読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『NEW JAPAN CUP』名古屋

ワールドにて観戦。

今日のメインは、棚橋さんvsイービル。

私、棚橋さんのこと大好きなんですがー、

本当は、まだまだイービルに負けて欲しくはないんだけれど、LIJを益々発展させるためには、ここはイービルに頑張ってもらわないと、ということで、イービルを全力応援しました。

結果は、イービルのまさかの毒霧で勝利だった訳ですが。もう一度見返すと、棚橋さん輝いてたなぁとつくづく思っちゃいました。終始、棚橋さんの動きを追っていましたからね。イービルもすごく頑張ってたし、力強さも見せつけたけれど。相手の技を受けきったのは棚橋さんの方だし、そりゃあメインイベンターとしての実力ですよね。育成中って感じですかね。

棚橋さんが負けたのも、全ては新日本プロレスのため。流石です。でも、次回は棚橋さんが勝って下さい。

しっかし、イービルも面白いなぁ。キャラ設定は御自身なのでしょうが、難しいキャラを本当頑張ってるよ。マイクも頑張った!親心で見てたよ、思わず拍手したよ。

 

さて、明日はSANADAさんvsヨシハシさんがありますね。果たして、外道さんは、どちらを勝たせるんでしょう。見た目の説得力から言えば断然SANADAさんなのだけれど、ヨシハシさんは生え抜きだしCHAOSだし。やっぱりヨシハシさんを勝たせると予想します。

 

 

 

 

余談だけれど、ブッカーである外道さん、ここにきて棚橋さんには随分な役割を負わせるし、内藤さんにも人気な割にいまひとつな地位しか与えないくせに、相変わらずオカダさんだけには過保護だわ、矢野さんにも優しいわで、どうなんでしょう?そのうえ、ヨシハシさん推ししたら、外道さんのCHAOSびいき裏付けちゃいそうだけどな。自分の地位を守るためにオカダさんを利用してるとも考えられるし、親バカになってるとも考えられるし。イービルやヒロムでさえ、ひとり立ちして頑張ってるのに、オカダさんがいつまでも保護者つきじゃ、情けないわね〜。そういうつもりじゃなくても、そうにしか見えないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪。。。

内藤哲也VSマイケル・エルガン   

ハードな試合でしたね。

内藤さん、まだ受けるの、まだ受けるのっていうぐらい、大技を受けまくりましたね。

今回は、エルガンが勝つのかとも思っていたけれど、ここまでL.I.Jが勝ってたので、これは、内藤さんが勝つなと。それでも、さすがに

ダメかと思った場面もありました。

でも、内藤さんの足ぜめとディスティーノ。

いい技を、自分のものにしましたね。

相手が大きかろうが、重たかろうが、関係なく攻められるし、ディスティーノは、切り返しパターンが何通りもあって、一発形勢逆転も可能だしね。そして不死身の受け身の技術。

これがあれば、勝ちには十分の説得力。

エルガンとの攻防。不自然な流れがないから、

時間があっという間でした。

激闘、お疲れさまでした。

 

 この試合についてのレスリングオブザーバーの記事読みました。もう名実ともにスーパースターだね。おめでとうございます。

 

 

 

 

 

そして、大阪。

またも、L.I.J祭りを大阪でやると知ったとき

ため息が出ました。内藤さんのタイトル戦は

東京でやって欲しいな。

今だにブーイングする方のお顔を見て見たい。若者なのか親父なんだか。すっごく大きな音が出せるブーイングのプロみたいな方々のようだから、雇われブーインガーでもいるのかしら、

なーんて思ってしまいました。

 

でも、内藤さんは立派だった。

もう今となっては、ブーイングなんて痛くもないでしょうが、意識はされてるでしょう。

内藤さんの顔付きが、やっぱりいつもより、とがってるように見えて、それがまた、すごくかっこよかったよ。最後の花道、身体がパンパンに張って、汗で光って、綺麗。そして、あの片手を高く挙げるポーズ。惚れ惚れしちゃう。

 

 

バックヤードのコメント。

NJCにエントリーすると。

そしてファミレスでのインタビュー。

 

私は、内藤さんが新日本プロレスにもたらたしたいものは、「秩序」なのかなって思いました。ドームのメインのファン投票反対もそうだし、調印式の件もそう。会社の都合だったり宣伝だったりで、その場その場でコロコロ変わったり、節操のなさすぎるプロレス業界に対する牽制だと思う。

そしてあの場で、休まず全戦に出てると言ったのも、(もちろん自分のことだけでなく、新日所属のレスラーのこともふまえてでしょうね)

スポット参戦者を優遇する会社への牽制でしょうか。労働組合長のようだよ。

そして、ファンに理不尽な思いを抱かせるよりも、納得できる形を見せたいということなのかな。

社会には、本当に理不尽なことばかりでやるせなさばかりがつのる毎日を私も送っていますから、勝手に共感しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

北海道。。。

昨日の試合、ワールドで見ました。

L.I.Jと本隊の試合を観てると、いつも感動しちゃうのは、L.I.Jの面々は、本当に献身的な試合をするなぁってところ。勝ち試合でも負け試合でも、相手チームの見せ場をしっかりつくって、ハードな受けを担ってる。解説では、決して触れられない、決して褒められもしない受けの美学だけれど、私は、いつも凄いなぁって思ってます。

 

さて、VS鈴木軍の試合のなかで印象的だったのは、飯塚さん。この方の若かりし、かっこ良かった頃を見ていましたが、今はその名残もありませんね。なんとも奇妙なキャラですが、全うしてるところは、エンターテイナーとしてなかなか素晴らしいなと思いました。アイアンフィンガーですか、あれを入れた袋を首から下げてくるところがなんか可愛らしいなと思ってしまいました。あ、でも、別にまた見たいとかではないです。

 

そして、今日のメイン。

鈴木さんがチャンピオンになるのは、嫌だなとは思っていたけれど、見ているうちに、鈴木さんは、やっぱり上手いし、解説がやけにオカダさんばかり褒めたたえるもんだから、鈴木さんが勝ってもいいぐらいの気持ちになりましたね。本当に解説には、頭にくるのよね〜。

お客さん第一主義のオカダってなに?

そうだっけ?それに、オカダさんだけが新日本を背負ってる訳じゃないつーの。もちろん解説は、新日本の意向を受けてのコメントでしょうが、返って盛り下がるから、もう少し方向性を変えようよ、洗脳したいわけでしょうが、観ている方にもそれぞれの感性がありますから。

 

終わってみれば、鈴木軍のほぼ全敗で。呼んどいて、これだけ煽っておいてそれは、ないでしょうって感じ。

鈴木さんも、イケてないお芝居だったけど、オカダさんのチャンピオンロードのために、一役かったのね〜。

なんだかそれも残念。

 

そして、オカダさんのマイクでは、タイガーマスクWとの対戦要求。飯伏さんについては、待望論も拒絶論もあるから、ね。オカダさんから言えば、治まるということなんでしょう。

だって、飯伏さんが新日マットに上がれば、集客は、確実にアップするでしょうからね。

まぁ、新日生え抜きの選手たちのモチベーションは下がるでしょうが。

 

 

 

鈴木軍の今後は、どうなるんでしょうかね。

 

 

くどいようですが、観に行ったときに、ランスアーチャーの水を絶対かけられたくないので。

いざとなったら、トイレ休憩にするっか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

鈴木軍、、、。

うーん、鈴木軍なるものが新日マットに参戦してきましたが、私の初見では、正直勘弁して下さい、かなぁ。

2年ぶりとか、私はその頃のことは知らない。

昨年のjrカップで、何人かの選手を見たり、ワールドで鈴木さんの棚橋戦や内藤戦は、見たことあるけど。そういえば、ユーチューブで鈴木さんがASKAさんとやってるのも見たわ。男性が女性とやるなんてのは、見てられなかったな。なんでもやるんだね、鈴木さんって。それも食うためなの?。マニアから言わせれば、それもプロレスなんでしょう。なんでもありだというんでしょう。はぁーそうなのですか。

すごいですねー。プロレス民って。

鈴木軍の参戦が、一過性のものなら、過ぎるのを待ちますが、続くようなら、私は離れていくかもなぁという気がしています。

だぁってー、鈴木軍、全然カッコ良くないんだもの。イケメンいないし、おやじたちばっかりじゃん。鈴木さんは、変なキャラ設定だし、海賊王に俺はなる、かよー。ヒロムくんとかイービルは若いからこそ、あのキャラも楽しめるけど、おやじのくせにあれはないわー。

昨日の後楽園だって、延々と地味な面々ばかりの登場で、後藤さんが出てきた時にようやく、華を感じましたよ。繰り返すけど、後藤さんに華だよ。

なんか鈴木軍の参戦を喜んでる方々の姿や声も聞こえてきて、往年のおやじファンの、これこそがプロレスじゃーなんて声が聞こえて来そうだけれど。また時代の逆流かい。

新日本プロレスストーリーテラーさん、

ちゃんと時代を見極めながら進んでね。

今、大事なところなんでしょう。

若い子達のL.I.J人気、棚橋さんやオカダさんの女性人気に水を刺すようなことは、即、衰退に繋がると私は思いますよ。

親父は、お金は落とさない、消費の担い手は女性と若者ですよ。ヤジりたいだけの親父共が、

どんだけ、会場の雰囲気悪くしてるか。

新日自ら、そういう親父共に誘い水を出してるんだからね。結果的にそれを多くの方々が喜ぶなら、私には残念なことだけど、新日には結構なことだから構わないけどー。

私は、たぶん引くわね。

WWEでも見ようかしらん。

 

