USA大会を見て。。。

正直な感想を。

一番興味深かったのは、ビリーガン選手、codyさんにブーイングがされていたこと。

集客のために呼んだんだとばかり思っていましたが、WWEアンチ層がいるんだとか。

これは、会社の読み通りの展開なんですかね。

codyさんのブーイングに対するリアクションもいちいち面白くて、苛立っているようにも見えたし、ビリーガンさんは戸惑っているようにも見えましたが、実際のところはどうなんでしょう⁈

トーナメントの結果は、概ね予想通り。

ケニーは、石井選手をいたく気に入っていたから、決勝戦はそのお二方だろうなと。

本当に、ケニーは凄い。誰よりも凄いと思う。

私的には、最後の攻防が長過ぎて、見てて疲れちゃうから気合は入れずに眺めてることにしてるんだけど。ケニーが勝つだろうと思ってはいても、まさか石井さんがーと思わせるシーンもしっかり作って。そして誰よりもハードバンプ。その上、ドラマ性にも長け、マイクやコメントのエンタメ力も備えてる。

見るたびに、ケニーが一番だと確信してる。

あまり、言いたくはないけど。。。

実は、今日の壮絶な石井戦見てて、内藤さんが上がらなくて良かった(負け試合なのに)なんてことを思ってしまいました。ケニーの相手をするのは本当に大変そう。もちろんケニーは美味しいとこどりだけをするような試合はしないから、石井さんの株は更に上がったとは思うし、対戦相手の安全もしっかりしてくれてるんだろうとは思うけど。。。ここまでやらなきゃいけない試合は、なかなかないでしょう。ハードル上げ過ぎちゃって、長い目で見たら、プロレス界にとっては、マイナスにならなきゃいいけどなーなんて思っちゃいました。

ケニーがUSベルトをとったことで、ふと思いましたが、ベルトの価値云々というよりも、どんなベルトでも、持っていることがスターの証なんだと。ケニーのためにUSベルトが作られたなら、IWGPのベルトをとることよりも、それはそれで名誉なことなんじゃないかなとも思いましたね。既存のICのベルトを充てがわれた内藤さんとは、違う意味でね。お国も違うわけだし、活かせる道はありそうですよね。

でも、この海外戦略。ケニーとヤングバックス人気にあやかっての勝算しかないような。

そういう意味でも、ケニーは台風のめですね。

相互利用ならまだいいけれど、こと海外においては、いずれケニー依存症に陥りそうな展開になる気がします。。。それによって国内事情も変わってくるだろうし、今の生え抜きレスラーたちの運命すらケニーが変えてしまってるのかもしれないなと。。。

 

 

 

そして、内藤ファンの私的感想はというと。。

うーん。一度も勝たせないってどういう訳よ!

と誰かさんをどやしつけたい気持ちもありつつ。。。けっこう内藤さんへの歓声も上がっていたので、まずまずかなぁとも思いつつ。。

実は、けっこうどろどろしてたりもしますが。

語るまい。語るまい。と自制しております。

 

 

 

まぁ、以前にもこのタイトルをつけた記事がありますが、この大会の締めくくりとしては

「やっぱりケニーオメガ、恐るべし」

に尽きますね。