散った。。。

1.4  東京ドームのメインの感想だけを

ここに残しておこうと思います。

 

内藤さんが負けた瞬間に、新日本プロレスへのものすごい怒りが、身体中を充満した。

身体の外へ、その怒りが飛び出さないように黙りこむしかなかった。

 

なんでよ。どうしてここで内藤さんを勝たしてくれないのよ。

どうして、いつも内藤さんにこんな想いばかりさせるのよ。

そんなに、オカダだけが大事なの。

内藤ファンには、いい思いは、させないつもりなの。

もう二度とプロレスなんて、見にこない。

 

終わった直後の、私のなかを駆け巡った正直な気持ちです。帰宅しても、その怒りは収まらず、翌日から仕事なのに、眠ることも出来ず。

気持ちもつらいわ、身体もつらいという金曜日、土曜日(仕事)を過ごし。

あれから、今日で4日かー。友達と食事にも行ったし、昨日はBZのLIVEも行ってきた。

そして、あれから始めてのゆっくりしてるこの時間。ワールドであの試合を見ようかなと思ったけど、やっぱりまだやめておこう。

まだまだ、冷静にみれる自信もない。

怒りは、パワーを生み出すこともあるが、とっても精神を疲れさせるものでもある。

思いは、思考することによって変化していくものだから、あれから、日々を過ごしながらも、

いろんなことを考えています。

内藤さんに勝たせない新日本の真意はどこにあるのか。そんなの、いくら考えても、わかるわけないや。

 

プロレスは、あんまり一人のレスラーに入れ込みすぎるのは、危険な行為なんだなーと思ったよ。他のスポーツみたいに、頑張って負けたんだからしょうがない、次に頑張ればいい、なんて、心から思えないもん。

内藤さんのことは、まだ応援し続けるけれど、

観戦には、いかないかな。しばらくは、なのか、もう、なのかはわからないけど。

今回、ドームでハポン出来るものと、決め込んでて、負ける心の準備をなんにもしてなかったから、衝撃が凄すぎて、本当に痛かった。

プロレスは、見たいものを見せてくれるものでもなく、スポーツのように負けてもさっぱり出来るものでもない。確かにこんなジャンルは

なかなかないね。それをしっかり踏まえておかないと、楽しめないものなのですね。。。