東京ドーム➁

セミ以外の試合については、さらっと思ったことだけ、記しておきます。

だって内藤さんが出てなかったら、私ドーム行ってませんから。キッパリ。

 

第0試合。エルガン来たんだー。もう来ないのかと思ってたよ。ノートン。久しぶりー。でもお顔も身体もなんだか赤くて、一杯ひっかけて来ちゃったのかしらって感じ。すぐ出されちゃったし。珍しいのは、このお二方ぐらいかしら。

第1試合。両国で見た以上の新鮮さや驚きはなかったな。

第2試合。バレッタが場外へのダイブをした時、ヤングバックスがよけたのよねー。とりあえず飛んだら受け止めるのがお約束なんだろうに、そういうセオリーが破られていくのね。

よけるお約束なんでしょうが、痛過ぎてやめて欲しいな。

第3試合。あれー、L.I.Jが勝っちゃって、良かったんだけど、もしや内藤さんが負けることに?なんてこともよぎりましたね。

第4試合。コーディさん。かっこいい。でも試合のなかでは、特にまだ素晴らしさは感じなかったかな。でも客席へのアピールも堂に入っててベテラン感ありましたね。

第5試合。アダム対オライリー。ここをトイレ休憩と決めていて、行きましたけど、廊下からめちゃこみ。皆考えることは同じようで、トイレも長蛇の列。喫煙所もパンパン。第6試合のコールがかかると、急いで戻っていく人々。

第6試合。ゆっくり戻ったので途中から見ましたが、終盤、タマトンガや真壁さんたち、いい試合して盛り上がってたのよ。そしたら、あっという間に矢野さんが勝ってて。アホくさかったわー。

第7試合。高橋ヒロム対クシダさん。ヒロムくんの毛皮風のコートに目を奪われましたー。

私はクシダさんのプロレススタイルは、好きではなくて腕ばっかり攻めるから、なんだかなーと思っていたら、周りの方も「クシダーしつこいぞー」なんて叫んでましたね。

第8試合。またもや柴田さんの試合になると、不穏な空気が客席に充満するする。後藤さんをヤジる声も出てたし、男共の野獣な感性を刺激するのね。柴田さんは。私は苦手。

後藤さんが哀れに思えてきて、後藤さんを応援したよ。後藤さんが勝って良かったー。

メインイベント。ケニーの入場もかっこ良かったけど、オカダさんの入場は、なんて言ったって、お札が降ってきますから。一生懸命上から落ちてくるお札をつかむことに夢中になっていたら、もう試合が始まってました。やっぱりオカダさんの人気が凄くて、オカダさんを応援する人ばっかりだから、ケニーを思いっきり応援しました。終始、攻めていたのはケニーの方でもしかしてケニーを勝たせるのかってところまでいきましたが、やっぱりオカダさんでしたね。途中、オカダさんがリング下から出した机にケニーが飛ばされましたが、割れた机の断面は、猫の爪研ぎと同じ形状で、近くの方も「あれダンボールじゃね」って言ってましたー。

なかなか決着がつかないので、何度もハラハラして盛り上がりはしましたが、終わってみると

あんな試合して良かったのかなーとかちょっと考えちゃいましたね。手放しで最高とは思ってない感じです。私は。

 

で、楽しかったね〜っていいながら帰途に着きました。全体の長さも感じなかったし、会場はスタンドも上の方までしっかり埋まってたし

私は充分楽しめましたね。

 

 

 

そして翌日の後楽園。ひぇーなにこれー。