雑記

新しいシリーズも始まり、両国に向けての
前哨戦が繰り広げられておりますが、
そのなかでの、内藤選手と石井選手の舌戦に
ついて、感じたことをー。


まずはじめに、私は、もうどっぷり内藤選手の
ファンなので、身内贔屓、猫可愛がり、親バカ…のように溺愛しており、理性的かつ公平な感覚は既に失われているものと思われます。
なので、これより、非常に独断、偏見に満ち満ちることをお断りしておきます。



そう、一番に言いたいのは、石井選手は
余計なことを言うなってことです。

「客に人気があっても、おれらレスラーには
響かない」
そして、東スポですよ。タイトルが
「レスラー仲間に人気がない」

響かないに関しては、プロレス感の違いということで、片付けられないこともないですが、
響かない時点で、プロレスラーとしてどうなのという資質が問はれていると思いましたね。
今のヤングライオンたちのコメントの方が、よほど熱くプロレスラーらしいわ。なんなら、ヤングライオンが立候補しちゃったら?

そして、東スポのタイトルね。これは、本当に石井さんの口から出た言葉なのか、定かではないですが、東スポも、何を思って、こんなこと書いたのか、疑問ですね。見方によっては、両選手を貶めてることになって、一体、誰得なのか?考えちゃいますけど。穿った見方をすれば、内藤人気が下がって、特をしそうなのは、オカダさんかしら?そうなると、これを書くように仕向けたのは、さしづめ邪道あたりかしらねん⁉︎なーんて、勘ぐってしまいそう。。。

というのも、私もかねてから、うすうす感じていたから。。。ここからは、全く根拠のない私の妄想だと思って下さいねん。
企業にお勤めしたことがあるのなら、いやどこの世界にも共通した利害を伴う人間関係を鑑みれば、それはおのずと新日本にも通じているわけで。前々から、新日本のブックメイカーは、外道さんだと言われていますが、先日のニュージーランドのトライアウトには、外道さんと共に邪道さんも行かれたと。実質、新日本のリング上の実権を握っているのが、このお二人なのは、ほぼ確定と見てよろしいのでしょうかね。
私は、直近のことで言えば、邪道さんと矢野さんがノアから引き揚げてきたあたりから、微妙に、新日本のマッチメイクに変化を感じだし、
それが、私のなかで決めとなったのは、G1 直後の邪道さんの呟き、「オカダがMVP」ね。
まぁ、内藤アンチがこぞって賛同してましたけど。もう少し、日を置いてだったり、何かのインタビューでとかなら、まだ解りますが、おわってすぐでしたからね。驚きましたよ。新日本、大丈夫?って。ビジネス的に考えれば、ここは内藤さんを持ち上げておくのが、会社としての役目であろうに、よりにも寄って中枢にいるであろう人間が、その価値を下げにかかるとはね。
結局、chaosは、オカダさんがいるからこそのみの価値であり、そのオカダさんという特権を享受、利用して、社内での覇権を握っている。だから、常にオカダさんが一番でないと困るという算段で動いているようにしか見えない。
上半期のオカダさんの扱いは、スゴかったですよね。何がなんでも、今年のプロレス大賞はオカダさんに取らせるぞの勢いを感じましたよ。
海外のレスラーランクの発表で、一位がオカダさんでしたね。その海外の声のなかに、誰よりも強いブックを持っているからという声がありましたが、妙に納得しちゃいましたね。私自身としては、今はオカダさんに対して、何も文句のつけようもないくらいに思っていますが、
周りの人間の思惑が見え隠れしているのが、実に不快ですよ。そして、それが内藤さんに影響を及ぼしているようで、不満ですね。流石にこの内藤人気には、抗えなかったようではあるけれど、それに、少しでも翳りが見えたら、即座に、引き摺り落とそうとするように思えてならない。
この石井さんの発言から、想像するに、まぁ大方chaosの内輪で、内藤批判、内藤否定論あたりが日夜の飲みの席で繰り広げられてるんでしょうね。そんな方々には、何故、内藤さんがここまで人気が出たかは理解できないでしょう。
私は、今なら内藤哲也のここが好きなんだとはっきり言えるけど、わざわざ、親切に言葉にして教えてあげたりはしませんよ。そうね、敢えて言うなら、そういうレスラーに人気がないところが、内藤人気に繋がっているとも言えるかも。。。今や、ただの飲み会集団と化したように見えるchaosに何の主張があるのか。さっさと改変に取り組んだ方がよろしいのでは?