熊本に向けて。

内藤選手と鈴木選手のIC戦が組まれ

その前哨戦と舌戦が始まっていますがー。

 

私、常々思っていたのだけど、

鈴木さんって、見るたびに、顔も醜いし、身体もぶよっとはしてなくても、やっぱりオヤジのからだだし、肌感も悪いし。そして、つくづく新しく綺麗になった白いベルトが似合わないよなぁと。あんなにうるさかった中邑ファンがよく怒らずにいるなーと、もうどーでもよくなったんですかね。オヤジには、ネバーぐらいがお似合いだったのに。棚橋さんから、剥がす必要がなかったよ。

そして、見始めは強そうに見えた試合スタイルも、最近では自分が可愛いだけのプロレスに見えて、嫌になってきたとこだったよ。極め付けは、ドームの後藤戦だな。負け試合なら、どうしてもっと潔くやられて負けないんだと思ったよ。自己アピールだけ強くて。あれじゃ、後藤さんがブックで勝ちましたって言ってるようなものでしょ。そんなに強さを見せつけたいなら、元の世界に戻りなさいな。第三世代が、負け役に徹しているにも関わらず、自分だけは、いつまでも凄いんですなんて、何様なんだか。

あ、王様か。内藤さんの王様呼びが痛快だよ。

 

鈴木さんとの試合のあと、棚橋さんや真壁さんが膝を痛め休場とかあったけど、アングルだろうとは思っているけれど、大事なドル箱商品の内藤さんを傷つけないように気をつけて欲しいよ。今なんて、内藤選手が見たいからプロレス見てるんだから。休場とかなったら、恨むわ。

 

まぁ、よもや、新日本プロレス

内藤さんを鈴木さんに負けさせるような真似はしないとは思うけど。

鈴木さんには、大切な横浜の行事があるから、

次のシリーズは、お休みじゃないの?

もしや、その行事を後押しするために、内藤さんを負けさせるようなことは、しないでしょうね?

 

ベルトの存在なんて、二の次。

ICのベルトを持とうが無かろうが、構わない。

だけど、今の試合構成だと、ベルトの順番で試合順が決まっていく。だから、いつでもオカダさんがメインにくる。メインが一番持ち時間が長いでしょ。マイクを握る機会も多くなる。

でも、一番長く見たいし、一番マイクを聞きたいのは内藤選手なのよ。

いつも、それがもどかしい。

 

でも、今回、ケニーは、さらっとそこを飛び越えて、福岡のメインをスペシャルマッチで飾る。海外人気のなせる技だろう。

ケニーのために拵えたUSベルトなのに、ケニーはさっさと投げ捨てて、飯伏さんとの道を選んだ。ここにもベルトに価値を見出さなくなったレスラーがいる。オカダさんと絡んだレスラーは、皆ベルトの虚しさを知ってしまうのかもしれない。

 

そしてそのオカダさん。海外に行けば服部さんや外道さんなど、おじさまがたとばかり行動し、随分可愛がられているようだけど、いるよねー、どこの企業にもこういう人。出世街道をひた走るタイプ。周りからはたいてい白い眼で見られてるけど、ご本人たちばかり気がついてないやつね。

 

まー、いろいろ書き殴りましたが、要は

「内藤さんを勝たせろ」ということです。

そして、私は全然ガキじゃなくいい年をした

大人ですが、内藤さんを詐欺師呼ばわりする

鈴木さんにこそ、うさんくささを感じています。自分が言ってる言葉わかってます?

「おれは、何でも知っている。」

よっぽどふざけた占い師か偽教祖だろって。

いくら歳とってても、人間が出来てる方は間違っても、こんな台詞はいいませんから、皆様

くれぐれもご注意下さいませね。