくり、また自分たちは、しっかりと受け身で魅せる。それがはっきりと明確で、石井さんやオカダさんの強さもちゃんと観客の印象に残るようになってるし。今回の試合では、SANADAさんとヨシハシをメインに押し出したんだけども、そこは本人達しだいなのでしょうが、どうにもヨシハシさんの雑なプレーが目立ってしまい、おいおいという感じ。内藤さんが機転を利かせて乱入するシーンがあったり。

内藤さんは、いつも皆を気遣っていて、EVILが倒れていて、オカダさんがコーナーに登った時も、EVILの回復のため、オカダさんの足を押さえに行き、自分は殴られて倒れこむとかね、そういう仲間に対する配慮も、今の観客の方々はちゃんとわかってる。

この試合を見てると、つくづく内藤さんは、プロデューサーだなぁと思う。ミラノさんが解説でEVILのことを褒めていたけれど、そのEVILを導いたのは、内藤さんだよね。ヒロムくんが内藤さんからエッセンスをたくさん盗んだと言っているけれど、それは、ヒロムくんの受け身の魅せかたにすごく現れていると思う。それは、コマッタナの動きにも現れていて、なんとなく、新日本プロレスのなかでも、内藤さんの存在前と以後で、大きく変わっているんじゃないかとも感じましたね。(ヨシハシにはない)

 

 

 

そして、セミとメイン。ジュニアタッグ。

3Kのお二人は、まだ強烈なインパクトはないかなー。あの決め技に行く前の変なポーズくらいだな。

メインは良かった!あのメンバーのなかで、BUSHIはどうかなー?と思っていたんだけど、

思いの外、良かったよ。やっぱりヘビーの中にいるBUSHIよりも強さも器用さも感じられたし。そして、マイク。ヒロムも、いちいち笑わせてくれるし、楽しいよ。でも、やっぱり私はロッキーは、いらないと思う。ちゃんとコマッタナに喋らせなさいよ。海外向けかも知れないけれど、別に日本でロッキーの人気があるわけでもないのに、コマッタナに何の得があるのか、むしろマイナスだと思う。ロッキーは放っといて、早く、二人が前面に出た方がいいよ。

バックヤードでのヒロムくんとコマッタナの絡みが面白いな。早くも、ヒロムくんが先輩になって、ジュニアの若手の面々には、丁度いい世代交代で一気にメインに上がれて時代の巡り合わせが良かったね。

10.30の後楽園を楽しみにしてるよ。

 

 

 

 

 

 

 

10.9 両国 ワールド観戦。

ちょっと日が経ってしまいましたが、感想を。
最近は、流していても、つい他のことをしだしてしまい、ながら見がほとんど。
しっかり見たのは、ラスト3試合と3Kの凱旋試合ですかね。

jrのタッグ戦。テンプラくんたちは、見事なくらいキラキラの凱旋でした。小松くんが海外で着ていたパンツは、なんだか見ていて恥ずかしかったから、こっちの方がいいな。
(最近の両国って、ワールドではいまいち会場の臨場感を伝えられてないように感じるのですが、声援やコールは会場内とは数段の違いです)新日参戦の外国人の中で、誰よりも熱いコールが起きるのは、リコシェ。皆が大好きなリコシェ。最後に会場を見渡す姿が印象的でした。
凱旋祝のベルト戴冠。でもロッキーいらなくないですか?また外道さんみたいにつく訳?
自由に2人にやらせなさいよ。本隊で良かったのになーと私は思います。


IWGP jr戦。まず、KUSIDAさんの「かかってきなさい」がとても嫌い。これは、是非ともオスプレイにと思っていたから、とってもいい結末。ベルトをとったオスプレイの姿も感動的。
外国人でこのベルトをまくのが、いかに難しいか、この喜びを見たらわかりますよね。KUSIDAさんは、上手くてスタミナも充分なのがよくわかりますが、魅力がないなぁ。

内藤石井戦。この試合は内藤さんの勝ちだろうと思ってはいても、やっぱりドームのメインがかかっている以上、最後まで気が抜けず、終わってホッとしました。石井さんの頭をペチーンとたたいたあのシーンは面白かったな。BUSHIと矢野さんの解説もウケました。BUSHIの仲間びいきの解説に笑いながらも胸熱。

そして、私のこの日1番の驚きは、EVILの入場シーンです。あれはインパクトありましたー。
このうっすら可笑しいんだけど、決して嘲笑ではないという絶妙なところなんですよね。面白いわ。でも凱旋2年で両国のメインを張って、これだけの演出やパンフレットの表紙も飾って。
素晴らしいと思う。いつもオカダさんの入場シーンだけ、やたら豪華だなと感じていたから、
このEVILぐらいやってちょうどいいわよ。
試合の内容的には、大阪ほどのインパクトはなかったかな。まぁ予想通りだったからね。
最後は、本当にスタミナ切れかな。
私はね、ずるいようだけど、負けたときリング上で倒れていなきゃいけなくても、この時ばかりは、そこはかとなくほんのすこーしわずか、わからないくらいの余裕が醸し出せたらいいなと思う。外道さんのEVILに対するマイクには、ちょっとむかっときました。あれで、せっかく上がってきたEVILをまだまだかと思われてしまうのって、マイナスだろうと思うんだよな。オカダさんの立ち位置も変わってきてるんだから、外道さんのマイクも変らなきゃ。

そして、内藤さんが呼ばれ、マイクを。
ドームのメインは、この2人でいいかを会場に問う。私は、またやってくれたなと思ったよ。
こうやって、また1つ、過去の痛みを乗り越えて昇華していく姿が見られて嬉しかった。
内藤さんはね、心無い方々に情けないとか女々しいとか言われてることも知ってるだろうけど、そういう姿を見せてくれる稀有な存在なんだよ。人には見せなくても、ネガティヴなところも、忘れられない悔しさも、私自身のなかにだってたくさんあって、それを乗り越えていく内藤さんの姿は、なんと凛々しくもあり羨望でもあり。そんな私の思いも乗せて、なんとしてでも、ドームのメインに立って欲しいと応援したくなる、応援せずにいられない方なのです。







そして、2018.1.4。完全に決定。大願成就。

両国に向けて。。。

ようやく明日10.9の両国大会。
と、言っても、私は今回は行かないんです。。。

私の内では、オカダさんがメインの大会という認識で、だったら行かなくていいかなーと思っていたんですが、、、なんだかいろいろ読んでるとL.I.Jの大会のようにも書かれていて、あれそうなの⁉︎だったら行った方が良かったかしら?とも思いましたが、、、他に予定も入れちゃったし、どうせ、締めはオカダさんでしょっていうね。。。
なーんか、某アンチ内藤オカダファンの方が、メインの集客数を使って、オカダさんを誇っていて、今までその数に入れられちゃってたかと思うと、妙に悔しくなっちゃって。。。まぁ、それだけが理由では、ありませんが。。。


今回の内藤石井戦も、そこまで盛り上がらず。
それは、ひとえに石井さんの煽り甲斐のなさに依るものと思われ、余計なこと言ってないで、
嘘でもいいから、「俺がドームのメインに立ってやるよ」とか言えないもんですかね。
言えないか。。。生え抜きじゃないしね。
でも師匠だという天龍さんや長州さんだって
マイクを握ってたわけだし、そこまで寡黙にこだわらなくても。だって無口な人って、見てる方にとったら何にも面白くないんだものー。
ジュースみたいに、やたらコメントが長いのも困るけどー。
今日の記者会見も、石井さんはほとんど喋らずでしたねー。それって相手頼み、相手任せってことでしょ、どんな職業だってそれじゃ通りません。あれだけの観衆を集めて、誰も盛り上げようともせず、喋らずだったらどーするの⁉︎
もう、この時点で負けてもらうしかないってことなのよ。
明日の内藤石井戦。きっと内藤さんは、めためたにやられるんだろうなー。石井さんが勝つのではと思わせるくらいにね。内藤さんのやられっぷりも見事だし、横向きに倒れている姿も、妙に色気があったりして、好きなのだけど。
内藤さんはなー、場外で鉄柵にふられても、勢いを止めるどころか加速して突っ込んでいくんだもんなー。蝶野さんのいうところの「自分は二の次」。また、そういうところに、心打たれちゃうんだけど、心配でもあるのだ、、、あんまりやり過ぎないでね、石井さん。



そして、EVILvsオカダ戦。
いやー、EVILの躍進ぶりは目を見張るばかり。
IWGPへの挑戦でも、ゴリ推しだなんて声はどこにも見当たらない。皆さんに、その実力がしっかり認められていてすごいよね。
前に、棚様と対戦した時は、まだスタミナ不足が感じられたけれど、それももう大丈夫のようだし。何より振り切ってるところが頼もしいし、流石ロスインゴというくらい、やられっぷりも魅せてくれる。凱旋2年で、両国のメインに立つなんて、なんて素敵なプロレス人生。
明日は、思いっきり、やりきってね!









