大阪ー。ワールド観戦。

L.I.Jvs  chaos    5番勝負。

試合の感想を。

 

1   BUSHIvs外道

  これは、ねぇ、BUSHIが勝つしかないよね。

負ける予想なんてはなからしてないし。盛り上げるために、ハサミを持ってくるとか、そういう気持ちが良かったよ。

2  内藤さんvsヨシハシさん

   優しい内藤さんのことだから、もしかしてヨシハシさんが勝っちゃうかもと思ったりもしてたけど、前哨戦見ていて、このヨシハシさんには負けて欲しくないなって思っていたので、圧勝で良かった。ヨシハシさんのことはchaosで何とかして下さい。

3   ヒロムvsオスプレイ

   これは、ヒロムが勝つと予想してたので、意外でした。オスプレイの動きは見事で、チャンピオンに相応しいとは思うのだけど、ここまでヒロムをチャンピオンにしないってのは、どういう意図なのかなって考えてたら、オカダさんが旗揚げ興行で、オスプレイ戦とな。ヒロムがオカダさんとやりたかったのかはわからないけど、今やってもオカダさんが勝つしかないならば、わざわざ負け戦に借り出されることもないかと。そもそも、ヒロムが内藤さんとやりたいって言ってたことを、chaosがやるって横取りかよって言いたくもある。

4   EVILvs後藤さん

   ヒロムが負けたので、じゃーEVILは勝つかしらと思ったら負け。力勝負のどちらが勝ってもいい試合になっていたけれど、面白いのは、いつもL.I.J。数珠を持ちだしたところが見どころ。やっぱり後藤さんは先輩なワケだし、まだ負けるわけにはいかないのねー。

5   SANADAvsオカダさん

   これはねー、私はオカダさんが勝つのだろうと思っていたけれど、意外にSANADAさんへの期待値も高くなり、盛り上がってきてたので、もしかしてとも思ったり。SANADAさんは、これまでのなかで一番いい試合だったように思う。スタミナもあったし、技も多彩だ。でも、だからと言って、ケニーも内藤さんにも取らせなかったベルトをまだSANADAさんが取れるとは思えない。オカダさんが素晴らしいのは、理解しているけれど、もうちゃっちゃと12回位防衛しちゃってよって言うのが正直な感想。プロレスは、勝ったり負けたりするから面白いのであり、また次があるさと思えるから悔しさをも楽しめるんじゃないのかな。オカダさんばかりが勝っていたら、面白くない人がいて当然だよ。

  終わってみれば、タイトル戦は、L.I.Jの全敗。これは、どこで返してもらえるんでしょうかねー。どうしてこうもchaosが主流なのか、

そこについて納得のいく答えが欲しいな。

 

   今日もオカダさんへの野次がL.I.Jファンだなんだと揉めていたけれど、これでは因縁が深まるばかりで、ちょっとな。

   先日のタカタイチ興行の内藤さんvsタイチさんや、内藤さんvs棚橋さんなど、気持ちが通じてる選手同士の対戦は、敵味方に分かれていてもどこか微笑ましく、暖かい空気になるような気がするけれど、内藤さんとオカダさんは、何だか気持ちが離れすぎてしまったようにも感じたり。それはファン同士にもいえるのかなと。

  どんぐりの背比べと言われようが、勝ったり負けたりするぐらいが楽しめてちょうどいいのかなとも。

   今、またフィンレーやジュースが、先を行ったジェイホワイトと闘っているけれど、やっぱり切ないね。差が開けば開くほど、それが双方にとって、感情的につらくもなりえるからね。誰かさんたちみたいに。

   昔の本を読んだけど、長州力は敢えて闘魂三銃士のなかで一人のスターを作らなかったという話があって、私は何気に感心したんだ。でも、棚橋さんは一強説を説いているんだっけか。中邑さんに「エースは一人でいいんだ」なんてよく言ったよね。

   プロレスラーは、決して優しい世界の住人ではない。身体も、時に心だって傷め合う。例えそれがフェイクでも、現実と背中合わせだ。そんな職業が他にあるかなぁ。

だからこそ、感情移入してしまい、応援せずにいられなくなるものなんだろうか。。。