ようやく平常心。

ドームの敗戦の怒りや気落ちが、ようやく薄まり、ほぼほぼ平常心でプロレスが見れるようになりました。

1.4から、いろんな方の呟きやブログを拝見しましたが、結局、内藤ファンは、夢の持ち越し。

まぁ、また一年、気長に応援していきますか、

といった感に落ち着いた気が致します。

内藤アンチの方々には、絶対わからないでしょうが、私が思う内藤さんの最大の魅力は、その人間性にあり、そうそうひっくり返るものではないんですよ。

 

さて、楽しかったファンマニも終わり、

昨日から北海道開幕でしたね。

ワールド観戦しましたが、

やっぱりメインの棚橋鈴木戦には

驚きましたね。

鈴木さんっていうのは、どういった存在なんでしょうね。ヒールホールドっていうのは、危険らしいけれど、プロレスでやるヒールホールドは、どの程度なんですかね。破壊はしないけど痛みがもの凄いレベルなんでしょうか。。。

絞め技の加減について、プロレスをみるうえで、是非とも知りたいです。誰か、教えて下さーい。

 

勝敗でいえば、双方のファンにあれだけの想いをさせて、内藤さんからとったICのベルトだけに、もうずっと棚橋さんが持っていたらいいんじゃないかと思っていましたが、やっぱりそこは、勝ったり負けたりするのがプロレスですもんね。それが当たり前でしたね。でも、本当に鈴木さんって役得なのかなんなのか、不思議なポジションですね。私は特に好き嫌いもありませんが、鈴木さんのプロレスは、相手になる選手が可哀想だなぁと思ってますね。

鈴木さんの強さなのか技量なのかしたたかさなのか。負け試合であっても、自分の強さのアピールだけは一際なんだよね。だからこそ、フリーでやってこれたんだろうけど、相手に特はないよなって思う。

今のプロレスって、強さだけが讃えられるものじゃないよね。むしろ、本当に強いかどうかは関係ない。勝敗は決まっているのだから。

オールドファンはそこへの拘りが強そうだけど、私はむしろ受けの美学に魅せられているからな。

ドームでの後藤戦。途中から、これはもう後藤さんが勝たなきゃダメだと思いました。あまりにも、やられすぎていたから。こんなにされて、これで負け試合だったら、後藤さんはおしまいだと思ったから、勝ってホッとしました。

 

そして、私のメイン。

内藤ヒロム組vsオスプヨシハシ

決着は、ああいう形にするしかないよねって

感じ。この4人じゃ。もう前に内藤さんがオスプからとったし、ヨシハシがヒロムからとるのもなんか違うし、卑怯もなにもこれしか道はなし。

内藤さんがベルトに絡まないと、メインになることが少なくなるけれど、メインじゃなくても今日みたいに見せてくれたら、満足度は上がりますよね。この二人が並ぶとほっこりします。

 

風邪気味だから、今日も家でゆっくりワールド観戦を楽しみます。