読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドームのカード。。。

東京ドームのカードが決まりましたねー。

ちょっと感想を。

 

内藤さんファンのわたくしとしては、

この一年一番新日本プロレスを牽引した内藤さんがメインに立って欲しいと思うけれど。

私は、先日の記者会見で、内藤さんがIWGPがメインになるべきだと言った言葉が、本心だと感じたから、これでいいんだと思う。次こそだから。

ファン投票はしないと言った棚橋さんの理由は、正直なんだかなーと思ったし、2016年の棚橋さんの発するメッセージは、ことごとく撃沈して、迷走してるとしか思えないけど、試合に勝って欲しいわけじゃなく、潔いかっこいい棚橋さんを見せて欲しいな。

そして、メインをはるケニー。ケニーのことも大好きなんだけど、これは、海外攻略のための戦略として抜擢されたのだから、試合がどんなに素晴らしくても、結果がついてこないことには始まらないからね。結果というのは、海外のファン獲得、海外市場における売上増加ね。ケニーにとっては、今後への大事な試合になると思う。だって、長年、新日本プロレスを支えてきた新日レスラーを差し置いてのメインなのだから。そして、その支えてきた一人、後藤さんが柴田さんといい位置で試合が出来ることになったのは、とても良かった。後藤さんは、今年、さんざん嫌な役を引き受けてよくやったと思う。そういう意味では、それなりの編成なのかなと思っています。

 

バレットクラブに加入するコーディさんですか?私は全く知らないのだけど、大物だという割には、ジュースと対戦。???トップクラスじゃないんですかね?でも、コーディさん、かっこよさげ。ケニーにはライバル登場かしら。

 

エルガンは、ケガで離脱されてしまいましたが、あんな可愛いお子様がいるから、小さなうちに側にいられて良かったんじゃないかな、

なんて勝手に思ってしまいました。家族と離ればなれは、寂しいよね。

 

そして、ひろむくん。ロスインゴのボスが、

丁重に頭を下げての勧誘とは、破格の待遇ですよ。期待値が高すぎるくらいだけど、頑張って下さい。なんだかんだ言って、今年はクシダさんもさんざんな目にあってますねー。

 

 

だいたい、各カードの勝敗予想もしてみました。今は、書かないけどね。

 

1/4って、翌日から仕事初めでキツイっちゃキツイけど、ドームでのプロレス観戦は、初めてだから、とっても楽しみ❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

ロスインゴ、最高だ。

昨日の高橋ひろむくんの、ロスインゴ加入に

わたくし、歓喜致しました。

ひろむくんが凱旋したときは、ロスインゴしかないでしょと思っていたものの、ライガーさんが、chaosのようなことをいうもんだから、

心配しちゃったよ。

ひろむくんの、現在のキャラや、

今までの内藤さんとの関係性をもってすれば、

ロスインゴ以外はありえない。

まぁ、私は以前のひろむくんの、雑誌記事や内藤さんのアメブロを見てただけなんだけど、

それだけでも、内藤さんの人柄がわかるってものです。主従関係を好まず、先輩だからって偉ぶらず。淡白かもしれないけど、優しい人なんだろうと感じる。

昨年、日本でたった一人のロスインゴとして、リングに立っていた頃の内藤さんの姿に、強烈に引きつけられ、今でも、あの頃の姿を思うと

身が引き締まる思いがするけれど、

今は、こんなに仲間に囲まれ、一大勢力をつくりあげた。これは、凄いことだよね。

 

そして、こんなぶっとんでる末っ子みたいなひろむくんが入ったら、ますます勢いがついちゃうね。2017年も、ロスインゴの年になりそう。

 

メンバーがそれぞれ、独自の色を持ってるから、かぶらないし。

昭和の親父たちなのかはたまた???などは、何思ってるか知らないけど、私はロスインゴそれぞれのキャラ、大好きだし、プロフェッショナルでいいと思う。

イービルくんも、このひろむくんのキャラもね。ひろむくんの、

クシダ、おまえに用はねー。

クシダ、おまえはかわいそうな男だ。

クシダ、おまえからベルトをとるのは簡単だ。とか、聞いてるだけで楽しくなっちゃうよ。

若い子、頑張ってると思う。

 

そして、宮城大会見てたら、真壁さんや本間さんみたいな年長者も頑張ってたよ。

レスラーは、皆頑張ってる。

 

 

 

 

 

 

ワールドプロレスリング・リターンズ。

見てたら、なんか腹が立ってきちゃったよ。。。

2014東京ドーム。オカダさん対内藤さん。

 

オカダさんは、今より身体がしまっていて。

そうだね。見るからに強そうだよねん。

 

でも、これはプロレスなんだよ。

ガチで闘ったらどちらが強いかの世界じゃないんだ。プロレスなんだ。どちらが勝ってもいいプロレスなんですよ。

じゃ、プロレスの世界で、どうしたらチャンピオンになれるかと言ったら、会社がそう決めたからってことになるわけで。

私は、オカダさんの凱旋時のことは、知らないので、どうしてその頃、若きチャンピオンが必要だったのか、どういう戦略で、棚橋さん、AJさん、オカダさんの三強時代を続けていたのか、わからないけれど、売上が伸びたってことは、その成果があったということなんでしょう。若きオカダさんは、その資質を高く買われその役割をこなしてきたのでしょう。でも、その裏で報われなかった時代を過ごしていた他の選手の方々がいたことについては、どうなのか。いつだかの週プロの服部さんのコラムには、ナカムラさんがWWEに行ったのもそういう背景があるようなことが書かれていたし、内藤さんや後藤さん、ヨシハシさんあたりだって、もしオカダさんがいなければ、違う時代を過ごしていたのだろうし。

余談ですが、嵐の二宮くんは、たくさんのジュニアの中から自分たちだけが選ばれたことについて、そういうジュニアの気持ちを背負ってやっていくと言っていました。

もちろんオカダさんの心の内は見えないけれど自分は素晴らしいとか自分は大変だとか、そればかりでなく、そういうことに対する気持ちがどこかにそこはかとなく感じることが出来たら、オカダさんのことが好きになれるのになと思います。闘うプロレスラーには無理か。。。

 

 

 

 

 

 

 

私は、社会人として、一応大人として、今の新日本プロレスを見ていますが、チャンピオンになるのは、所謂、出世競争に近いものなんだろうと感じていて、いかに上司に気に入られるかが出世の分かれ道なのは、プロレス界も同じなんだろうと。でも、エンタメにおいては、人気という大きな無視できない座標がありますからね。

 

 

 

 

 

と、いうことで、

今からテツクマの注文にいってこようっと❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポアル もろもろ。

いやー、スポアル内藤哲也本。

いい本でした。

 

そのなかで、思ったことをつらつらと。

 

この本を手にとって、まずはじめにグラビアを

しっかり見て、まぁなかなか良いかなーと思いつつ。まず、はじめに読んだのは、棚橋さんのインタビューページでした。

棚橋になれなかった男発言については、悪意からでたものではないことは、わかったんだけども、せっかくの機会なんだから、もっと感動させて欲しかったなー。内容にとぼしく残念な感じ。ドームで勝つ気みたいだけれど、それは、勘弁して下さーい。

次に裕次郎さん。棚橋さんの著書で、裕次郎さんは後輩から嫌われているようなことが書かれていたけれど、これを読むと決して人柄がよくないようには感じなかったな。むしろ、正直で、内藤さんのこともすごく認めてて。ただ見えてる範囲では、内藤さんがそんなに自分が自分が、の人には感じないなって。むしろ、今は周りを引き立てて、押し上げてるなって思います。必要以外には、人に流されないタイプなんでしょうね。

