読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新たな景色

昨日のIC戦、最高でした。

内藤さんの勝利の瞬間、もう、ただ、ただ、

歓喜ですよ。胸がスカッとして気持ち良かったですね。こんな思いを味あわせてもらえて、本当にありがとうございますって感じです。

 

 

 

 

 

 

さて、語ります。

これまで、プロレスの楽しみ方について、たびたび考えていたのですが、、、。

自分の応援している選手が、負けちゃったり、いいポジションでなかったりすると、なんかイライラしちゃったり、会社に対して腹を立てたりすることがあって、逆にフラストレーションが溜まって。これはプロレス見ない方がいいのかなーなんて思ったりすることもあったりして。

だけど、内藤さんがたびたびマイクで、楽しんでいただけましたでしょうか?って言うの聞くと、そうだ、楽しむために見てるんだよなーって、思うわけですよ。

そんななか、ケニーのインタビューがワールドだったりリターンズであったじゃないですか。

ケニーは、率直にいろいろ語ってくれますよね。自分は、ベストバウト製造機だとか。

そう、私はブックの存在は、もちろんわかっていたけれど、試合内容は対戦者と創り上げるものだってことの意味をようやく理解できたんです。ベストバウトを創るためには、双方が高い技術を持ってなくては、成し得ないことだと。 

だから、ケニー対内藤のG1戦は、あそこまで出来た訳だし、ケニーが内藤との闘いは、いいものになるとわかってたと言ったんだな、と。

なので、最近はそんな風な視点でもプロレスを見るようになったのですが、、、。

昨日の試合は、凄かった。まさにお二方の高い技術があるからこそ、出来た試合でした。

パワーの凄まじいエルガンは、内藤さんをこれでもかという程、投げまくったけれど、内藤さんは受け身の技術でそれをしっかり受けきり、

そのせめぎ合いのなかで、いままで見たことないムーブがいくつかありました。真壁さんが

なんだよ。こいつら、、、。とだいたい言ってるシーンです。そりゃあ、見てるレスラーの方々が誰よりも、その凄さがわかるってものでしょう。内藤さんのトップロープからのミサイルキックをエルガンが足を受け止めパワーボムのようにマットにたたきつけた場面もそのひとつ。偶然なんかじゃなく、二人で呼吸を合わせて行ってるんですよね。受けの内藤さんなんかかなり危ない技ですよ。だから、この二人、実はすごい信頼関係でお互いのリスペクトなくしては出来ないことをしてるんですよね。そうやって細かく見てると、エルガンは実に丁寧に、内藤さんの首や背中をサポートしていて。

危なっかしさのない信頼できるいい外人レスラーだなと思いました。  ケニーは、がむしゃらで一見危なっかしく見えるのだけど、でもあれだけの試合をしてきてるのだから、大丈夫なんでしょう。逆に、最近危ないなと思ってるのは、ジュースロビンソン。トップロープから立ってる相手に向かって飛んで倒す技なんだけど、位置が高すぎて、相手の頭がマットにたたきつけられるんですよね。あれは、まずいんじゃないかなぁと思っています。

話がそれましたが、この試合、ほぼほぼ受け身にまわった内藤さんでしたが、もう不死身の内藤さんへの信頼感がハンパなく、もうダメかなと思った時はほぼなく、私のなかでは安定の勝利でした。

しかし、デスティーノ。いい決め技を得ましたね。疲れた身体で逆上がりは、ちとキツイけど

多少サポートしてもらえるし、説得力もありオシャレでいい技だね。

 

さて、今回の内藤さんのマイクパフォーマンスも見事でした。あの発声と声量とお姿を見ると

本当に立派だなーと思う。某選手とあえて口にしたところも、私はいいなーと思う。それは、特別なことじゃなくて、今の内藤さんなりの某選手様へのリスペクトなんじゃないかなって

思いますよ。名前を彷彿させるだけで、某選手への想いを聞いてる方々に抱かせるんだから。

某選手の偉大な功績を讃えてるのかも知れないね。

 

前記事で書いたように、IWGPのベルトは、戦略上、オカダさんから剝がせそうにないから、

内藤さん、そんなこと言わずにそのベルト保持しててよって私は思ってます。内藤さんがベルトを引きづって歩く姿、カッコ良かったし、ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする