読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道。。。

昨日の試合、ワールドで見ました。

L.I.Jと本隊の試合を観てると、いつも感動しちゃうのは、L.I.Jの面々は、本当に献身的な試合をするなぁってところ。勝ち試合でも負け試合でも、相手チームの見せ場をしっかりつくって、ハードな受けを担ってる。解説では、決して触れられない、決して褒められもしない受けの美学だけれど、私は、いつも凄いなぁって思ってます。

 

さて、VS鈴木軍の試合のなかで印象的だったのは、飯塚さん。この方の若かりし、かっこ良かった頃を見ていましたが、今はその名残もありませんね。なんとも奇妙なキャラですが、全うしてるところは、エンターテイナーとしてなかなか素晴らしいなと思いました。アイアンフィンガーですか、あれを入れた袋を首から下げてくるところがなんか可愛らしいなと思ってしまいました。あ、でも、別にまた見たいとかではないです。

 

そして、今日のメイン。

鈴木さんがチャンピオンになるのは、嫌だなとは思っていたけれど、見ているうちに、鈴木さんは、やっぱり上手いし、解説がやけにオカダさんばかり褒めたたえるもんだから、鈴木さんが勝ってもいいぐらいの気持ちになりましたね。本当に解説には、頭にくるのよね〜。

お客さん第一主義のオカダってなに?

そうだっけ?それに、オカダさんだけが新日本を背負ってる訳じゃないつーの。もちろん解説は、新日本の意向を受けてのコメントでしょうが、返って盛り下がるから、もう少し方向性を変えようよ、洗脳したいわけでしょうが、観ている方にもそれぞれの感性がありますから。

 

終わってみれば、鈴木軍のほぼ全敗で。呼んどいて、これだけ煽っておいてそれは、ないでしょうって感じ。

鈴木さんも、イケてないお芝居だったけど、オカダさんのチャンピオンロードのために、一役かったのね〜。

なんだかそれも残念。

 

そして、オカダさんのマイクでは、タイガーマスクWとの対戦要求。飯伏さんについては、待望論も拒絶論もあるから、ね。オカダさんから言えば、治まるということなんでしょう。

だって、飯伏さんが新日マットに上がれば、集客は、確実にアップするでしょうからね。

まぁ、新日生え抜きの選手たちのモチベーションは下がるでしょうが。

 

 

 

鈴木軍の今後は、どうなるんでしょうかね。

 

 

くどいようですが、観に行ったときに、ランスアーチャーの水を絶対かけられたくないので。

いざとなったら、トイレ休憩にするっか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする