アメリカ大会。

今、見終わったところです。

ただいまの正直な感想を。。。

 

 

ケニーは、ひとりだけ歳をとってしまったように見えたよ。飯伏さんもヤングバックスの二人は、若い時のままなのに、ケニーだけかなり年上に見える。ケニーがやりたかったものが、今ようやく形になりつつあるのだろうと思うのだけど、何故かその場所にケニーが似合ってない。欲しがってたものは、本当に今も欲しかったのかな。いつの間にか、ケニーはもっと違う場所へ行ってしまってたんじゃないかな。

ケニーが飯伏さんを求めていた気持ちは、本当なんだろうけど、いつまでケニー劇場を続けるつもりさ。演出を考え始めた時点で、愛は利用すべきものに変わったんだ。やたらベタベタしてさ、天然の飯伏さんがいつまでそれに付き合えるのか見ものだね。まぁ、そういう飯伏さんも少しは計算高くもなったようだけど。

今日のメイン。変なお芝居を持ち込まないでやってくれたら、最高にエキサイティングな試合になっただろうに。GLを勝たせるために、腰を痛めたアングルをつくったことも残念。

これが世界最高峰のタッグ戦だというものを見せるのかと思っていたから。これなら、前に見たヤングバックスとブリスコブラザーズの試合の方が、試合を存分に楽しめたよ。

ケニーもバレットクラブのリーダーになった頃が良かったな。変に試合を作り出してからは、作為的な要素ばかり感じるようになっちゃって、だんだん楽しめなくなってきたよ。

私は、これまで何度となく

「ケニーオメガ、恐るべし」というフレーズを書いてきたけれど、無邪気な観客が、ケニーと飯伏さんの純愛物語に涙してる間に、ケニーはさらなる手腕を発揮して、大儲けしているに違いない。

 

そして、セミ。今の時点で、どれほどの人気があるのか知らないが、恐らくこれからが勝負のお二人、ハングマンとジェイ。だからと言って

危険なことや大技をやればいいってものではないだろうというね。死力を尽くした試合だけれど、感動はないという、実りの薄いものに思えたな。最後に出てきたフィンレーが意外だったから、一番印象に残ってしまうというね。

 

そうそう、codyに対する観客のブーイングは、よくわからないな。いまいち、codyの立ち位置は、理解不能。タマトンガの態度もいまいちハッキリしない。バレットクラブの創設メンバーとして思うことはわかるけど、顔じゃないってこういうことなんだろうな。可哀想だけど。

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして新日本プロレス

アメリカ大会のあとの内藤さんの発言、日本でやっている興行をそのまま見せるべきでしょうっていうやつね。それは、理想論としては、もっともだし、それでこそだとも思う。

最後の締めは、やっぱり棚橋さんや内藤さん、オカダさんがしてこその新日本だもの、と私は思う。

でもさ、悲しいかな、そうじゃないんだよ。

大方のプロレスファンてのはさ、新日本プロレスだけのファンじゃないんだよ。ドームのジェリコ参戦でわかったよ。プロレスファンの望みはさ、各団体の垣根を超えた、新鮮なカードこそが望みなんだよ。

そして、新日本プロレスという会社はさ、興行会社で、生え抜きだろうが外様だろうが、今、客を呼べればそれでいいのさ。ケニーやヤングバックスがいるからこその人気でしょう。

はやく自前の外人スターを作らないとね。

ジェイやジュース、フィンレーは、その域に行けるのかしらね。