読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっと一段落。。。

今回のシリーズの内藤選手の出番が終わりましたね。今週は、ワールドの配信もあるのに、内藤さんがいないのは寂しい限りなのですが。

 

私自身は、内藤さんのベルトの扱いに対して、全くもって、驚き以外の感情はありません。

だけどだけど、皆さんの批判ぶりが恐ろしくて、そちらの方が驚くし、気がきじゃありませんでした。

本当にいろいろなのね。人の気持ちって。

私にとって、プロレスはもともと異次元の世界の出来事だし、子供の頃から作り物だって思ってるから、そこで何が起ころうと(アクシデントは除きます)構わないのです。

あるのは、好き嫌いだけかな。

だから、内藤さんが不満があってベルトを壊すのは当たり前だとかも全く思わないし、ベルトを壊すのは許せないなんてことも思わない。

 

ただ、内藤哲也の覚悟の程を見せつけられた感じかな。

 

なんとなく、ちらっと思ったのは、会社として、中邑さんの色を完全に断ち切る方針を立てたのかなってこと。これまでは、あわよくば、

中邑さんが今までいた新日を中邑さんのWWE人気に乗じて売り込もうとしていたフシもあり中邑さんに対して友好的であったものが、WWEの本格的な日本侵攻もありつつ、中邑さんが怪我の続出についてコメントしたあたりで、完全に敵と見做したのかも知れないなと。

なので、内藤さんに破壊してOKな指令が出たのかなとね。

もう、作り直したいんだよ。会社も。

中邑さんのベルトじゃない、新日のベルトとしてね。

 

そして、中邑さんのようにICに縛られることを拒んだ内藤さんの代わりに、棚橋さんがなってくれるという訳だな。。。いや、もともとは、体調が悪かった棚橋さんの代わりに内藤さんがなってたのかも知れないし。

 

まぁ、いずれにしても、内藤さんは、見事に悪役になり切ったでしょう。

たくさんの人の気持ちを荒ぶらせて、

自らにたくさんの矢を受けて。

 

これまで内藤さんのファンだった方まで、

これは許せないなんて憤ってたよ。

皆さんにとって、ベルトは聖域だったんですね。本当にそんなに大事なものなのかな?

そういうのを目にして、私は、なんだか悲しかったな。批判する側に回ってしまうのは、ね。

 

 

 

 

私はね、こう思ってる。

これまで、自分の節々で、いろんなアーティストの歌だったり、小説だったり、演劇だったりに助けてもらったことがたびたびあります。

何かを好きになるのって、自分が何かを求めていたりする時だったりすることが多く、その時の自分にとって、救いであったりするものです。思い返せば、本当にたくさんのものに助けてもらいましたが、そういうひとつひとつに、とても感謝しているし、大切に思っていて、その気持ちは、変わらないんだ。

内藤選手もそう。あの一人ロスインゴの時期に、たった一人でリングに立っている内藤さんを見て、感動したよ。心が震えたよ。

自分もまだまだ、自分であることを頑張らなきゃって、勇気をもらったよ。

今でも、思い出しては、心を奮い立たせる瞬間があるんだ。

人の気持ちって、その場限りのものだけじゃないはずだと思う。

あの日、自分が感じたものを大事にしていくことも、大切なんだよって。

簡単に心変わりしてしまうものは、大事なものじゃなかったのかも知れない。

でも、あとから大事なものだったと気づくこともあるんだよ。

簡単に批判なんかしちゃうと、そうとわかったとき、自分の心が痛むんだ。

私にも、経験があるから。そのアーティストは、もう亡くなってしまって恩返しも出来なかったから、ずっともやもやが残っちゃったままなのだけど。。。

皆さんも自分を大切に思うなら、お気をつけくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切なさと愛しさと。。。

はぁーん。

プロレスファンの皆さまは、平気で

レスラーの方々に暴言を吐きまくるのね。

(いや、すみません、一部のファンの方だということはわかっておりますので)

ちょっと返信をのぞいて見たら、

驚いちゃいました。

ふーん、とても現実生活では、人様に言えないようなことを、レスラーには言っていいと。

内藤さんがベルトを痛めつけてるのは、虚像の世界なのに、現実世界でプロレスファンがレスラーを傷つけるのね。

よく、まぁー、そんなことが出来るものだ。

プロレスの世界って恐ろしいわ。

そんなのに、付き合わされるレスラーが

本当に不憫でならないわ。

 

 

 

そして、私の心中は、

それでも新日愛溢れる内藤さんが切なくて、

そんな奴らから守ってあげたくなる程、

愛おしさがつのっております。

 

 

 

うーん。うーん。

なーんか、いろいろ考えてるんだけど、

どうにも、まとまらなくてね。

 

選手のケガのについてのもろもろ。

木谷オーナーの海外戦略についてのもろもろ。

内藤選手のベルトの扱いについてのもろもろ。

 

それぞれ、選手やらファンの方やらの感想なんかは、いろいろ目にしたけれど、どれもしっくりくるようなものはなく。かと言って、プオタ初心者の私が、どうこう言える程の蓄積が何も無く、ただモヤモヤを感じているだけの状態。

 

まぁ、稚拙だと笑われてもいいから、吐き出しちゃおうかな。

まぁ、内藤ファンの私としての一番の関心ごとは、内藤選手の立場なわけで。

ベルトを蹴り出した時にも、批判は続出でしたが、今度は、この叩きつけるという行為に対して、またまた大紛糾。

棚橋選手とタイトルマッチをやるテーマとして、ベルトの扱いが争点とされて、ライガーさんがあそこまで言ったんだろうに、当の棚橋選手が休場とは、何とも間の悪いことになってしまって。前哨戦もあったもんじゃない。かと、言って、大阪に向けて何もしないでいいと考える内藤選手ではないからこその行為であろうと思ってはいますが。私は、驚きこそすれ、全然大丈夫。あら、壊れちゃったのとは、思うけど

「ひどいわー、許せない」なーんてことはちっとも思わない。

そんなことより、スリーパーきめた時の「落とせ」コールをする人間の方が恐ろしいわよ。

プロレスの世界に、物を大切になんて言う価値観あるわけ?先人たちの想いが詰まった?新日本辞めてったんだよ。いつまで中邑さん中邑さん言ってんの?彼はもう新しい世界で光り輝いてて、そんなことに悲しんでる訳もない、たぶん、よくやるなーって笑ってるよ。

私は、そう思ってるけど、内藤選手を批判する声を見たり聞いたりすると、それでもなんだか心が痛いんだ。なかには、すげー嫌なやつもいるしね。

まぁ、制御不能って言っても、やっぱりヒール認定な訳でしょう、ヒールファンの宿命なんだろうけど、そこがちとつらいわ。。。

ファンやめようとは、一切思いませんが。

そして、ヒール認定故に、こういう形でしか、発信出来ないことが何とも歯がゆいというか。

内藤選手だったら、喜んでサイン会も引き受けてくれたでしょうに。

 

 

ただねー、これが全部仕組まれたことならば、安心なのだけれど、ふと、橋本真也選手のことが頭をよぎるのよ。金沢さんの本を読んで、真相を知ったとき、衝撃的だったからね。状況は全然違うけれど、おかしなことになったら嫌だな、というね。杞憂であればいいんだけど。

 

そして、私が思うに、内藤選手は、常に会場を満員にしたいと思っていて、そのために行動しているのに、それに乗ってこない選手たちに対してもどかしい思いでしょうね。棚橋さんの志を一番引き継いでるのは、内藤さんですよ。

私は、もう何度も棚橋さんの本を読んで確認しているけれど、棚橋さんの言っていることを、試合でも、宣伝でもちゃんと実践してますよ。棚橋さんがプロレスを盛り返そうとする姿を、共に同じ想いで見つめていたヤングライオンだった内藤選手。

今、ようやく自分がその位置に立って、あの頃の想いのまま、今の立ち位置で出来ることを、最大限、頑張ってるんだと思う。

知り合いじゃないから、本当のところは、わからないよ。でも、そう信じれるところが、この内藤選手のこれまでの姿であり、醸し出される人間性なんだろうと思う。

大丈夫。ちゃんと、応援して行くよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん。。。

 

 はぁー、また例のお方が勝ち誇ってらっしゃいます。ツイッターをやられている方なんですけど、オカダさんのファンの方で。

昨日の博多が満員札止めになったのは、オカダさんがメインであるから、内藤には任せてもらえない。別府に集客できなかったでしょうってね。

うんうん。博多を満杯に出来るオカダさんって素晴らしい。オカダさん、最高。。。

これで、満足して頂けますかねー。

 

 

 

私は思うんですよね。好きなら好きで、自分の好きな方の素晴らしさを語ってればいいじゃんって。対立構造上、そっちに目が行ってしまうのもわからなくはないし、嫉妬心が掻き立てられてしまうこともある。でも、大概の方は、

じっと我慢してるんですよ。良識を持ってね。

嫌いなら、嫌いって言ってればそれでいいですよ。オカダさんの功績を嵩にかけて、自分が勝ち誇っても、あなたは偉くもなんともないんで。インテリは勝ち馬に乗りたがるんですかね。。。

私は、内藤さんが、オカダさんがアメリカにいる時に、「早く帰って来て、俺と一緒に上の世代倒そうよ」と思ってたって言うのを見て、

あぁ、このお二人にはそんな同志のような気持ちが流れてたんだなぁって。その後は、内藤さんにとって、とても残酷な状況になってしまったけれど。でも、まさに今、そのお二人が新日本プロレスを支える時代が来て、何か通じ合ってる想いとかあるんだろうなぁって。いつかそんなお二人の気持ちが聞きたいなぁって思ってます。ユニット抗争ばかりでなく、外敵相手に、お二人がコンビを組んで立ち向かうなんてのがたまにでもあったらいいのに。

 

まぁ、オカダさんがプロレスは一人じゃ出来ませんからって言ったのは、本質でしたね。

会場は、どの試合にも熱い声援が飛んでるし、

7〜9試合もの出場選手が必要で、その誰にもファンがいるんだから、皆でひとつですよ。

 

まぁ、それでも私は内藤さんをメインで見たいし、ハポンがしたいですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博多。。。

ワールドにて観戦。

 

内藤さんヒロムくんvsクシダさんジュース。

いやー、すっごく良かったです。

いや、何が良かったかは、言えないですけど。

この試合は、リピ確定です。

ヒロムくんが帰って来て、L.I.Jに入ってくれて

本当に良かったな。

前に、ドラマを見るようにプロレスを見たいと書きましたが、このお二人は、まさにドラマの主人公にぴったりじゃないですか。

この先が楽しみだなー。

闘いこそがプロレスだーなんていう方には怒られちゃいそうだけど。

そして、もう一つ、可愛らしいシーンがあって。試合直後、内藤さんがマーティさんに帽子を取ってってしたら、マーティさんが取りに行ってくれて、被せてくれてたんです。なーんか、内藤さんに対して厳しい方ばかりのなか、マーティさんが甘やかしてくれて、嬉しいよ。

本当に内藤さんって面白い。これまでのレスラーとは、確実に違いますね。そういう意味では、ヒロムくんはその上を行ってるかもだけど。ぶっとび具合がね。イービルくんも、最近は、突き抜けようと頑張ってる。

BUSHIさんには、いつも内藤さんをありがとうと言いたいのと、今はやられ役になっちゃうことが多いけど、私は、BUSHIさんがIWGPジュニアのベルトを取ったときに、ベルトに毒霧を吹きかけたその姿を忘れないよ。批判されるの覚悟であれをやってのけたBUSHIさんの姿は、最高に綺麗でした。L.I.Jの華、BUSHIさんのマスクとタイツが、リングに彩りをもたらしています。

 

今、書いていて思いましたが、

私は「捧げる人」が好きなんだな。

 

そういえば、6人タッグのベルトをまたL.I.Jのお三方がとりましたね。

本隊vsL.I.J   まだまだ大阪まで続きそうですが。少し前までは、飽き飽きしてたところですが、考えが変わりまして。楽しいから、どうぞ続けて下さい。

 

そして、前に鈴木軍は嫌だなって書いたけど、

今は、全然大丈夫。極悪ヒール役をやってくれてありがとう。そのおかげでL.I.Jやバレットクラブがヒールにならなくて済みますから、とっても有難いですー。

 

たまに、会場で見るだけなら、どれも新鮮でいいものです。ワールド観戦なら、見ない自由がありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別府。。➂

では、内藤さん以外の感想を。

はっきり言って、最近のワールド観戦では、

せいぜい後半戦からしか見てません。

まぁ、ちょうどご飯の支度時で忙しいってのもあるんですけどね。

(プロレスの最大の敵は、飽きられてしまうことだと思うんですよね)

 

 

ヒロムくんvsリコシェは、正直そろそろヒロムくんが負けるかなーと思っていたのですが。

試合内容にも説得力はまぁまぁあったし、ヒロムくんが勝って良かったのだけど、これもまた凄い待遇だよなーとか思ったり。

 

EVILvs棚橋さんは、棚橋さんが勝つだろうと思っていたので。うーん、辛口を言っちゃうと、

EVILは、スタミナ不足が目立ち、棚橋さんは、

ドタドタ感が目立ちましたね。棚橋さんは、身体はずいぶん絞られたんだけど、胸と言いますか、おっぱいの膨らみが何ともカッコ悪いことになってるなと見るたびに思うのです。胸筋がいったん緩んでしまうと、脂肪がのっちゃって

なかなか元には戻れないのかも。男の膨よかなおっぱいは、胸毛と同じくらい嫌いです。

 

私がまたプロレスを見始めたきっかけは、棚橋さんが何かのテレビに出ていて興味が湧いたからで、確かプロレスよりも先に棚橋さんの著書を読んだと思うのだけど、その本ですっかり

棚橋さんをわかった気に、いや棚橋さんの

新日本プロレスのためなら、自分は礎になってもいい」っていう言葉を盲目的に捉えて、そういう人物像を勝手に描いてしまっていたのだけど、それから、ずっと棚橋さんを見てるうちに

あれ、あれって、思うことが多くて。

中邑さんの本なんかにも、棚橋はなんでああもがつがつしてるのか(ニュアンス)みたいなこと、書かれていて。

勝手に思い描いた棚橋像が、どんどん崩れていくのですが。。。まだ、私なりの見定めはついていないのですが、かなり下降気味なのは確かです。。。往生際が悪いかな。上手に緩やかに下って行ってよ。自分でオカダー内藤時代って言ったじゃないの。。。

 

 

 

 

 

 

とりとめのないものになってしまいました。

読んで下さった方には、すみません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別府。。➁

昨日は、荒ぶった気持ちを書き殴ってしまいましたが。。。

 

今日、落ち着いて見返してみましたら。

内藤さんvsジュース戦。

なかなかいい試合でございました。

内藤さんは、シングルマッチの際には

毎回、新しいムーブを出してくれるんですよね。昨日は、ロープ際でのジャーマンやるかもムーブ。だとか雪崩式フランケンからの直下式パワーボムみたいなの、とか。

(もしかしたら、過去にこういったシーンが、どこかでどなたかがしてたのか、そこまではわかりませんが)

こういうのも、新しい景色を見せると言った内藤さんの有言実行なんだろうなと思っています。EVILやヒロムくんもそういう細かい内藤ムーブ、使ってますよね。

私は、こういうたゆまない努力を見せてくれる方が好きです。常に進化し続けようという意志ね、これこそがプロのお仕事。

 

そして、久々に見た内藤さんの身体も、とっても綺麗でした。張り具合も肌の質感も、身体の締まりも。ジーンズなんか履かれてるのを見ると、内藤さんは足も長いんじゃないかと思われます。一番、好きな身体です。ちゃんとタイトル戦、くんでくれないと、なかなか見れないじゃないですかー。お願いしますよー。

 

そんな訳で、すっかり気分が良くなった私。

これからも、内藤さん応援しますよ‼️