哀のあとには怒

一日たって哀しみはおさまってきたので

ワールドで内藤棚橋戦を見ました。

  

はじめに英語の解説で見て(全く英語わかりません)じっくり見れたので、怖いもの見たさにかられて、日本語解説を見ました。

 

やっぱり解説の存在っていうのは大きいですね。すーぐ怒りが湧いてきましたから。

ライガーさんは、はなから論外ですが、

ゲストにいらした赤星さん?ですか。

この方も勧善のススメを説く、ヒールのためにならないライガー組増強版でした。

「大阪のファンは、まだ内藤哲也を認めていない」ですって。

確かにブーイングもあったし歓声も他よりは少なかったよ。大阪。

大阪人の感性だけは理解しがたいよ。

会社の席の隣人が大阪人で、尋ねてみると

阪神タイガースに対しては80過ぎのおかんまで文句いうからなって言ってたわ。

そして関東人は、関西人のこと嫌いなんでしょう?って聞かれたけど、内藤選手に対するブーイングを知ってから、大嫌いになりましたよ。

それまで、思ったこともなかったけどね。

そしてその方の高校生の娘さんが東京に来られた時に「東京の男はきどっててなんやの」と言っていたらしく、、、それ聞いて、あー内藤選手は足立区だしなと思いましたよ。

田舎者でないという点において、なにか鼻につくモノがあるのかも知れないですね。東京からすると、やっぱり地方の方はすぐわかりますからね。

まぁ、そんな理由もあるんだかないのだか。

でも、もう今の内藤選手にとったらブーイングなんてどうでもいいのでしょう。好きにやってたらよし。なんなら、大阪出なくていいんじゃないの。休養も必要なんだから、内藤選手は

大阪はお休みで。。。それぐらい関東人にとってブーイングって身近でないものなんですよ。

 

なーんて、八つ当たりしちゃったかな。

嫌な思いの方、すみません。

 

棚橋さんに対しては、特にないかな。

だって新日本プロレスを救ったエースの人気が

一番なのはちゃんと知ってるから。

新日本ファンの方々がベルトをそんなに大事だと思っていたのには驚いた。

理由なきベルト至上主義ね。

内藤ファンだと言ってた方々が、これでまた手のひら返しされてましたからね。

物より想い出。物より気持ちが大切だと思いますけどね。さようならー。

 

はぁー、内藤選手自ら進んで種を撒き散らしたとは言え、悪者扱いされるのは当分勘弁して頂きたいところ。

そしてロスインゴファンよりたちの悪い内藤アンチたちをしばらく喜ばせてあげなくても

いいんじゃないかしら。

内藤選手って村上春樹タイプだわね。

わざわざ本を買ってまで読んで文句をつける

ルキアンチと内藤アンチは似てるわね。

 

USベルトのトーナメントにエントリーされちゃうなんて、なかなか笑えるけれど、

別に新日本プロレスの一員として会社の行事に参加すればいいんじゃないかしら。

どの道、優勝はないでしょうから。

たまには、さらっと流していいんじゃないかしらね。アンチを喜ばしてあげることないって。

 

 

 

 

ちなみに大阪大会で一番気持ちが躍ったのは、

BUSHIくんの毒霧ね。カメラさん、しっかり抜いてよ〜。ヨシハシ祭りもウケマシタ。

ミーハーだけど、サプライズはそれだけでしたからねー。

 

大阪大会については、完結。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする