G1に向けて

もうすぐ開幕。

その前に今の気持ちを。

いろんな媒体で、各選手がさまざまな発信をしていますが、やっぱり最大の関心を集めているのは、ケニーと飯伏さんのラブストーリーですよね。numberの岡本記者の記述は、誰もが心震えちゃう感動物語だったし、週プロの見出し「決勝で飯伏を待つ」もインパクト特大。でもこちらの記事は流石にメロドラマ仕立てにはせず、幾分シンプルに書かれていました。

私は、これまで本当に何度も書いていると思うのだけど「ケニーオメガ、恐るべし」ですよ。

ケニーは本当に頭がいい、もしかしたら良すぎちゃうかも。

もちろん飯伏さんへの気持ちに嘘偽りはないと思う。前から言ってたことでもあるし。

でも、ケニーは、本当に日本のプロレス、日本人を研究していて、日本のプロレスファンがいかに流れやドラマが大好きかということまで、熟知しているのが見えるんだよね。

それをあざとく感じてしまった時点で、私のケニーへの気持ちは醒めてしまった。。。

ケニーの計算ずくのプロレスにも、興味は薄れてきた。。。ドーム以前、ドーム以後と明らかに変わってしまったケニーの試合、G1でどう展開していくのか、そこはひとつの見ものだとは思っているよ。わざとらしくなく負けることが出来るのか、ね。オカダさんにしても。

勝ちっぱなしのプロレスなんてありえないでしょ。丸め込まれるのか、引き分けか、ケガしたふりでもするのか。。。

ケニーとオカダさんのこれまでの試合は、素晴らしいんだろうけど、何かを壊してしまったような、全レスラーの首を締めてしまったような、そういう気がしています。

 

そして。

もちろん、私の願いは、内藤選手の優勝。

ここは、ベタと言われようがゴリ推しと言われようが、昨今の溜まりに溜まった鬱憤をはらさせてもらわないと‼︎という気持ちでいっぱい。

これだけのファンの後押しを会社は、無下に出きるの⁉︎

開幕戦の飯伏さん。人気も実力も申し分ないことは、わかってはいるけれど。そして、飯伏さんの勝ちフラグが立っているらしいけれど、

ここで内藤選手を負けさせたら、私、激怒なのか、泣いちゃうか、だなー。会社への不信感が爆発してしまいそうだよ。

 

 

 

 

ここ数日、橋本真也さんの命日にちなんで、闘魂三銃士や金沢さんの本を読み返していたのだけど。橋本ー小川戦がドームのメインで組まれるなか、巡業でメインを張っていたのはnwo軍だったとか、当時の所属レスラーの気持ちに触れていると、なおさら、スポット参戦の方がいい思いばかりするのは、嫌だなとも思えるし。

生え抜きと外様の使われ方であったり。

内藤選手が言っていることは、わかるよね。

裕二郎が出た方がいいとか、US大会も外人選手ばかりでなく、普段の新日本を見せるべきだとか。そういう純粋な思いや新日本プロレスのプライドと、興行収益を上げるための戦略とは、一致しないワケで。ビジネスが優先されすぎると、群がるファンもいれば、離れるファンも出てくるわで。

 

まぁ、とにかく私が言いたいのは、飯伏選手より内藤選手を大事にしろよな、ということです。