そして、SANADAさんのが良かった。SANADAさんが何を思ってるのかって、これまでよくわからなかったけど、こちらが思ってた以上に、ロスインゴチームを大事に思い、内藤さんをリスペクトしているのが伝わってきたから。

たまに仲間割れだのを期待しているツイを見るけれど、やっぱりそんなんじゃないんだ、皆でチームを盛り立てていこうって、ブームでなんて終わらせないって。これ読んで、ますますロスインゴを応援したくなりました。

BUSHIくんのインタビューも、もちろん良かったです。BUSHIくんの存在がとても嬉しいです。イービルくんのインタビューは、ないけれど、イービルくんと内藤さんの関係性は、映像からちゃんと伝わってきてるから大丈夫。

 

そして、一番後回しにしたのは、オカダさんのインタビューでした。この人はねー、本当に抑揚ってものが感じられないの。今までにも、けっこうな記事も読んだし、映像でも見たけれど。正直に言っちゃうと、人間的な深みをかんじたことがないのよ。あっけらかーんとして、中味がないの、何にも感情とか感じられないの。唯一感じられるのは、自分を褒めてるときのニンマリ加減だけ。まだ、若いのか、知性がないのか、嫌な人では決してなさそうではあるんだけど、その場がよければそれでいいという考えなしの典型なタイプに思えてしまう。

ちょっとは、期待して読んだけれど、やっぱりたいしたこと言ってないわねー。こういう人は、実につまらない。

余談だけれど、何かの折に、中村さんのインタビューを目にすることがあるけれど、中村さんは、知的で思いを言葉にのせるのが、とても上手だなぁって、すぐに感じたわよ。

だから、インタビューとかコメントとかって、

もちろん全てとは言わないけれど、人柄や思想が透けて見えちゃうんだよね。上手い下手だけじゃなくてね。今のオカダさんには、残念ながら、魅力は感じないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ここまでにしよう。

次は、内藤さんについて書きます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポアル 内藤哲也

あぁー、スポアル  内藤哲也。最高だー。

たくさん、書きたいことあるんだけど、

今日は、時間ないから、また今度。

今までで、一番読み応えがありました。

これは、皆さん、必読です‼️

 

リピ率高し。

今日の名古屋の試合。

内藤ルーシュ組vs高橋ハングマン組。

これは、良かった!!!

負け試合だったけど、内藤さんとルーシュの

楽しそうな姿がたくさん見れて、

エアサッカーも見れて、

名古屋のお客さんは、大歓声を贈ってくれて。

こういうのが、とっても嬉しい。

あとから、何回も観たくなる試合って、実は

そんなにたくさんはなくて。

観ているときに、感動はしたけど、あまりにもつらそうな試合とか、殺伐とし過ぎちゃうのもちょっと、気軽には見れなくて。

今日のは、きっとこれから、何回も見ることになりそうです。

 

しっかし、ルーシュの身体がとっても素敵だ。

今までの外人選手のなかで、いちばん素敵。

惚れ惚れ。そして長い黒髪ね。

sexyとは、この方のためにある言葉かと。

技もしっかり受けてくれて、間合も程よく、   荒い荒い言われてましたが、ちゃんと日本風なプロレスをしてくれてますよね。

内藤さんとの絡みも最高で、ルーシュのおかげで可愛い内藤さんがたくさん見れて嬉しい。

 

以前、息子たちから、BL好きの女子の話しを聞いて、「えーそんなの信じられないー」なんて言ってた私が、ええ、今はわかりますとも。

これが、萌えーなのだとね。なんとも。。。

 

 

さて、このタッグリーグ。どこが優勝するのか私には、全くわかりません。

Aでは、見た所、一番強そうなのは、ウォーマシンだけど、タマさんたち、今日勝ってたからね。勝敗はまた別物だから、わからないけど、

大方の予想の通り、後藤さん石井さんなんですかね。テンコジですかね。

本当は、やっぱり30歳過ぎぐらいが一番、経験と身体の出来がかみ合わさった充実期だと思うのだけど、それを、プロレスでは、年配者が勝ってしまうということが、平然と起こる世界なワケで。特にタッグだとそうなのねー。若干、リアリティに欠けるのではと、思いつつ。。。

幅広い年代のファンのために、年配者の活躍で勇気づけられる方々のために、負け試合を組まされても、ここはひとつ我慢をしようと思います。

あーなんか、今日は、心が広めだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内藤さんと棚橋さん。。。

今日の会見を見て、、、

とり急ぎ、初見の感想を。。。

考えとは、時間を追うごとに、変化して

いくもので、あくまでも初見です。

 

 

内藤さんは、相変わらず、戦ってるなーという印象です。自分の主張や、態度が、全ての方に賛同を得られるなんて思ってないだろうに、批判や非難されることを覚悟して、それでも正直に、内藤哲也を貫いている感じがしましたね。

 

逆に、棚橋さんは、本音がどこにあるのか、私には、全く見えて来ませんでした。

昨日は、私の勝手な棚橋さん像で、棚橋さんを

いい風に捉えてみたけれど、あれ、違ったのかな?と思うような感じでしたね。

ベルトを大事にしないなんて言い出したときには、何言っちゃってんの?と思いましたね。

この長い棚橋内藤ドラマの仕上げに、ベルトとか関係ないでしょ、いらないでしょ。

語るべきとこは、そこじゃないでしょう。

内藤さんは、こちらが聞きたいことをしっかり話してくれたけど、棚橋さんは、全くでした。

内藤さんへの思い。棚橋になれなかった男と口にした思いを聞きたかったよ。

今年一年何したの?と言われて、新日本プロレスを広めるために芸能活動してましたって、会社のためにしてましたって胸張って言えばいいじゃないかと思いましたよ。私は。

それとも、ご自分の第二の人生のための活動だったから、言えないのかな。

 

棚橋さんの降り方は、実際けっこう難しいな

と思う。最近のタッグ戦、本隊対LIJ見てると

わざわざ本隊の見せ場をLIJが作ってあげてるようにしか見えなくて。スピードも輝きも衰えてるのは、誰が見てもわかるでしょう。

棚橋さんの試合では、毎回のように解説のライガーさんや山崎さんが棚橋さんの功績や貢献を褒めそやして賞賛してるけど、もう聞き飽きたのよ、そんなの誰だって知ってるでしょう。

権力者の棚橋さんに、媚び売ってるようにしか思えなくなってるよ。年配者のそういうイヤラシイところ、実際に会社でもよくあるんですよ。少しでも長く会社に置いてもらえるようにね。

そんなところからも、新日本プロレスの中での棚橋さんの地位は絶対的なんだろうと思いますよ。棚橋さんは、いい人なんだろうと思うし、

著者のなかにも、新日本プロレスのためなら、自分は礎となってもいいとはっきり書いてあるので、どんな身の振り方をされるのか。

いい形で後輩にバトンタッチしていけるのか、

見せていただきたいなと思います。

 

そして、内藤さんの真の目的は、ファン投票をすることでも、メインになることでもなく、

会社を牽制して、今後は、何があってもIWGP戦をメインにするべきだとはっきりさせることなのかなと思いましたね。そう考えると、ベルトの価値を誰よりも大事にしてるの内藤さんじゃないの。ベルトを磨くことがベルトを大事にしてるのとは、次元が違うよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はね、悲しいことではあるけれど、物に対する日本人の想いは、災害を契機に変わってしまったのかなと感じています。

いくら大事にしていても、あっけなく失くなってしまう映像が脳裏に焼き付いてしまったしね。

 

大事なのは、物ではなく、心であり、チャンピオンという称号だけなのかなとも感じています。

 

 

今日は、こんなところです。