うーん。うーん。

なーんか、いろいろ考えてるんだけど、

どうにも、まとまらなくてね。

 

選手のケガのについてのもろもろ。

木谷オーナーの海外戦略についてのもろもろ。

内藤選手のベルトの扱いについてのもろもろ。

 

それぞれ、選手やらファンの方やらの感想なんかは、いろいろ目にしたけれど、どれもしっくりくるようなものはなく。かと言って、プオタ初心者の私が、どうこう言える程の蓄積が何も無く、ただモヤモヤを感じているだけの状態。

 

まぁ、稚拙だと笑われてもいいから、吐き出しちゃおうかな。

まぁ、内藤ファンの私としての一番の関心ごとは、内藤選手の立場なわけで。

ベルトを蹴り出した時にも、批判は続出でしたが、今度は、この叩きつけるという行為に対して、またまた大紛糾。

棚橋選手とタイトルマッチをやるテーマとして、ベルトの扱いが争点とされて、ライガーさんがあそこまで言ったんだろうに、当の棚橋選手が休場とは、何とも間の悪いことになってしまって。前哨戦もあったもんじゃない。かと、言って、大阪に向けて何もしないでいいと考える内藤選手ではないからこその行為であろうと思ってはいますが。私は、驚きこそすれ、全然大丈夫。あら、壊れちゃったのとは、思うけど

「ひどいわー、許せない」なーんてことはちっとも思わない。

そんなことより、スリーパーきめた時の「落とせ」コールをする人間の方が恐ろしいわよ。

プロレスの世界に、物を大切になんて言う価値観あるわけ?先人たちの想いが詰まった?新日本辞めてったんだよ。いつまで中邑さん中邑さん言ってんの?彼はもう新しい世界で光り輝いてて、そんなことに悲しんでる訳もない、たぶん、よくやるなーって笑ってるよ。

私は、そう思ってるけど、内藤選手を批判する声を見たり聞いたりすると、それでもなんだか心が痛いんだ。なかには、すげー嫌なやつもいるしね。

まぁ、制御不能って言っても、やっぱりヒール認定な訳でしょう、ヒールファンの宿命なんだろうけど、そこがちとつらいわ。。。

ファンやめようとは、一切思いませんが。

そして、ヒール認定故に、こういう形でしか、発信出来ないことが何とも歯がゆいというか。

内藤選手だったら、喜んでサイン会も引き受けてくれたでしょうに。

 

 

ただねー、これが全部仕組まれたことならば、安心なのだけれど、ふと、橋本真也選手のことが頭をよぎるのよ。金沢さんの本を読んで、真相を知ったとき、衝撃的だったからね。状況は全然違うけれど、おかしなことになったら嫌だな、というね。杞憂であればいいんだけど。

 

そして、私が思うに、内藤選手は、常に会場を満員にしたいと思っていて、そのために行動しているのに、それに乗ってこない選手たちに対してもどかしい思いでしょうね。棚橋さんの志を一番引き継いでるのは、内藤さんですよ。

私は、もう何度も棚橋さんの本を読んで確認しているけれど、棚橋さんの言っていることを、試合でも、宣伝でもちゃんと実践してますよ。棚橋さんがプロレスを盛り返そうとする姿を、共に同じ想いで見つめていたヤングライオンだった内藤選手。

今、ようやく自分がその位置に立って、あの頃の想いのまま、今の立ち位置で出来ることを、最大限、頑張ってるんだと思う。

知り合いじゃないから、本当のところは、わからないよ。でも、そう信じれるところが、この内藤選手のこれまでの姿であり、醸し出される人間性なんだろうと思う。

大丈夫。ちゃんと、応援して行くよ。