 

 

 

あー、そういえば3月のチケット、リングサイド申し込みしちゃったけどもー、あんな口に含んだ水とかかけられたらたまんないな。

 

 

広告を非表示にする

プロレス大賞 授賞式

今日の授賞式の映像がアガってたので、

早速見ましたが、内藤さん見事だったなと思います。プロレスの見方はさまざまなれど、興行を行うエンタメですから、公の場に出る以上、プロ意識をしっかり持って登壇した内藤さんはまさしく立派なエンターテイナーだと思います。重鎮たちが居並ぶなかで、寝転がって写真を撮っちゃうなんて、本当に、誰もが出来ることじゃありません。L.I.Jの内藤哲也の覚悟の程を、またもや、まざまざと見せられたような気がしております。

発言にしても、きっと多くの方が、その他の受賞者の方々よりも、内藤さんが何を語るのかが、一番気になったのではないかと思いますよ。そして期待を裏切らず、大口発言をしながらも、L.I.Jのメンバー全員の名を口にするところも、やっぱり内藤さん。たとえ、口に出さずとも、メンバーに対して感謝もリスペクトもあるのが伝わってくるという。しかも呼び順も崩さず参加した順に。イービルがちゃんと最初なのが何気に嬉しくてね。なんて言ったって、たった一人のL.I.Jの最初のパレハですから、内藤さんにしても思い入れはあるでしょう。

 

さて、週プロのいろんな記事やなんかを読みますと、今年はSANADAさんあたりが躍進してきそうな勢いですが、、、私的にはそんな早い時期に内藤さんと対戦なんてことになって欲しくないなー。もっともっとあっためて、もったいつけてから大きな舞台でやって欲しいな。 

 

先日のドームで、内藤棚橋のストーリーは完結したと内藤さんの記事にありましたが、棚橋越えの章は、確かに終わったんだと思う。

私、このドームのお二方の試合、大好きでまだまだ毎日のように見てます。この試合の空気感がね、きれいに感じるんです。ギラギラでも殺伐でもネチネチとかでもなく、そこにはお互いのプロレスへのリスペクトと新日愛しかないんじゃないかなって勝手に感じています。

棚橋さんの怒涛の攻めになかなか立ち上がらない内藤さんに、棚橋さんは「立て、内藤。おまえに新日を任すんだからな」と言っているようであり、正面から何度もハイフライフローを受ける内藤さんは「ちゃんと受け取るからな」って答えてるようでもあり、勝手な想像だけれども、そんな会話が聞こえてくるような試合でした。そんなところがプロレスって素敵ですね。

そういう視点からいけば、内藤さんとイービルの昨年の試合も勝手に感動したし、これから描かれていくL.I.Jのメンバーが織りなすドラマがいくつもあるでしょうし。

内藤さんの周りにはそういう背景がけっこうあるような気がしますね。

だから、焦らないでじっくり練り上げていって大きな感動を頂きたいなーなんて思います。

 

 

 

明日からの後楽園が楽しみです。。。

 

 

 

 

 

東京ドーム➁

セミ以外の試合については、さらっと思ったことだけ、記しておきます。

だって内藤さんが出てなかったら、私ドーム行ってませんから。キッパリ。

 

第0試合。エルガン来たんだー。もう来ないのかと思ってたよ。ノートン。久しぶりー。でもお顔も身体もなんだか赤くて、一杯ひっかけて来ちゃったのかしらって感じ。すぐ出されちゃったし。珍しいのは、このお二方ぐらいかしら。

第1試合。両国で見た以上の新鮮さや驚きはなかったな。

第2試合。バレッタが場外へのダイブをした時、ヤングバックスがよけたのよねー。とりあえず飛んだら受け止めるのがお約束なんだろうに、そういうセオリーが破られていくのね。

よけるお約束なんでしょうが、痛過ぎてやめて欲しいな。

第3試合。あれー、L.I.Jが勝っちゃって、良かったんだけど、もしや内藤さんが負けることに?なんてこともよぎりましたね。

第4試合。コーディさん。かっこいい。でも試合のなかでは、特にまだ素晴らしさは感じなかったかな。でも客席へのアピールも堂に入っててベテラン感ありましたね。

第5試合。アダム対オライリー。ここをトイレ休憩と決めていて、行きましたけど、廊下からめちゃこみ。皆考えることは同じようで、トイレも長蛇の列。喫煙所もパンパン。第6試合のコールがかかると、急いで戻っていく人々。