でもやっぱり、両国大会は、予想通りの結果になるんじゃないかと思ってますが、それを願ってもいます。通過点ですかね。EVILに勝って欲しい気持ちもあるけれど、まだ時期尚早な気もするし、内藤さんがIWGPをとって、その内藤さんにEVILが挑戦して欲しいな、だっていつかは、EVILが内藤さんを越えていくんだろうし。いろんなドラマの下地をしっかり作って欲しい。内藤さんと棚橋さんがたくさん闘ってドラマを紡いできたように。なかなかあてないのも作戦ではあるけれど、何回も闘いながらドラマを作っていくのも必要なのかなと思います。

雑記

新しいシリーズも始まり、両国に向けての
前哨戦が繰り広げられておりますが、
そのなかでの、内藤選手と石井選手の舌戦に
ついて、感じたことをー。


まずはじめに、私は、もうどっぷり内藤選手の
ファンなので、身内贔屓、猫可愛がり、親バカ…のように溺愛しており、理性的かつ公平な感覚は既に失われているものと思われます。
なので、これより、非常に独断、偏見に満ち満ちることをお断りしておきます。



そう、一番に言いたいのは、石井選手は
余計なことを言うなってことです。

「客に人気があっても、おれらレスラーには
響かない」
そして、東スポですよ。タイトルが
「レスラー仲間に人気がない」

響かないに関しては、プロレス感の違いということで、片付けられないこともないですが、
響かない時点で、プロレスラーとしてどうなのという資質が問はれていると思いましたね。
今のヤングライオンたちのコメントの方が、よほど熱くプロレスラーらしいわ。なんなら、ヤングライオンが立候補しちゃったら?

そして、東スポのタイトルね。これは、本当に石井さんの口から出た言葉なのか、定かではないですが、東スポも、何を思って、こんなこと書いたのか、疑問ですね。見方によっては、両選手を貶めてることになって、一体、誰得なのか?考えちゃいますけど。穿った見方をすれば、内藤人気が下がって、特をしそうなのは、オカダさんかしら?そうなると、これを書くように仕向けたのは、さしづめ邪道あたりかしらねん⁉︎なーんて、勘ぐってしまいそう。。。

というのも、私もかねてから、うすうす感じていたから。。。ここからは、全く根拠のない私の妄想だと思って下さいねん。
企業にお勤めしたことがあるのなら、いやどこの世界にも共通した利害を伴う人間関係を鑑みれば、それはおのずと新日本にも通じているわけで。前々から、新日本のブックメイカーは、外道さんだと言われていますが、先日のニュージーランドのトライアウトには、外道さんと共に邪道さんも行かれたと。実質、新日本のリング上の実権を握っているのが、このお二人なのは、ほぼ確定と見てよろしいのでしょうかね。
私は、直近のことで言えば、邪道さんと矢野さんがノアから引き揚げてきたあたりから、微妙に、新日本のマッチメイクに変化を感じだし、
それが、私のなかで決めとなったのは、G1 直後の邪道さんの呟き、「オカダがMVP」ね。
まぁ、内藤アンチがこぞって賛同してましたけど。もう少し、日を置いてだったり、何かのインタビューでとかなら、まだ解りますが、おわってすぐでしたからね。驚きましたよ。新日本、大丈夫?って。ビジネス的に考えれば、ここは内藤さんを持ち上げておくのが、会社としての役目であろうに、よりにも寄って中枢にいるであろう人間が、その価値を下げにかかるとはね。
結局、chaosは、オカダさんがいるからこそのみの価値であり、そのオカダさんという特権を享受、利用して、社内での覇権を握っている。だから、常にオカダさんが一番でないと困るという算段で動いているようにしか見えない。
上半期のオカダさんの扱いは、スゴかったですよね。何がなんでも、今年のプロレス大賞はオカダさんに取らせるぞの勢いを感じましたよ。
海外のレスラーランクの発表で、一位がオカダさんでしたね。その海外の声のなかに、誰よりも強いブックを持っているからという声がありましたが、妙に納得しちゃいましたね。私自身としては、今はオカダさんに対して、何も文句のつけようもないくらいに思っていますが、
周りの人間の思惑が見え隠れしているのが、実に不快ですよ。そして、それが内藤さんに影響を及ぼしているようで、不満ですね。流石にこの内藤人気には、抗えなかったようではあるけれど、それに、少しでも翳りが見えたら、即座に、引き摺り落とそうとするように思えてならない。
この石井さんの発言から、想像するに、まぁ大方chaosの内輪で、内藤批判、内藤否定論あたりが日夜の飲みの席で繰り広げられてるんでしょうね。そんな方々には、何故、内藤さんがここまで人気が出たかは理解できないでしょう。
私は、今なら内藤哲也のここが好きなんだとはっきり言えるけど、わざわざ、親切に言葉にして教えてあげたりはしませんよ。そうね、敢えて言うなら、そういうレスラーに人気がないところが、内藤人気に繋がっているとも言えるかも。。。今や、ただの飲み会集団と化したように見えるchaosに何の主張があるのか。さっさと改変に取り組んだ方がよろしいのでは?