気づきの扉

f:id:teripopo:20180211225113j:image

内藤さんが紹介された気づきの扉。

放送される前は、最近よく言っている

「思ったことは、口に出さないと伝わらない」

がくるのかなって思っていましたが、

とても意外な言葉が出ました。

 

相手の技を受けるのも

        立派な技だ

 

もちろん、プロレスファンなら、どなたも

受け身の大事さをわかっているでしょう。

でも、単純に身体を守るためだけの受け身ではないのが、今やL.I.Jの面々が見せているものだ。内藤さんのハイフロー受けや一回転受けは

有名なところでしょうし、最近では、ヒロムくんのやられっぷりも見事だと思う。

でも、それを、公の場、解説などでは決して触れられず、むしろ攻撃した方の威力が褒め称えられているのが現実。最近では、真壁さんの解説で、やった方も受けた方も凄いだろうなんて言葉も飛び出しましたが。

でも、多くの方々が、実はその素晴らしさを知っていて、また自分では気がつかないうちに、

その姿に魅せられてしまったりしているのだと思います。プロレスをあくまでも強さの象徴だと思いこんでる人は、否定的でもあろうか。

 

そして、私が今回、驚きもし、恐れ入ったのは、内藤さんがこのフレーズを世に送り出したこと。単純に見ているだけなら、攻撃していれば強い、やられていれば弱い、そうなりますが、やられていても、それは技であるとなれば、見方はとたんに変わってくるでしょうし、

今までそれとなく秘密裏にされてきたことが、浮き彫りにもなり、またプロレスラーへのリスペクトにもつながるものにもなりえるだろうか。内藤さんが、なにかを意図してこれを発信したのかは、わからないけれど、これが、臆することなく、大技を受け続けてきた内藤さんの矜持だ。

 

 

 

近頃では、古参のレスラーやなんかが、現代のプロレスを批判的に語ったものを見かけるが、新しき者たちが切り開こうとしていることに口を挟むな、口うるさいマニアも黙っていればいい。時代は、今を生きる若者がつくるものなんだから。したり顔して、レスラーの品評をしてる老いた者たち、ツイッター界隈にも見かけるが、それがいったい誰の役に立つことなのか、誰を喜ばせることができるのか、よく考えてみたらいい。百害あって一理なしということがよくわかるでしょうから。