第6試合。ゆっくり戻ったので途中から見ましたが、終盤、タマトンガや真壁さんたち、いい試合して盛り上がってたのよ。そしたら、あっという間に矢野さんが勝ってて。アホくさかったわー。

第7試合。高橋ヒロム対クシダさん。ヒロムくんの毛皮風のコートに目を奪われましたー。

私はクシダさんのプロレススタイルは、好きではなくて腕ばっかり攻めるから、なんだかなーと思っていたら、周りの方も「クシダーしつこいぞー」なんて叫んでましたね。

第8試合。またもや柴田さんの試合になると、不穏な空気が客席に充満するする。後藤さんをヤジる声も出てたし、男共の野獣な感性を刺激するのね。柴田さんは。私は苦手。

後藤さんが哀れに思えてきて、後藤さんを応援したよ。後藤さんが勝って良かったー。

メインイベント。ケニーの入場もかっこ良かったけど、オカダさんの入場は、なんて言ったって、お札が降ってきますから。一生懸命上から落ちてくるお札をつかむことに夢中になっていたら、もう試合が始まってました。やっぱりオカダさんの人気が凄くて、オカダさんを応援する人ばっかりだから、ケニーを思いっきり応援しました。終始、攻めていたのはケニーの方でもしかしてケニーを勝たせるのかってところまでいきましたが、やっぱりオカダさんでしたね。途中、オカダさんがリング下から出した机にケニーが飛ばされましたが、割れた机の断面は、猫の爪研ぎと同じ形状で、近くの方も「あれダンボールじゃね」って言ってましたー。

なかなか決着がつかないので、何度もハラハラして盛り上がりはしましたが、終わってみると

あんな試合して良かったのかなーとかちょっと考えちゃいましたね。手放しで最高とは思ってない感じです。私は。

 

で、楽しかったね〜っていいながら帰途に着きました。全体の長さも感じなかったし、会場はスタンドも上の方までしっかり埋まってたし

私は充分楽しめましたね。

 

 

 

そして翌日の後楽園。ひぇーなにこれー。

 

広告を非表示にする

東京ドーム2017.1.4 ➀

東京ドーム、行ってよかったー。

盛大で華やかで、光が溢れてた。

ちょっと奮発して前から6番目、

花道寄りのお席。

入場シーンがよーく見えました。

 内藤さんの入場、かっこよかったなー。

演出が凄くて、内藤さんのためのセットでしたね。舞台美術さんの傑作だと思います。

 

内藤さんと棚橋さんの試合、いい試合でしたね。奇をてらうことなく、互いの持ち技をしっかり受け合い、いや、受けは内藤さんの方が多めかな。場外のハイフライフロウもしっかり受け止めた。ひとつの試合で、これだけハイフライフロウを受けた方はいないんじゃないかってくらい。それでも内藤さんは新しいムーブを入れてきましたね。

入場の歓声は、お二方とも物凄かったけど、試合中は、私の周囲は固唾をのんで見守ってるようなそんな空気でした。

内藤さんが勝った瞬間は大歓声。そのあとの内藤さんの棚橋さんに対する胸たたきから一礼まで、何とも言えない厳かな空気が流れましたね。

私は、あぁ棚橋さんはこういう道を選んでくれたんだと、こういう目に見える形で後進に道を開けてくれたんだなぁって。まだまだ人気や立場的には、ご自分が勝つ道も選べただろうに、流石、新日愛の棚橋さんだなーと感動致しました。そして、客席の最後までスタンド席にも目を配りポーズをしてくれたという内藤さん。

立つ場は変わったけれど、棚橋さんの系譜を引き継いだのは、やっぱり内藤さんじゃないの。

でも、これで終わりなんかじゃない。棚橋さんはまだまだ新日本の太陽だし、四十路のレスラーの生き様を見せてくれるのが楽しみです。

 

そう、帰ってきて配信を見ましたが、解説の蝶野さんがいいこと言ってなさいます。

2016.4.10の時は、内藤さんを知らない様子でしたが、蝶野さんぐらいになると、見てればすぐにわかるんでしょうね。「棚橋選手は自分が自分がで行くけれど、内藤選手は周りを見て、自分は二の次だね」「内藤選手は、大技を受けすぎだね」とか。プロレスっていうのは、表向きには攻めが讃えられ、受けは語られないのがセオリーなのでしょうが、蝶野さんは、そこもちょこちょこはさんでくるから、好きです。

「受け身がちゃんと出来てる」とか汗の量がどうだとか、そういうことを口に出来るのは、やっぱり一流のレスラーだった所以かな。

是非とも、タイトル戦は蝶野さんの解説でお願いしたいです。。。