G1 両国 優勝決定戦

2017  G1  内藤哲也選手  

優勝おめでとうございます㊗️

 

一日経ちましたが、なんかね、まだ言葉に

ならないんですよね。

 

 

2階席前方からの観戦。

 

内藤さんのスターダストが流れると、

下からも横からも、グワーッと内藤コールが

上がってきて、凄い空間でした。

姿は見えなかったけど、一階にいる赤い方も、

たぶん内藤コールで、でも全然それだけじゃなく、あちらこちらで、力強い内藤コールが巻き起こって、あーこんなにたくさんの方々が

内藤さんを応援してるんだと、心強く感じました。

ワールドも見ましたが、あの何倍もの迫力のある内藤コールでしたね。

一方、ケニーファンも多くいらっしゃいました。バレットクラブのタオルを掲げた方も、

あちこちにたくさんいたし。

何といっても、G1の決勝であり、

内藤さんとケニーは、何の因縁もないから、対立するファン同士も、割と気持ちが綺麗なんですね。

ケニーの入場にも手拍子が鳴り響くしね。

まぁ、いつでも、例外の方はいるんだけどね。

ただ、今回だけは、内藤ファンの想いが

より切実であり、強かったんだと思う。

昨年は、ケニーが優勝したんだしね。

 

試合が始まっても、なんだか緊張しちゃってね、息を詰めながら見ていて。

なんといっても、あのケニーとの対戦なんだから、壮絶になることは、わかってる訳で。

言葉にするのは怖いから、誰にも言わないし、考えないようにするけれど、悲しいことが起きないようにとか、頭をよぎっちゃうし。

あのトップローブにケニーと内藤さんが上がったときは、誰もが息をのんだし、私は凍っちゃったよ。

そして、まさかのスターダスト。

ええーっ、うそーっ。

で、自爆で、またうそーって。

序盤、中盤は、ケニーの方が身体を張ってる印象でしたが、終盤に近づくにつれ、ケニーの

猛攻で膝が何発も入って。あのVトリガーっていうのは、どれほどなんでしょうかね。。。

まさか、ケニーの優勝なの?って2回ぐらいは

不安になったけれど、ディスティーノが決まって3カウント入った時に、私のなかで何かが

スカーンと弾けました。

会場の歓声も、もの凄かったです。

ケニーにも惜しみない拍手が。

 

そして表彰式。蝶野さんがちゃんとグータッチをしてくれたのも良かったよ。

そして、インタビュー形式かと思ったら、

内藤さんがいつものようにマイクを始めたから

ちょっと驚き、でも内藤さんが立派に挨拶している姿に見とれ、まさかの「主役は俺だ」

に撃ち抜かれ、デ、ハボン!!

メンバーとのグータッチも良かったけど、

私が何よりも嬉しかったのは、

内藤さんがコーナーに立って、ポーズを決めてくれたこと。ロスインゴになってからは、

そういう姿は、しなくなってしまったからね。

それは、捨ててしまったものなのかと、思っていたけれど、そうじゃなかったんだね。

内藤さんは、ご自身の過去も置き去りにしないで、その身の内にしっかり抱えて持ってたんだね。そういうのって、凄いよ。

あぁ、だから、こんなにも人を魅了させることができたんだなって、しみじみ感じたよ。

2年前の覚悟が如何程のものなのか、改めて

感じるし、もともと精神的に強い男だったのか、強くなったのか、いずれにしても、

どえりゃー男になりなさった。

ここまで、内藤哲也というレスラーの物語を

完成させるとは、思わなかった。

 

かつて、内藤さんに浴びせられた悪意も、

これだけの歓声に包まれて、浄化されたかな。

私は、内藤さんのファンになってから、

もう二度と、この人を悲しませたくないなって 

ずっと思ってたし、そういう奴らが憎かった。

アンチは、なかなかしぶといけれど。。。

でも、大会後、アンチだった方が、内藤の姿に涙が出た。。。なんていう素敵なツイートもありましたよ。

 

だから、もう辛かった日々は、心の奥の方に

押し込んで、思うがままに、進んで下さい。

 

 

 

 

 

 

待ち侘びたけど、これで、これまでの内藤ファンのもやもやや、鬱憤も、吹き飛んだな。

また、ドームに向けて応援しようっと!