ワールドプロレスリング・リターンズ。

見てたら、なんか腹が立ってきちゃったよ。。。

2014東京ドーム。オカダさん対内藤さん。

 

オカダさんは、今より身体がしまっていて。

そうだね。見るからに強そうだよねん。

 

でも、これはプロレスなんだよ。

ガチで闘ったらどちらが強いかの世界じゃないんだ。プロレスなんだ。どちらが勝ってもいいプロレスなんですよ。

じゃ、プロレスの世界で、どうしたらチャンピオンになれるかと言ったら、会社がそう決めたからってことになるわけで。

私は、オカダさんの凱旋時のことは、知らないので、どうしてその頃、若きチャンピオンが必要だったのか、どういう戦略で、棚橋さん、AJさん、オカダさんの三強時代を続けていたのか、わからないけれど、売上が伸びたってことは、その成果があったということなんでしょう。若きオカダさんは、その資質を高く買われその役割をこなしてきたのでしょう。でも、その裏で報われなかった時代を過ごしていた他の選手の方々がいたことについては、どうなのか。いつだかの週プロの服部さんのコラムには、ナカムラさんがWWEに行ったのもそういう背景があるようなことが書かれていたし、内藤さんや後藤さん、ヨシハシさんあたりだって、もしオカダさんがいなければ、違う時代を過ごしていたのだろうし。

余談ですが、嵐の二宮くんは、たくさんのジュニアの中から自分たちだけが選ばれたことについて、そういうジュニアの気持ちを背負ってやっていくと言っていました。

もちろんオカダさんの心の内は見えないけれど自分は素晴らしいとか自分は大変だとか、そればかりでなく、そういうことに対する気持ちがどこかにそこはかとなく感じることが出来たら、オカダさんのことが好きになれるのになと思います。闘うプロレスラーには無理か。。。

 

 

 

 

 

 

 

私は、社会人として、一応大人として、今の新日本プロレスを見ていますが、チャンピオンになるのは、所謂、出世競争に近いものなんだろうと感じていて、いかに上司に気に入られるかが出世の分かれ道なのは、プロレス界も同じなんだろうと。でも、エンタメにおいては、人気という大きな無視できない座標がありますからね。

 

 

 

 

 

と、いうことで、

今からテツクマの注文にいってこようっと❗️