両国に向けて。。。

ようやく明日10.9の両国大会。
と、言っても、私は今回は行かないんです。。。

私の内では、オカダさんがメインの大会という認識で、だったら行かなくていいかなーと思っていたんですが、、、なんだかいろいろ読んでるとL.I.Jの大会のようにも書かれていて、あれそうなの⁉︎だったら行った方が良かったかしら?とも思いましたが、、、他に予定も入れちゃったし、どうせ、締めはオカダさんでしょっていうね。。。
なーんか、某アンチ内藤オカダファンの方が、メインの集客数を使って、オカダさんを誇っていて、今までその数に入れられちゃってたかと思うと、妙に悔しくなっちゃって。。。まぁ、それだけが理由では、ありませんが。。。


今回の内藤石井戦も、そこまで盛り上がらず。
それは、ひとえに石井さんの煽り甲斐のなさに依るものと思われ、余計なこと言ってないで、
嘘でもいいから、「俺がドームのメインに立ってやるよ」とか言えないもんですかね。
言えないか。。。生え抜きじゃないしね。
でも師匠だという天龍さんや長州さんだって
マイクを握ってたわけだし、そこまで寡黙にこだわらなくても。だって無口な人って、見てる方にとったら何にも面白くないんだものー。
ジュースみたいに、やたらコメントが長いのも困るけどー。
今日の記者会見も、石井さんはほとんど喋らずでしたねー。それって相手頼み、相手任せってことでしょ、どんな職業だってそれじゃ通りません。あれだけの観衆を集めて、誰も盛り上げようともせず、喋らずだったらどーするの⁉︎
もう、この時点で負けてもらうしかないってことなのよ。
明日の内藤石井戦。きっと内藤さんは、めためたにやられるんだろうなー。石井さんが勝つのではと思わせるくらいにね。内藤さんのやられっぷりも見事だし、横向きに倒れている姿も、妙に色気があったりして、好きなのだけど。
内藤さんはなー、場外で鉄柵にふられても、勢いを止めるどころか加速して突っ込んでいくんだもんなー。蝶野さんのいうところの「自分は二の次」。また、そういうところに、心打たれちゃうんだけど、心配でもあるのだ、、、あんまりやり過ぎないでね、石井さん。



そして、EVILvsオカダ戦。
いやー、EVILの躍進ぶりは目を見張るばかり。
IWGPへの挑戦でも、ゴリ推しだなんて声はどこにも見当たらない。皆さんに、その実力がしっかり認められていてすごいよね。
前に、棚様と対戦した時は、まだスタミナ不足が感じられたけれど、それももう大丈夫のようだし。何より振り切ってるところが頼もしいし、流石ロスインゴというくらい、やられっぷりも魅せてくれる。凱旋2年で、両国のメインに立つなんて、なんて素敵なプロレス人生。
明日は、思いっきり、やりきってね!









でもやっぱり、両国大会は、予想通りの結果になるんじゃないかと思ってますが、それを願ってもいます。通過点ですかね。EVILに勝って欲しい気持ちもあるけれど、まだ時期尚早な気もするし、内藤さんがIWGPをとって、その内藤さんにEVILが挑戦して欲しいな、だっていつかは、EVILが内藤さんを越えていくんだろうし。いろんなドラマの下地をしっかり作って欲しい。内藤さんと棚橋さんがたくさん闘ってドラマを紡いできたように。なかなかあてないのも作戦ではあるけれど、何回も闘いながらドラマを作っていくのも必要なのかなと思います。